Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別記事
リンク
見てくれてありがとう!
ふたりのお勧め旅グッズ











 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


1食100円!! 中国旅行の食生活を公開

2012.11.01 20:57|中国☞EDIT
左目にものもらいが出来てしまったケンゾーです。
これは絶対につねに埃っぽい空気のせいだ。

ここ中国では食べるものには困らない。
この2週間どんなに汚い店に入っても出てくる料理に失敗はなかった。
中国に来る前のモンゴルとのギャップが激しすぎる。
だって、メニューからして天と地ほどの差がある。

a_P1000889.jpg

モンゴルにはこんな迷うほど料理なかったし
メニューに載ってるのにほとんど出来ないとかしょっちゅうだった。

毎日おいしい料理を楽しんでるケンゾーとイクエ。
ここでふたりがどんなものを食べてるのかいくつかピックアップ。
1元=約13円です。


北京の故宮の横の通りにはリーズナブルな店が並んでいる。
入った店の厨房には料理一筋、まじめそうなおじさんが。

a_DSC_0531_20121029134740.jpg

a_DSC_0523_20121029134739.jpg

卵とトマトが入った麺13元。絶妙な焼き具合でふわふわ。
ほっとする味だ。

a_DSC_0527_20121029134739.jpg

天津の昔ながらの街並みにある食堂。

a_DSC_0906_20121030001430.jpg

名前を忘れてしまったキャベツと中国豆腐と短くて平べったい麺を炒めた料理。
チープだけど醤油味で美味しい。7元。

a_DSC_0910.jpg

天津駅前のバスターミナル地下の食堂街は安い店が集まっている。

a_DSC_0886.jpg

けっこう探したけど結局天津飯を見つけられなかったケンゾーとイクエ。
(調べたら天津飯は日本独自のものだそう)
なんちゃって天津飯でがまん。
西紅柿炒鳮蛋盖飯12元。
これはこれでトマトが甘酸っぱくて美味しかった。

a_DSC_0888.jpg

ここのバスターミナル地下の食堂街は毎晩お世話になった。
後ろの値段をよーく見て!ビックリするくらい安い。

a_DSC_0952_20121030001714.jpg

辛さが病みつきになる酸辣面。
野菜もたっぷり入って9元。

a_DSC_0953.jpg

店によってはときどきこんな感じで皿やコップが
キレイにラッピングされてテーブルに置かれてることがある。
「おっ、清潔感があってサービスがいいね」とおもったあなた、これ有料なんだな。
店によって多少違うと思うけどこの店でイクエが使ったら2元取られた。

a_DSC_0677_20121031232404.jpg


洛陽はのんびりした雰囲気の街だった。

a_DSC_0988_20121030001940.jpg

中華の定番、水餃子9元。
皮がプリプリ、中はジューシー。

a_DSC_0990.jpg

シャキシャキのピーマンと玉ねぎが甘い回鍋肉15元。

a_DSC_1115.jpg

龍門石窟入口近くの食堂。

a_DSC_1117_20121031225410.jpg

左:炒涼皮6元、右:阳春面6元。
美味しかったんだけど器に被せたビニール袋がじゃまでスープが飲みにくかった。
このスタイルの店はけっこう多い。

a_DSC_1120.jpg

野菜がたっぷり、彩りも鮮やかで箸が止まらない。
魚香肉◯盖飯15元(◯は日本に無い漢字)

a_DSC_0206_20121031225619.jpg


そういえば今まで食べてなかったチャーハンを西安で食べた。
牛肉炒飯15元。

a_DSC_0294_20121031225618.jpg

ウイグル族が多い西安の夜店街。

a_DSC_0479.jpg

焼き鳥1本1元。
かなりスパイシー。

a_DSC_0488_20121031225941.jpg

久しぶりに魚を食べた。1本2元。
焼き加減が絶妙で身がプリップリ。

a_DSC_0491_20121031225940.jpg

中国ではしょっちゅう食べる包子を西安でも。

a_DSC_0534.jpg

ここの店の包子は小さくてかわいい。
7個で7元。

a_DSC_0535_20121031230156.jpg


最後に成都。
成都といえば麻婆豆腐発祥の店「陳麻婆豆腐」。
どれだけ辛いか未知数だったので小にした。12元。

a_DSC_0561_20121031231013.jpg

a_DSC_0562_20121031231013.jpg

思っていたほど辛くはない。
日本のものよりしっかりした味付け。
辛くはないけど山椒の量が多くて舌がビリビリになる。

麻婆豆腐も美味しかったけど、この魚のから揚げ甘酢あん掛けがウマかった!
魚の種類は不明。たぶん淡水魚。
ナマズかな?フナかな?38元。

a_DSC_0566_20121031231012.jpg

a_DSC_0567.jpg


とにかく安くて何を頼んでも美味しくて間違いがない!
マナーのことなど多少嫌なことがあっても
「美味しいもの作ってくれるから、まっいいか」と許せてしまう。
食に関しては「星3つ!」
スポンサーサイト