Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別記事
リンク
見てくれてありがとう!
ふたりのお勧め旅グッズ











 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


インド「エローラ石窟群」☆☆☆ 奇跡の彫刻!!

2013.05.05 05:29|世界遺産 星いくつ?☞EDIT
謎の胃痛と腹痛で夜中ずっとのたうち回ったケンゾーです。
なにがダメだったのかなあ。
同じもの食べてたイクエはなんともないんだけどなあ。

アンコール・ワットやピラミッドと並び、数ある世界遺産の中でも特異な遺跡のひとつであるエローラ石窟群。
5世紀から10世紀にかけて垂直な崖に掘られた、34の仏教、ヒンドゥー教、ジャイナ教の石窟寺院で構成されている。

異なる宗教が時代を越えて同じ場所に寺院を造っているのがおもしろい。
インドは昔から宗教に関しては心が広いんだな。

エローラと言えばこれ!という「カイラーサナータ寺院」が入っていきなり目の前にお目見えするけれど、これは最後にとっておく。
造られた年代は古いものから仏教→ヒンドゥー教→ジャイナ教の順になっている。

まずは5~7世紀に造られた仏教石窟から。
ビルのようなこちらは、僧院として使われていたそう。
3階構造になっていて中はとても広い。
壁や柱にもあまり装飾はなくシンプルなつくり。

柱や床、天井。
現代建築のようにまっすぐ。
岩をくり抜いて造られていることを忘れてしまう。

a_DSC_0785_20130504183119.jpg

a_DSC_0799_20130504183127.jpg

そしてこちらは、いわゆる本堂として使われていた石窟。
奥に仏陀の像が「置かれて」いるのではなく「彫られて」いる。
別のところで造ったものをここに運んだわけではない。
このエローラ石窟群は崖を掘り抜いて造られているのだ。

a_DSC_0771_20130504183041.jpg

a_DSC_0774_20130504183050.jpg

高い吹き抜けのホール、まるで肋骨みたいな天井。
カトリックの大聖堂みたいだ。

a_DSC_0781_20130504183046.jpg

a_DSC_0772_20130504183048.jpg

つづきましてはいちばん新しいジャイナ教石窟。
古い仏教石窟と比べるとかなり複雑な造りになっていて、彫刻も繊細だ。

a_DSC_0640_20130504182923.jpg

a_DSC_0651_20130504182914.jpg

鮮やかな色彩が残っている部分もある。

a_DSC_0658_20130504182952.jpg

a_DSC_0657_20130504182911.jpg

そしてヒンドゥー教石窟。
奇跡の『彫刻』、カイラーサナータ寺院。
はじめて目にしたとき「あれ?小っちゃ!?」って思ってしまった。

a_DSC_0743_20130504183039.jpg

けれど門をくぐって間近に見るととんでもなく大きい。
どうなってんだ、これは?

a_DSC_0841_20130504183202.jpg

a_DSC_0846_20130504183221.jpg

何度も言うけれど、このカイラーサナータは『彫刻』だ。
どこかから石を持ってきて組み上げたわけではない。
崖を掘り抜いているのだ。

崖の岩肌をノミで削りはじめたのが756年。
完成したのはなんとおよそ100年後!
当時のインド人の平均寿命が30歳なので数世代にわたって作業員が投入されたことになる。
まさに奇跡としか言えない。

中央の神殿を支える「宇宙を支えるゾウ」。
このシヴァ神を祀る神殿は全宇宙を表現しているのだそう。

a_DSC_0861_20130504183228.jpg

a_DSC_0860_20130504183231.jpg

回廊のひさしの部分には無数のノミの跡が。
まさに血と汗と涙の結晶だ。

a_DSC_0863_20130504183259.jpg

a_DSC_0864_20130504183305.jpg

しつこいけれど、これ全部ひとつの岩を掘り抜いてるんだよ!
スゴすぎだよ。

a_DSC_0850_20130504183228.jpg

a_DSC_0812_20130504183126.jpg

a_DSC_0853_20130504183231.jpg

こちらは本殿の中。
柱や天井の彫刻がすばらしい。

a_DSC_0818_20130504183126.jpg

a_DSC_0820_20130504183152.jpg

a_DSC_0825_20130504183200.jpg

a_DSC_0823_20130504183156.jpg

ご本尊はもちろんシヴァ神の象徴リンガ(男性器)。

a_DSC_0822_20130504183154.jpg

なんとこの寺院、空中回廊まであるのだ!
こんな途方もないものを造ろうとしたのもスゴいけど、実際に造りあげたんだから人間の力って侮れないね。

a_DSC_0869_20130504183305.jpg

a_DSC_0874_20130504183309.jpg

脇の崖から見下ろすと、カイラーサナータ寺院の大きさがよく分かる。
この『彫刻』を彫るために20万トンの岩が掘り出されたそうだ。
桁が多すぎてよく分かんないや。

a_DSC_0868_20130504183304.jpg

a_DSC_0876_20130504183331.jpg

a_DSC_0878_20130504183341.jpg

掘り抜かれた高さはおよそ35m。
「継続は力なり」の最たる例だな。

a_DSC_0879_20130504183335.jpg

a_DSC_0886_20130504183340.jpg

a_DSC_0888_20130504183358.jpg


さて、奇跡の彫刻「エローラ石窟群」。
「星いくつ?」

「星、3つ!

もう文句なし!
人間には無限の可能性があるんだなあと感動すること必死。

ロケーションもいい。
周囲は森に囲まれていて、とつぜん崖に彫られた巨大な洞窟群が目に飛び込んでくる。

a_DSC_0616_20130504182902.jpg

a_DSC_0718_20130504182959.jpg

そしてところどころに残っている色鮮やかな装飾。
きれいに残っている部分は少ないけれど、当時の煌びやかさを現代に残している。
とくに、ヒンドゥー教、ジャイナ教の石窟は柱から壁面から天井まで極彩色で美しく装飾されていたんだろうな。
できることなら当時のままの姿を見てみたい!

a_DSC_0672_20130504182957.jpg

a_DSC_0682_20130504182959.jpg

a_DSC_0700_20130504183003.jpg

はっきり言って、このスゴさは写真では伝わりません!

世界遺産に認定されている建造物には、ヨーロッパの華やかなお城やカラフルなステンドグラスが美しい教会などたくさんあって、そう言うのを目の当たりにすると「うわあ〜。きらびやか〜。」という感動があると思う。
そこには分かりやすい美しさがある。
けれどこのエローラは、色は石のいろだし、決して華やかでも鮮やかでもない。
でも、「こんな建造物を道具のない昔にどうやってつくったんだろう。柱や屋根、仏像、窓・・・全部が岩をくり抜いて造ったもの。どうやって設計したんだろう。」という想像力を働かせれば働かせるほど、この偉大な遺産に感嘆してしまう。

ぜひぜひ「奇跡」を実際に目にして体感し、先人の偉業に感動してほしいです。


【旅 info.】
  エローラ石窟群a_DSC_0810_20130504183128.jpg
入場料250Rs。
営業9:00〜17:30 火曜休園
アウランガバードのセントラル・バススタンドからバスで約45分、27Rs。
アジャンター石窟よりも、ひとつひとつの石窟の規模が大きく、広範囲に造られている。
アジャンターは半日でも観光可能だが、エローラはすべて見るなら丸一日必要。
スポンサーサイト