Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別記事
リンク
見てくれてありがとう!
ふたりのお勧め旅グッズ











 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


東チベット周遊8日目 テレビでは放送できない絶景

2012.11.20 21:10|東チベット☞EDIT
毎日4杯くらい飲まないと気がすまなかったブラックコーヒーを
旅行中は断っているイクエです。

いよいよ、この東チベットのハイライト、そしてケンゾーがこの世界一周旅行で
もっとも訪れたいところベスト3に入る「ラルンガルゴンパ」へ行く日だ。

ラルンガルゴンパ

ここまでなんとか公安の網の目をかいくぐってきた。
あとは乗合いワゴンにのって20キロ先の目的地へ行くだけ。
乗合いワゴンの発着地には、きのうは武装警察がいたんだけど
いまは朝の8時前。
幸運にも警察官はまだ配備されていない。

a_DSC_0567_20121118081744.jpg

チベタンといっしょにワゴンに乗り込むことができた。
運賃は6元。
ラルンガルゴンパはいまから30年くらい前にチベット人に
とても人気がある高僧がお寺を建てた場所。
その高僧の教えを受けたいとたくさんの人たちが集まって
街ができたんだって。
2001年にはここで1万人くらいの僧が生活するようになったけど
チベット人や仏教徒の反乱を恐れた中国政府が
僧たちを追い出したり、建物を強制撤去したりした。
そんな締め付けにも屈せず、今でも多くの僧たちが住んでいる聖域だ。

この門をくぐれば、そこからはラルンガル。
もうすぐ、憧れていたあの光景に出会える。

a_DSC_0583.jpg

車窓から見えてきた、家、家、家。
チベット仏教を信仰する人たちがここに集まり
斜面に縫うように家を建てている。
見渡す限り、びっしり。

a_DSC_0598_20121118081743.jpg 

「なんだろう! ここは!!!」
見たこともないこの風景。
目の前にしても、現実感がわかない。

a_DSC_0604.jpg 

「絶景」とも呼べるこの風景。
けれど、日本のテレビ番組では見たことがない。
ここは明らかに中国とは様子が違う、別の国みたいだけれど中国の領地。
中国で取材をするには、中国政府の許可がいる。
チベット仏教が広まるのを恐れ、チベット人の言い分に耳を傾けない政府は
きっと外国メディアにここを取材させないはずだ。

a_DSC_0773.jpg 

大きな建物が2つあって、僧たちが集まっている。
ひとつには尼さんばかりがいるから
きっと男子校と女子校みたいにわかれていてそれぞれ修行しているんだろうな。

a_DSC_0703_20121118115905.jpg 

a_DSC_0834_20121118104519.jpg 

これまでの東チベットの他の街では道行く人に「タシデレ〜(こんにちは)」というと
笑顔で「タシデレ」って返ってきた。
けれど、中国政府からの締め付けを受けているここラルンガルの人たち。
「日本人を漢民族と勘違いして、警戒されるよ。怪訝な目でみられるよ。」
ここを訪れた人からそう聞いていた。

中国人のふりをして公安のチェックを免れてここまでたどり着いたイクエとケンゾー。
けれど、今度は「中国人じゃありませんよ。」とアピールしなきゃいけない。

イクエとケンゾーは話し合った。

服に「JAPAN」とか日の丸の絵をかいてみようか。
でも、公安に遭遇したらやっかいだね。
サッカー日本代表のユニフォーム着てみようか。
お坊さんたち、サッカーとか見るかな。知ってるかな。

で、たどりついたのが
「とにかく、なんでもいいから中国人には見えないようにしよう。」

持っている服でコーディネート。
イクエのファッションは、こちら。
頭に被っているのは、帽子でもスカーフでもなく、バッグ。

a_DSC_0633_20121118082044.jpg 

ナニジン??
でも色がお坊さんたちの袈裟の色と似ていて、けっこう同化できている。

a_DSC_1020_20121118115904.jpg

ケンゾーはこちら。
ズボンを重ね着。

a_DSC_0631.jpg 

すれ違うたびに、お坊さんやチベットのおばあちゃんたちが
ケンゾーの足を凝視していた。
かなり怪しいけど、中国人(といってもここを訪れる漢民族はとても少なかった)から
" It' cool !! "  と笑われながらすれ違いざまに英語で言われたので
少なくとも中国人からは「中国人」と見られなかったかな。

この変装が功を奏したのかわからないけど
けっこう笑顔で「タシデレー」と言われることも多かった。
でもたまに「タシデレ」とあいさつしても「ニーハオ」って返される。
そのときは「ハロー」とか「グッドモーニング」と言って
中国人でないことをアピール。

ラルンガルはひとつの街のようになっていて
お店や銀行、食堂もある。
お昼を食べようと食堂に入ったらお坊さんたちでいっぱいだった。
出てくるメニューも中華料理とは違う。

カレー味のふかし芋。
スパイシーでおいしい♡

a_DSC_0787.jpg 

肉まんと思って注文したら、中身はジャガイモだったー!
お坊さんたちはあまり肉を食べたがらないのかな。

a_DSC_0791.jpg 

高台にはメリーゴーラウンドのようなものが見える。
そして、たくさんの人たちがそこをぐるぐるまわっている。

a_DSC_0774.jpg 

よし、行ってみよう!
でも丘の斜面には家が建ち並び、迷路のようになっている。
迷いながら進んでいたら、通りがかった若い尼さんが「ついておいで」と
案内してくれた♪

a_DSC_0843_20121118114924.jpg 

到着!
「ありがとう」って言って握手したら
尼さんはちょっと照れて自分の家に戻っていった。

たくさんの人たちが時計回りにぐるぐる歩いて巡礼している。

a_DSC_0863_20121118105110.jpg 

五体投地(両手両足、額を地面につけておこなう礼拝)する人たちもいる。

a_DSC_0854.jpg 

小さな子どもも親と一緒に何度も拝んでいる。

a_DSC_0883.jpg 

ここ、ラルンガルは下界を遮断するように山々に囲まれていて
外からだとここにこんな街があるなんて気づかない。

丘に登って、上からこの街並みを見てみたい。
空に上っていくように、一歩一歩頂上を目指す。

a_DSC_0937_20121118105109.jpg 

やっとたどり着いた頂上。
そこに待っていたのは、もちろん絶景。

a_DSC_0922.jpg 

a_DSC_0894_2.jpg

丘の上にはタルチョ(お経が書かれた旗)がはためく。
タルチョには5色あって
青は「天」白は「風」赤は「火」緑は「水」黄は「地」を意味している。
タルチョでできた塔を見ていると
なんか風にのって宇宙まで飛んでいきそうな錯覚を覚える。

a_DSC_0948.jpg 

去年1年間、被災地の福島や岩手でボランティアをしていたケンゾー。
陸前高田にいたときから、腕につけていた
「浜のミサンガ(被災者たちが漁網でつくったもの)」がちょうど切れていた。

東北の復興もお願いします。
願いをこめて結びつける。

a_DSC_0956_20121118105544.jpg 

a_DSC_0960.jpg 

どの国の人たちもどの地域の人たちも

みんなが幸せでありますように。

笑顔で暮らしていけますように。


ラルンガルゴンパの絶景写真集はこちら!

【旅 info.】
  ラルンガルゴンパa_DSC_1033_20121119120840.jpg
色達の広場前から乗合いワゴンで片道6元、約20分。
午前中に頻発。人数が揃うまで多少待つことも。
「ラルンガル」と言うとゴンパのど真ん中で降ろしてくれる。
スポンサーサイト