Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別記事
最新コメント
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

見てくれてありがとう!
メールはこちらから ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
ふたりのお勧め旅グッズ










ふたりの旅も大詰め。あともうちょっとだけおつきあいお願いします!

 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ふたりでふらり」はブログランキングに参加中!
1日1回のclickが順位に反映されます。
ぜひポチッと応援お願いします ♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

さらばエチオピア さらばインジェラ!

2014.12.09 16:52|エチオピア☞EDIT
18時間におよぶ長時間移動でまた腰を痛めてしまったケンゾーです。
久しぶりの過酷な移動で、アフリカを旅していることを再認識。
確かにツラかったけど、適度な過酷さは旅に刺激とメリハリを与えてくれる。
まあ今回はぜんぜん適度じゃなかったけどね。

エチオピア南部の民族巡りを満喫したケンゾーとイクエ。
これで1か月以上旅したエチオピアともさよなら。
このあとは隣のケニアに移動する予定。

アフリカを旅する人にとってケニアはハイライトのひとつ。
けれどケンゾーとイクエは新婚旅行先がケニアだったのでサファリも体験済み。
なのでケニアでは長居はせずに、ウガンダにすぐに抜ける予定。

ほぼ通過するだけのケニアなんだけど、ひとつ心配&憂鬱なことがある。
それはケニアの首都ナイロビを経由しないといけないという事。
ナイロビは世界有数の凶悪都市。
路上強盗はあたり前、武装集団がゲストハウスを襲撃することも日常茶飯事。
ケンゾーとイクエにとって、ナイロビがアフリカ縦断する上で最大の懸念材料。

エチオピアからケニアへ入るためにはモヤレという街を通過しないといけないんだけど、この国境の街もけっこう危険なんだそう。
さらには、モヤレからナイロビの区間は山賊に襲われる危険がある。
ナイロビに行くのも大変、ナイロビに着いても大変・・・。
細心の注意を払って移動しないといけない。

エジプトで出会っただいごろくんときっこちゃんカップルとは、さいしょから「ケニアへの国境越えは不安だからいっしょに行ければいいね」と話していた。
無事にエチオピアで再会できて民族の村巡りもいっしょにできたし、さらにはのぶくん、ももちゃん夫婦も加わって6人で国境越えができることになった。
心強い。

国境の街モヤレへのバスはコンソから出ている。
だからまずはコンソの街をめざす。
今いるジンカからモヤレまでは移動に2日かかる。
最後まで移動が大変な国。

モヤレ

民族の村巡りの拠点となった街、ジンカともお別れ。
たくさんの民族に出会えたのはいいけれど、ジンカはちょっと大変なところだった。
というのも、数少ないツーリストをガイドしてお金を得ようと虎視眈々と狙っているヤカラがたくさんいたから。
アクセスの悪い少数民族の村へは首都のアディス アベバから2泊3日や3泊4日のコースでツアーに参加する人が多く、自分たちでジンカまでやってくる旅人はそんなにいない。
だから旅人が来たらすぐにうわさが広まる。
のぶくん、ももちゃんが来た日も朝街を歩いていたら「きょう日本人の2人組が来たぞ。女の名前はモモだ。」と出会う現地人数人から教えられた。

ムルシ族に会いに行ったときは子どもガイドにお願いして路線バスで自分たちで行ったから、ジンカのガイドたちには嫌みを言われた。

けれどそのときはまだ他の民族の村に行くとき今後ガイドとして雇ってもらえる可能性が残っていたので、強く非難はせずに「今度は自分が案内するから」と営業活動をしてきた。

でも、そのあとジンカに単独で来ていた全ツーリスト13人でガイドをつけずに自分たちでミニバスのドライバーと交渉してトゥルミの村に行く日は大変だった。

出発したと同時に、ガイドたちが車を止めてどなりこむ。
脅されたドライバーは、そのまま警察署に向かい全員で行くことになった。
マレーシア人のケインが代表で警察署の中に行き、怒り狂ったガイド業の男とお互いに事情を説明。
もちろん警察官はこちらのほうに理解を示してくれたので、それからトラブルにはならなかった。

自分たちで旅する人たちは、ジンカの狭い人間関係やガイドたちに気をつける必要がある。

やっとそんなジンカから抜け出せる。
コンソ行きのミニバスに乗ったはいいけれどなかなか出発しない。
乗ったまま満員になるのを待ち続け、ようやく2時間過ぎて出発。
ジンカからコンソまでは1人57ブル(約320円)。

コンソから国境の街モヤレへの直通バスは早朝にしか出ていないので、きょうはコンソで1泊。
日本人カップル3組と、さらにはいっしょに民族の村を巡ったマレーシア人のケインと中国人のおばちゃんカップルの計4カップルが集まった。
それぞれの部屋で旅の疲れを取り、翌朝の大移動にそなえる。

ケインと中国人のおばちゃんの歳の差は40歳近く。
けげんな顔をしたホテルのスタッフが小声で「あのカップルはどんな関係なの?」と聞いてきた。
どんなに説明しても2人の関係はわからないだろうな。
自分たちもわからないし。

英語ができないのにひとりでアフリカを縦断しようとしていたおばちゃんに、たまたまエジプトのバスの車内でつかまって「お願い!いっしょに旅して!」と言われて、それからずっとおばちゃんのお世話係、通訳係、パートナーとしていっしょに旅をしているケインの心の広さは凡人には理解できない。
ホテル代や食事代を自分の分も出してくれたらいいけど、そこはきちっと割り勘。

危ないナイロビをおばちゃんといっしょに歩けば目立つし、スーツケースは大きくて狙われる危険が高くなるので、なんとかおばちゃんと分かれて旅しようとケイン以外のみんなで作戦を練っていたけど、ケインが優しいのでけっきょくナイロビまでみんないっしょになりそうだ。

まだ夜明け前で真っ暗な朝5時発のバスに乗車。
前日にチケットを買っていたケインとおばちゃんは別のバス。
「これでひょっとしておばちゃんとも分かれることができるかも」なんていう淡い期待を抱いたけど、たぶんモヤレの街でまた出くわすだろうな。
なんにしても、辛かったエチオピアのバス移動もこれで最後だ。

a_DSC_0069_20141209164110c3c.jpg

コンソからモヤレまでは130ブル(約720円)。
雲に覆われた山道をぐんぐん下っていく。
なんとなく天界から下界に降りていくような感覚。
たしかに、エチオピアは他のどの国とも違う特殊なオンリーワンな国だった。

a_DSC_0071_20141209164114ec9.jpg

エチオピア最後のバス移動もなかなかハードなものだった。
エチオピア人との席取りレースに完敗して、いちばん揺れる最後尾に陣取るはめになった日本人カップル3組6人。
縦横斜めあらゆる方向に体が揺れまくるから、つねに前の座席を握って踏ん張っていないといけない。
最後の最後までエチオピアはエチオピアだ。

a_DSC_0074_20141209164120799.jpg

揺れに耐えながら窓の外を眺めていると、茶色くてへんてこりんな形をしたものがたくさん見えてきた。
砂の城のようでもあるし、オブジェと言われればそう見えなくもない。

a_DSC_0080_20141209164143af9.jpg

a_DSC_0078_20141209164120970.jpg

じつはこれ、アリ塚なんだって。
小さな家くらい巨大なものもあるからビックリ。
一匹一匹が日本のアリよりも大きいのか、数がとんでもなく多いのか・・・。
これはもう、自然が作り出した立派なオブジェだ。

下界に降りてくると景色が一転。
みんなが思い描くアフリカの景色にずいぶん近づいてきた。

a_DSC_0075_201412091641155a4.jpg

出発して3時間半で休憩タイム。
泥と砂まみれのバスの車体が過酷な移動を如実に物語っている。

a_DSC_0082_201412091641447df.jpg

朝ごはんを食べるために入った食堂にアボカドジュースがあったのでテンションが上がるだいごろ&きっこカップル。
「チオピアの最後をアボカドジュースで締められるなんて!!」って喜ぶ2人。

a_DSC_0083_20141209164235342.jpg

幸せや楽しさのハードルが低いっていうことは、それだけ人よりも幸せな人生を送れるっていうことだと思う。
エジプトのコシャリやエチオピアのインジェラ、アボカドジュースでテンションが上がる2人はケンゾーとイクエよりもアフリカの旅を楽しんでるのかも。

再出発すると、これまた不思議な景色が見えてきた。
いままで茶色だったアリ塚が真っ白になってる!

a_DSC_0085_201412091642358e6.jpg

a_DSC_0086_20141209164636e38.jpg

土が白い色をしてるんだろうね。
不格好な雪だるまがあちこちにあるみたいでおもしろい。

およそ8時間で国境の街モヤレに到着。
バスを降りると思わず「暑い!」と叫んでしまった。
日射しの強さがぜんぜん違う。
標高が低くなったうえに南下して赤道に近くなったから一気に暑くなった。

a_DSC_0087_20141209164656790.jpg

昼ごはんを食べてエチオピアのイミグレーションへ。
ふつう出国手続きはスタンプを押すだけだからあっという間に終わるんだけど、ここはビックリするくらい時間がかかった。

a_DSC_0090_201412091647042cf.jpg

出国するのになぜか顔写真と両手の指紋を採取。
さらに、3つもブースがあるのに係員が1人しかいないので全然さばけない。
立って並んでいると「プレッシャーに感じるから見えないところに座ってて」なんて言ってくる始末。
いやいや、ちゃんと仕事しようよ。

出国するだけなのに、なぜか1時間もかかってしまった。
つづいてケニア側のイミグレーションへ。

a_DSC_0092_20141209164659c0e.jpg

ケニア入国にはビザが必要。
ケニアの次はウガンダとルワンダに行くので3か国共通の東アフリカ共通ビザを1人130ドルで取得。
共通ビザはそれぞれバラバラに取得するよりも30ドルお得、顔写真1枚必要。

ケニア側の国境の街もおなじモヤレという名前。
ホテルを探す前にまず翌日のナイロビ行きのバスチケットを確保することに。
いくつかあるバス会社の中からMOYALE STARをチョイス。

a_DSC_0095_201412091647014b6.jpg

モヤレからナイロビまで1人2000シリング(約2440円)。
ケニアに入って交通費がぐっとアップした。
バスの乗り心地も気になるけど、とにかく無事にナイロビに着いてくれるだけで十分だ。

モヤレにはATMもあるし、安宿もいくつかある。
選んだのはBISMILLAHI HOTEL。

a_DSC_0104_20141209164702cdd.jpg

雑然としているし、増築の工事中ではあるけれど部屋自体は清潔。
共同トイレ・水シャワーでツインルームが600シリング(約730円)

a_DSC_0106_20141209164737197.jpg

a_DSC_0107_201412091647337c7.jpg

a_DSC_0105_201412091647307eb.jpg

ここであまり嬉しくない再会が。
「おお、ハロー!」
中国人のおばちゃんが満面の笑顔で出迎えてくれた。
「みんなで一緒にナイロビに行こう!」みたいなことを言っている。
みんながおばちゃんのことで頭を抱えているなんて、これっぽっちも思ってないんだろうなあ。
ほんとたくましいよ。

夕食はホテルに併設されているレストランへ。
テレビから聞こえてくる言葉が英語だし、店員とも英語で会話が成り立つことに感動。
ああ、違う国に来たんだねえ。

a_DSC_0109_2014120916473424b.jpg

「なんかここヨーロッパみたい」とイクエが感動するとだいごろくんも「うん、思った思った!!」と同感。
ケニアのこんな田舎、全然ヨーロッパじゃないしアフリカそのものなんだけど、たしかにエチオピアから来るとそんな気持ちも起こらないでもない。

1皿100シリング(約120円)という激安プレート料理だったんだけど、慣れ親しんだ「普通の」食べ物にも感動。
食べ終わって同じものをまた注文した。

a_DSC_0112_201412091651479f2.jpg

ああ、エチオピアのインジェラからやっと解放されたんだ。
さらばエチオピア!!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから! 

旅中の夢が叶った

2014.12.08 14:26|エチオピア☞EDIT
来年の干支がわからないイクエです。
干支ばかりか今が平成何年かもあやしい。
海外にいると西暦しか使わないからなあ・・・。

トゥルミの村で成人の儀式を見て衝撃を受けたイクエとケンゾー。
刺激的だった日の翌日の朝は、まったり朝のお散歩へ。

a_DSC_0003_2014120620144324c.jpg

マーケットの近くにはコンクリート造りの建物もあるけれど、ちょっと離れると自然に囲まれた素朴な集落。

a_DSC_0004_20141206201443a9e.jpg

ハマル族の人たちはいまも昔と変わらないスタイルで暮らしている。
家畜を放牧したり畑を耕したりして生計を立てている。

半分自給自足のようなもので、余った分はきのう見たマーケットのようなところで売っているのだと思う。

女性は働き者で、そばに赤ちゃんを置いて子育てしながら畑仕事。
あたり前だけど畑仕事のときも、革を腰に巻いただけの姿。
この格好が日常なんだなと改めて思う。

a_DSC_0036_20141206201632e07.jpg

さわやかな空。
まっすぐのびる道。
草木で造られたハマル族の家々。

a_DSC_0021_201412062015323f2.jpg

a_DSC_0019_20141206201526aae.jpg

きっと何百年前から、いや数千年前から変わらない光景なのかもしれない。
こんな景色が目の前に広がっていることが信じられないような、うれしいような。

a_DSC_0018_20141206201455ee6.jpg

a_DSC_0012_20141206201459913.jpg

昔読んだ雑誌に書かれていたことを思い出す。
たしか、こんなことだった。

『タイムマシンに乗って、時代をさかのぼったり未来に行ったり時間旅行をしたいのなら、地球を南北に旅すればいい。』

ああ、そうか。
わたしが生きている今の時代に、まだタイムマシンは発明されていない。
でも、地球を旅することでわたしにも時間旅行ができる。

a_DSC_0017_20141206201451e7d.jpg

日本でいうとここが弥生時代くらいにあたるとしたら、ここから南に下ったケニアは数百年前くらいの時代と似たような光景が見られるんじゃないか。
北のトルコや東欧は数十年前くらいにあたるかもしれない。
いっぽう発展していて福祉が整った北欧には日本の未来の姿があるかもしれない。

a_DSC_0032_20141206201623e48.jpg

「どうして旅したいの?」と言われると答えに困るけれど、タイムマシンに乗って過去や未来を見ることができるのなら乗ってみたいなって思う。

21世紀に生きているわたしは残念ながらタイムマシンには乗れないけれど、飛行機には簡単に乗れるし簡単に外国に行ける。
100年前、200年前の人たちにはできなかったことが簡単に叶えられる時代に生きている。
そしていろんな国に行くことで、まるでタイムスリップしたかのような気分を味わえる。

a_DSC_0022_20141206201530852.jpg

あと100年後はどうだろう。

タイムマシンは発明されているかな。
いや、されてないんじゃないかな。

じゃあ、100年後に生きる人はわたしのように時間旅行ができるかな。
いや、できないと思うな。
もうそのときは、ハマル族のライフスタイルも近代化されて、洋服を着てコンクリートの家に住んでるんじゃないかな。
100年後は世界が画一化されて、地球を南北に旅しても時間旅行は味わえなくなるんじゃないかな。

だから世界を簡単に旅し時間旅行を楽しめるのは、この時代に生きるわたしたちだけの特権なのかもしれない。

a_DSC_0028_2014120620154890c.jpg

『時間旅行をしたい』というわたしの夢は、いまこうやって旅をしていることで叶っている。

帰り道、家畜を引き連れて洗濯と水浴びに川へと向かうハマル族の家族といっしょになった。

a_DSC_0034_20141206201632c75.jpg

目配せをし微笑み合いながら、同じスピードで歩いていく。
「これ、食べられるよ」と赤い実を差し出され、口に入れ「あ、おいしいね」と言いながら並んで歩いていく。

まるでここはわたしの知らない時代のようだけど、でもわたしたちは確かに同じ時代に生きている。
それがなんだかおもしろい。
いろんな時代をいっぺんに包有している地球って大きいなあ。

a_DSC_0031_201412062015434d8.jpg

わたしの夢は叶ったけれど、実はこの日ケンゾーのささやかな夢も叶った。

『旅行中にいつか美容師の旅人と出会って、髪を切ってもらいたい』。

a_DSC_0374_20141206201659b8f.jpg

ジンカの街で、のぶくん・ももちゃん夫婦と出会い職業を聞いたときふたりで舞い上がった。

「やっと美容師に出会えたよ!」

a_DSC_0379_20141206201703829.jpg

いままでわたしが切ったり、ベトナムの路上床屋やパレスチナの難民キャンプの理容室で切ってもらってきたケンゾー。
ジャパニーズスタンダードとはかけ離れた髪型になっていた。

旅して2年。
ようやくケンゾーの夢が叶うね。

a_DSC_0381_20141206201659171.jpg

眉毛までお手入れしてもらうなんて贅沢。

a_DSC_0388_20141206201707965.jpg

とっても丁寧に切ってくれた。
のぶくん、ありがとう!!
お礼にビールおごるからね。

髪型は若々しくなったけど、ケンゾー、うれしすぎて笑いジワが・・・。
おじいちゃん。

a_DSC_0389_20141206201903691.jpg

のぶくんは、なんと美容師セットを日本から持ってきていた。
奥さんのももちゃんも、だんなとは別の自分の美容師セットをもってきている。

a_DSC_0384_201412062017091fa.jpg

「普段日本で使っていたハサミは置いてきちゃったんですよ。
 だって高級品だから、無くしたらイヤだから。
 持ってきているのは餞別でもらったもの。」


「日本で使っていたハサミはいくらくらいだったの?」

「高いですよ・・・。
 20万円。」


えぇぇっ!!
美容師さんのハサミってそんな高級品だったんだ。
そりゃパソコンや一眼レフよりも高いから、日本に置いてきて正解だよ。

ケンゾーの次は、いっしょに旅しているだいごろくん。
やっぱり髪をなかなか切れないってのは旅人の悩み。
かなりのボーボーぶりだよ。

a_DSC_0392_2014120620191668e.jpg

このあとは奥さんのももちゃんにバトンタッチ。
これまた日本を出てから一度も髪を切っていないきっこちゃんが、切ってもらう。
だいごろくんに負けず劣らず、きっこちゃんもかなりのボーボーぶり。

a_DSC_0400_20141206201918962.jpg

ストレートヘアをハサミで切っていくというのがエチオピア人には珍しい様子。

a_DSC_0398_20141206201916343.jpg

髪が堅くてちゅるちゅるのアフリカ人。
ハサミなんかじゃ太刀打ちできない髪なので、バリカンで切る。

ジンカで出会ったけんくんも言っていた。
「床屋さんに行ったらハサミが無くてバリカンで切られそうになったので慌てて止めたんです。
ハサミ使ってよ!ってお願いしてハサミを外からもってきてもらったのはいいけど・・・。
美容師はハサミで髪を切ったことがないからさあ。
ハサミを持った美容師の手がぶるぶるふるえて、こわくてやめました。」

だいごろくんやきっこちゃんがハサミで切ってもらっていたのを見ていた現地のおじさん。
誇らしげに言った。

「お前たちのやり方はオールドスタイルだ。
 おれたちはマシンを使うんだぜ。」


マシンしか無理だからでしょ・・・。

短く切られていくきっこちゃんを見ながら「おー、きっこ。かわいい!」と連呼しながらカメラを向けるだいごろくん。

a_DSC_0404_20141206201938b88.jpg

でも実はこの日、きっこちゃんの誕生日だったけどだいごろくんはすっかり忘れてしまっていたという大失態をおかしていた。

この日がわたしたち夫婦の結婚記念日でもあり、次の日がのぶくんの誕生日でもあったので翌日「お互いの大事な日だったんだねー」って盛り上がっていたら、きっこちゃんがボソッと「わたし・・・きのう誕生日だったんだ」ってつぶやいた。

だいごろくんは頭を抱えてヤバいって顔をしてきっこちゃんに近づいた。
「きっこー、ごめんなあ、ごめん。」ってきっこちゃんの頭をなでて謝っていたけど、きっこちゃんの目にうっすら涙がにじんでいたのをわたしは見逃さなかったよ・・・。

だいごろくんはおとといまで腸チフスと熱帯性マラリアの両方で療養生活をしていたから、それどころじゃなかったんだよ。
きっこちゃん、許してあげて!

美容師夫婦の魔法の手により、3人のヘアスタイルがぐっと良くなった。
その間に、空は真っ赤に染まっていき、トゥルミの村は夜を迎えた。

a_DSC_0397_20141206201909308.jpg

さて、わたしはというと別の日にももちゃんに切ってもらった。
日暮れ前の別のホテルの屋上で。

a_DSC_0064_20141206201624bc0.jpg

日本を出てから髪を切ったのはチュニジアの美容室で1回きり。
そのときは5秒で切って終わりと言うひどい仕打ちを受けた。

プロからこんなふうにちゃんと切ってもらえることがうれしくて顔がニヤニヤしてしまう。

a_DSC_0066_20141206201634e9f.jpg

やわらかく髪を持ち上げる丁寧な手つき、サッサッサというハサミの心地よいリズム。
安心する〜!
嬉しい!

胸の下まで伸びていた髪を、肩の上まで短くしてもらった。
チュニジアのガタガタの仕上がりと大違い。

a_DSC_0533_20141206201939707.jpg

ももちゃん、のぶくん、ありがとう!!
世界一周を終えて、2人で広島で美容室を開業させると言う夢が叶ったら、お客さんとして行くからね!

そのときは白髪染めもお願いします・・・。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから!