Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別記事
リンク
見てくれてありがとう!
ふたりのお勧め旅グッズ











 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


『地球の歩き方』の情報は正しかった!

2013.05.14 06:07|インド☞EDIT
毎晩、蚊と奮闘しているケンゾーです。
ところどころ穴が空いてつめが甘い蚊帳が多いんだよなあ。

インド最南端カニャクマリの街を散策してみることに。
狭く迷路のような路地に高いヤシの木。
インドじゃなくて東南アジアのような雰囲気だ。

a_DSC_0108_20130511220234.jpg

a_DSC_0111_20130511220232.jpg

しばらく歩いていると海に出た。
漁船がたくさん停泊している。
漁港のようだ。

a_DSC_0114_20130511220236.jpg

a_DSC_0122_20130511220256.jpg

a_DSC_0127_20130511220257.jpg

カニャクマリはタミルナードゥ州に属している。
タミルナードゥは昔からカースト制が強い州で、とくに沿岸部はローカーストの人々が多くいる。
そのためカーストから抜け出すためにキリスト教に改宗した人たちが多いのだそう。

たしかに小さな教会のような建物がたくさんあるし、漁船にまで十字架とキリスト像が設置されている。

a_DSC_0113_20130511220235.jpg

a_DSC_0116_20130511220253.jpg

立派な教会があったので見学させてもらうことに。
純白の建物が目に眩しい。

a_DSC_0132_20130511220300.jpg

ヒンドゥー寺院と違って中は静まり返っている。
さすがにインドではあっても教会は世界共通のようだ。

a_DSC_0135_20130511220259.jpg

a_DSC_0141_20130511220321.jpg

観光で来ていると思われる若いインド人の女性たちの姿も。
おそらく彼女たちはキリスト教徒。
彼女たちの目にヒンズー教はどう映っているんだろう。

a_DSC_0150_20130511220323.jpg


街の東の沖合に、モスクのようなものが建っている島がある。
これは「ヴィーヴェンカーナンダ岩」といって、19世紀末の有名なヒンドゥー教の宗教改革者が瞑想にふけったと言われているところ。
寺院ではなく記念堂が建てられている。

a_DSC_0163_20130511220324.jpg

ボートに乗って「岩」に上陸。
ボート代1人34ルピー、記念堂入場料1人20ルピー。

a_DSC_0165_20130511220326.jpg

a_DSC_0179_20130511220327.jpg

a_DSC_0181_20130511220353.jpg

とくに特筆すべきことはなし。
あえて言うとしたら、「岩」に上陸するには靴を脱がないといけないんだけど、地面がめちゃくちゃ暑い!
足の裏が鍛えられてるインド人も「アチ!アチ!」って小走りで移動してた。

ここから海を眺めていると、インド最南端を身をもって感じることができる。
この先にはもう何もない。
長かったインド旅ももうすぐ終わりだ。
♪思え~ば 遠~くへ 来た~も~んだ~

a_DSC_0184_20130511220355.jpg


このあとは、『地球の歩き方』で「これに上らずしてカニャクマリを語るなかれ!」と力説されていた灯台に上ってみることに。
下から見るとそんなに高そうに見えないんだけど、眺めはいいのかな。

a_DSC_0009_20130511220109.jpg

1階の受付で一人25ルピーを支払うと
「上まで上がったらドアがある。それ開けたら外に出られるから」
とまさかのほったらかし。
これって灯台だよなあ。
セキュリティとかいいのか?

ふたりだけで階段を上がっていくケンゾーとイクエ。
そんなに高そうには見えなかったのに、じっさい上るとなるとけっこうしんどい。

a_DSC_0074_20130511220111.jpg

階段を上りきったら精密機械がたくさん置いてある部屋に出た。
こんなところ部外者がうろちょろしていいんかね?
日本じゃ絶対ありえないよね。
さらにハシゴ階段を上っていく。

a_DSC_0076_20130511220111.jpg

a_DSC_0077_20130511220114.jpg

上った先には・・・灯台のライト!!
うわー、はじめて見たよ。
レンズがふとかー!

a_DSC_0080_20130511220154.jpg

ドアを開けて外に出ると・・・

a_DSC_0079_20130511220114.jpg

a_DSC_0091_20130511220229.jpg

おおー!!凄い眺めだ!
カニャクマリの街が一望できる。
さっきの教会も全景を見ることができる。
白亜の建物が美しい。

a_DSC_0083_20130511220157.jpg

a_DSC_0082_20130511220157.jpg

a_DSC_0086_20130511220200.jpg

a_DSC_0085_20130511220201.jpg

たしかに「ここに上らずしてカニャクマリを語るな!」だな。
この灯台かなりおすすめ。
ふたりで「聖地はあそこだ!」ポーズ。

a_P1030521.jpg

静かだし、心地よい風がふいてスゴく気持ちがいい。
ケンゾーたち以外誰も来る気配がないので、全力で昼寝をしたケンゾーでした ♪

a_P1030511.jpg


【旅 info.】
  カニャクマリの灯台a_DSC_0009_20130511220109.jpg
聖地から西の方角。赤と白のストライプで分かりやすい。
入場料25Rs。カメラ持込み料25Rs。
営業時間 15:00~17:00。


スポンサーサイト