Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別記事
リンク
見てくれてありがとう!
ふたりのお勧め旅グッズ











 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


ウズベキスタンでバリうま韓国料理!

2013.08.17 06:05|ウズベキスタン☞EDIT
緑に覆われたガーデンにたっぷりと太陽が降り注ぐ。
小鳥のさえずりをBGMにフルーツを食べる。
最高の朝だ。

a_DSC_0300_201308090005431b6.jpg

a_DSC_0301_20130809000547ccf.jpg

きょうはツアー最終日。
なんでも、この集落の近くに大昔の壁画があるそうだ。
宿泊客のオーストラリアのおじさん3人といっしょに壁画ポイントまでトレッキングをすることに。

a_DSC_0308_20130809000553aeb.jpg

ヤギの集団に遭遇。
一目散に逃げるヤギもいれば、「お前なんだ?」とでも言いたげにじっとこちらを凝視するヤギもいる。
ふと、「もし自分がヤギだったらどっちのタイプになってただろう?人間に興味津々で凝視タイプかな?」なんてしょうもないことを考えながら歩いていく。

a_DSC_0313_2013080900055194a.jpg

そんなほのぼのムードは30分もしないうちに吹き飛んでしまった。
とにかく暑い!
影になるものがまったくなく、焦げ尽くすような太陽が容赦なく照りつける。

a_DSC_0318_20130809000551e77.jpg

a_DSC_0320_20130809000619fd0.jpg

歩きはじめて1時間半、壁画ポイントに到着。
壁画と聞いて洞窟のようなものを思い描いていたけど、どこにでもありそうな剥き出しの岩なんだね。

a_DSC_0324_20130809000622a88.jpg

大昔の壁画がこちら。
(案内してくれた宿のお兄ちゃんに年代を聞いたけれどよく分からなかった)

a_DSC_0327_20130809000626dad.jpg

a_DSC_0329_201308090006322d6.jpg

何が描かれているか分かるかな?
上がラクダで下が人間。
大昔の落書きのようなものなのかな。
ほかにもいくつか動物が描かれている。

a_DSC_0328_201308090006430af.jpg

a_DSC_0334_20130809000657c44.jpg

しばらくはるかな太古へ思いを馳せたあと、違うルートで集落へ戻る。
水もほぼ尽きてしまって暑さと喉の渇きでヘトヘトだ。
おかんは山登りのベテランだけど、こんな猛暑で日陰がないなか3時間ぶっとうしで歩くのはさすがにキツいって言ってた。

a_DSC_0336_2013080900065914d.jpg

a_DSC_0342_2013080900070534a.jpg

ヘトヘトのトレッキング。
でもおかんは「中央アジアらしい山登りだった。木もなにもない厳しい山。」って言ってたな。

ウズベキスタンの違った一面を見ることができた2泊3日のツアーも終わりだ。

「みんなありがとう!
 おじゃましました〜。」

a_DSC_0314_20130809003137708.jpg

そのまま首都タシケントへ車で送ってもらう。

タシケント

車で5時間。
でもエアコンの効いてる車で快適。
イクエとおかあはずーっと話していた。
最近の身内の様子、知り合いが結婚したという話、地元にいるイクエの同級生たちは今どうしているのか、などなど。

車に乗るとすぐに眠くなるケンゾーが目を覚ますと砂漠とは一変、中央アジア一の都市タシケントに着いていた。

a_DSC_0349_20130809000706a61.jpg

a_DSC_0348_20130809000703672.jpg

タシケントの宿事情はとても悪い。
ホテルの数が少なく、しかも安宿なんてものはなくどこも高いのだ。
ケンゾーたちが泊まれるレベルの部屋はどこも満室。
完全に需要と供給のバランスが崩れている。
1時間以上探しまわってなんとか良さげな部屋を見つけることができた。
宿を探すプロセスもおかんはだいぶ慣れたみたい。

a_DSC_0350_20130809000735493.jpg

a_DSC_0371_20130809000821407.jpg

部屋は2つもあるんだけどベッドは2つだけ。
ケンゾーはソファーに布団を敷いてもらって寝た。
これで77ドルは激高だけどほかに無いからしょうがない。
タシケントはバックパッカーには不向きの都市だ。

a_DSC_0369_20130809000817a8b.jpg

「SAM BUH ELITE HOTEL」
トリプル77ドル Wi-Fiあり
エアコン、冷蔵庫、朝食付き

ホテルの近くに韓国料理屋があったので夕食はコリアンディッシュ!
店は駐車場の奥にあって分かりにくいし、閉店間際なのか店内はがらーんとしている。
うわー、大丈夫かなあ?なんちゃって韓国料理かなあ?ってかなり不安だったんだけど、これが大正解!!

a_DSC_0368_20130809000815bad.jpg

超本格的な韓国料理屋で、ちゃんとキムチなんかの前菜も出てくる。
しかも本場といっしょでおかわりし放題。
というか言わなくてもどんどん追加してくれる。
味も文句なし!!

a_DSC_0351_20130809000737aa7.jpg

おかんは石焼ビビンバをチョイス。
見た目も味も間違いなし!
25000スム(約930円)。

a_DSC_0357_201308090007406c0.jpg

ケンゾーは汗でダラダラになることを覚悟のうえでキムチチゲ。
白ご飯を入れて雑炊に!
25000スム(約930円)。

a_DSC_0360_20130809000742d86.jpg

そしてイクエはビビン麺。
焼き肉もついてしかもこのボリューム!
35000スム(約1300円)。

a_DSC_0364_20130809000745bd3.jpg

これでマッコリがあったら最高だったのに。
それでもお腹がはち切れるほど食べて大満足。
大奮発してかなり豪華な夕食になった。
お会計は全部で94000スム(約3500円)、こんな札束になっちゃいま~す。

a_DSC_0367_201308090008121d6.jpg

あしたはイクエが名前を気に入ったコカンの街に移動します!
スポンサーサイト