Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別記事
リンク
見てくれてありがとう!
ふたりのお勧め旅グッズ











 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


ウズベキスタン「ブハラ」☆☆ 見事に復活した街

2013.08.12 05:53|世界遺産 星いくつ?☞EDIT
トイレの中に入ろうとしたら突然ドアの幅がギュン!って狭くなって体が挟まれた夢を見て、夜中に「イテー!!」と大声を上げて飛び起きたケンゾーです。
イクエに「どうしたと!?」とほっぺたをたたかれました。

古代より中央アジアの文化的中心地として、さらにシルクロードにおける重要なオアシス都市として栄えてきたブハラ。
しかし1220年、繁栄は突然終わりを迎える。
モンゴル帝国のチンギス・ハーンによって中央アジア、とくにサマルカンドとブハラは徹底的に破壊しつくされたのだ。

今見ることができるブハラの街並みは、再び活気を取り戻した16世紀に作り上げられたもの。
その時代からほとんど変わっていないそうだ。

a_DSC_0054_20130804001448f08.jpg

まずは歴代のブハラのハン(王)の居城だったアルク城へ。
最初の築城がいつなのかは定かではないけれど、チンギス・ハーンはもちろん、外敵によって幾度となく破壊されては建て直すことを繰り返してきたそうだ。
今残っている城は18世紀に建てられたもの。
なんだかかなりシンプルだ。

a_DSC_0027_201308040017513d0.jpg

城の中にモスクもある。
一見して今まで見てきたモスクとは違っている。
木造なのだ。

a_DSC_0035_20130803225913832.jpg

色鮮やかな幾何学模様の装飾、アラビア文字のカリグラフィー。
これらが木材と見事にコラボレーションしている。
こんなの見たことない。
モスクじゃないみたい、不思議だ。

a_DSC_0033_20130803225723fe8.jpg

a_DSC_0032_20130803225734e94.jpg

この窓なんかまんま日本のお寺だよ。
東洋と西洋が行き交ってきたシルクロードらしいモスクだ。

a_DSC_0034_20130803225731c99.jpg

さらにこれはハン専用のバラハウズ・モスク。
こちらも木がふんだんに使われている。

a_DSC_0041_2013080323013158a.jpg

いままでのモスク=タイル張りという常識が吹き飛んでしまった。
でもちゃんと木材に緻密な彫刻が施され、鮮やかに塗り上げられている。

a_DSC_0044_201308032259491f9.jpg

a_DSC_0045_20130803230125cd1.jpg

このドーム状の建物は「タキ」といって、通りの交差点を丸屋根で覆ったバザール。
中では日用品からお土産屋までたくさんの店が軒を連ねている。

a_DSC_0017_2013080322555830f.jpg

a_DSC_0019_2013080322554898a.jpg

イクエとおかんもお土産を物色。
ブハラは刃物が有名。
とくにコウノトリのデザインのハサミはお土産に大人気。
デザインだけじゃなくて切れ味も抜群。
薄い鉄板も切れるんだって。

a_DSC_0121_201308040017573c1.jpg

商品はすべて手作り。
この店の窯はポットの形をしててかわいかった。
ハクション大魔王がでてきそう。

a_DSC_0124_20130803233814fd4.jpg

そしてこれがブハラのシンボル、カラーン・モスクとミナレット。
カラーンとはタジク語で「大きい」という意味。
このミナレットは高さが46mあり、文字通りブハラで一番大きい。

a_DSC_0024_2013080322572344e.jpg

a_DSC_0089_20130803230811774.jpg

茶色一色で簡素に見えるけれど、近づいてよく見るとレンガを組み上げて装飾していることが分かる。
壁面を覆い尽くしている幾通りもの幾何学模様。
作った人の執念を感じる。

a_DSC_0096_20130803230800af8.jpg

a_DSC_0090_20130803230808766.jpg

このミナレットは1127年に建てられ、チンギス・ハーンにも破壊されず今もなおブハラの街を見守り続けている。
まさにブハラのシンボルだ。

a_DSC_0097_20130803230808f48.jpg

カラーン・モスクの中に入ると、名前のとおり広大な中庭が広がっている。
約1ヘクタールあり、1万人の信者がここで礼拝を行うことができるそうだ。

a_DSC_0080_2013080323024060c.jpg

a_DSC_0071_20130803230339e7a.jpg

a_DSC_0084_2013080323065629a.jpg

カラーン・モスクの前にあるミル・アラブ・メドレセ。
旧ソ連時代にも活動を許されていた数少ない神学校のうちのひとつ。
現在も試験で選ばれた学生が住み込みで勉強している。

a_DSC_0098_2013080323103076b.jpg

こちらはミル・アラブ・メドレセの100年以上後に建てられたアヴドゥールアジス・ハン・メドレセ。
装飾がガラッと変化している。
よりカラフルに、より立体的に。
イスラム建築も時代によって変化していったんだね。

a_DSC_0111_20130803232544115.jpg

a_DSC_0113_20130803232545d5e.jpg

a_DSC_0115_20130803232549ccc.jpg

最後はイスラムのタブーを犯したナディール・ディヴァンベギ・メドレセ。

a_DSC_0129_20130803231110e6b.jpg

なにがタブーかというと、正面のこの絵。
偶像崇拝禁止のイスラムなのに、白い鹿(ブタにしか見えんけど)をつかんだ鳳凰と、極めつけは太陽に顔がある!
作った人は度胸があるね。
予想に反してハン(王)はこれを気に入ったらしい。

a_DSC_0132_201308032311173f0.jpg


さて、チンギス・ハーンの破壊から見事な復活を遂げた「ブハラ」。
「星いくつ?」

「星、2つ!

ヒヴァよりもザ・観光地っていう雰囲気だけど見どころは多い。
ほかにも中央アジア最古のイスラム建築、イスマイール・サーマーニ廟や・・・

a_DSC_0048_20130803225850b55.jpg

4本のミナレットが特徴的なチョル・ミナル、なんかもある。

a_DSC_0012_201308032255467ad.jpg

スケールの大きさやクオリティの高さはヒヴァよりも上なんじゃないかな。

a_DSC_0069_20130803230659dc3.jpg

a_DSC_0022_20130803225601b97.jpg

でも街の雰囲気はヒヴァのほうが好き。
ブハラは夜になると騒がしい。
街の中心にあるラビハウズという池の周りは趣味の悪いネオンでライトアップされ、深夜まで大音量で音楽が流れている。
のんびりするならヒヴァのほうがいい。

そうそう、ヒヴァもブハラも6、7月はできるなら避けたほうがいいよ。
めちゃくちゃ暑いから!
ケンゾーたちが行ったのは一年で一番暑い7月後半。
もう意識が飛んでいきそうになるくらい暑い。
観光客で混むかもしれないけど涼しい季節をおすすめします。
スポンサーサイト