Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
月別記事
リンク
見てくれてありがとう!
ふたりのお勧め旅グッズ











 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ボブマーリー」より「オアシス」

2014.10.14 06:04|エジプト☞EDIT
1か月半ぶりにWi-Fiの使える宿でまったりくつろいでいるイクエです。
最近更新が途絶えてしまってすみません。
ネット環境最悪のエチオピアから脱出しました。

ダイビングをやってひとときのリゾート気分を満喫したイクエとケンゾー。
きょうはハルガダを出発する日。
海以外とくに観光地はないハルガダだけど、近くにコプト教の教会があるので見ておくことに。

a_DSC_0011_20141012054056882.jpg

アーチ型の窓に空高く伸びる塔。
太陽の光を受けて輝く白い教会は、海の美しいこの街にぴったり。

東方正教会系のコプト教はヨーロッパのカトリックの教会と違って室内はとてもシンプル。
正面には木造の祭壇がどっしりと構えている。

a_DSC_0015_20141012054042791.jpg

正教会系のイコン(宗教画)を見ると、いつもほっこりとする。
だって、こんなにかわいいから。

a_DSC_0018_20141012054216adf.jpg

失礼だけど、まるで子どもが描いたような。
こんなかわいいイコンを前に頭を垂れたりキスをしたりして信者たちは祈りを捧げている。

さてハルガダからきょう向かう場所は、古代遺跡めじろ押しのルクソール

ルクソール

ルクソールまではバス1本で行けるはず。
お昼にバスターミナルに行くとターミナルのおじちゃんに言われた。
「直通バスは夕方にしかないよ。」

簡単に行けると思ってたのに・・・。
「ここから1キロくらいの別のバスターミナルに行ってみたらあるんじゃない?」
言われるがままにミニバスに乗って移動したはいいけれど、バス会社がいっぱいありすぎてわからない!

a_DSC_0020_20141012054245005.jpg

一軒一軒聞いてまわったけど、結局この時間帯のルクソール行きのバスはなく、またもとのバスターミナルに戻ることに。

バスの発車時間まで近くのカフェで時間をつぶし、バスターミナルへ。
でも、待てと待てどもバスは来ず。

日本にいるときは「待つ」ことはイライラして苦痛だったけど、旅をしていて「待つ」ということがあたり前のことになっている。
もちろん少しはイライラするけど「しょうがないなあ」とあきらめにも似た境地。

a_DSC_0026_20141012054243ca6.jpg

予定よりも2時間くらい遅れてやっとバスが到着。
ちなみに上の写真でわたしの前で椅子に座っているシマシマのシャツのおっちゃん。
いちおうバスターミナルのスタッフなんだけど、わたしたちの近くでずっとしゃべってただけ。
このおっちゃんが最後にわたしに言った。

「おれにチップをちょうだい!」
「なんで!?
 なんもしてくれてないやん!
 あげるわけないよ!」

「バスが遅れてるって教えてあげただろ。」
「そんなの教えてもらわんでもわかるよ。」
「あんたたちがちょっとした善意で俺にお金をくれたら、俺はとっても幸せな気持ちになるから。」
「むしろこっちがおっちゃんの会話に付き合ってあげたからお金もらいたいくらいだよ。」

エジプトにはこんなことが多い。
何もしてもらってないのに「チップちょうだい。」と言ってくる。
とりあえず外国人に「お金」って言ってみて、可能性は低いけどもらえたらラッキーみたいな。

自分よりも年上で、仕事もしてて身なりもそれなりの人に「ねえねえ、チップちょうだい」といきなり言われると不愉快になるどころかびっくりして笑えてくる。

そんなおっちゃんをさらりとかわしてバスに乗り込む。

a_DSC_0028_201410120542367e2.jpg

バスが発車したのは午後6時半。
イクエとケンゾーの旅の約束事として「明るいうちに目的地に到着し、宿にたどり着く」ということがあるけれど今回はその約束が守られそうにない。
どっぷりと日が暮れて、いつまでたっても目的地には着かず。
ルクソールに到着したのは深夜1時近く。

a_DSC_0031_2014101205445223f.jpg

街の雰囲気は怖い感じはしないしまだ開いているお店もあるけれど、宿を選んでる余裕はない。
とりあえずバスターミナルにゲストハウスの看板があったので、その矢印にしたがってそのゲストハウスを探す。

そのゲストハウスがこちら。
BOB MARLEY HOTEL

a_DSC_0032_20141012054459005.jpg

あれ?
この光景、どこかで見たような。

わたしたちがきのうまで泊まっていたホテル。

a_DSC_0099_20141012062112131.jpg

BOB MARLEY HOSTEL。
姉妹店でも何でもない。
エジプトではレゲエの神様、ボブマーリーが人気。

このルクソールのホテルの昔の名前は「ブーメラン」。
ドレッドヘアのマネージャーはきっとボブマーリーのファン。
だから名前を変えたんだろうね。

このホテルはルクソールでは珍しくドミトリーがあるので一人旅のバックパッカーにはそこそこ人気。
でもダブルルームはコストパフォーマンスが悪い。
エアコンはついてるけどWi-Fiも遅いし朝食もついてなくて、トイレ・バスは共同。
ダブルで1泊90ポンド(約1300円)。

a_DSC_0033_20141012054513430.jpg

翌日はさっそくこの宿を出てそそくさと次の宿探し。
観光都市ルクソールには安宿がわんさかある。
そのなかにはもちろん変な宿もあるわけで。
たとえば盗難が起きる宿とか、高いツアーを申し込まされる宿とか。

老舗の安宿に「エベレスト」と「オアシス」というのがあるけど、これをマネして「ニュー エベレスト」とか「ヌビアン オアシス」というホテルまである。
いい安宿にありつけるべく、何軒もホテルを見て回る。

そのなかでもっともコストパフォーマンスが良かったのがオアシスホテル
マネージャーの奥さんは飾り気のない日本人の女性で信頼できるし、ツアーの押し売りもない。

ダブルルームで朝食、Wi-Fi、部屋にバスルームつきでふたりで50ポンド(約715円)。

エアコンはついているけど、しゅっちゅう停電になるし電圧が低いのかエアコンの効きが悪い時もある。
40度を超えるなかエアコンが使えないとつらい。
いかにこの暑さを乗り切るか。
ケンゾーが生み出した秘策がこれ。

a_DSC_0043_20141012060315f1a.jpg

すっぽんぽんで濡らしたタオルをあたまから被る。

あれ?
この光景、どこかで見たような。


a_DSC_0044_201410120604004d0.jpg

これはまさしく。
ギザで見た・・・!

a_DSC_0318_20141012062121d3a.jpg

スフィンクス!
スフィンクスのアレは暑さ対策だった!?

この宿は屋上が共用スペースになっていて、無料の朝食もここで食べるようになっている。
夕方には「サンセットティー」と称して、無料の紅茶がふるまわれる。

a_DSC_0045_20141012060444510.jpg

日中は暑いけど、風が吹くと心地いい。
エジプトらしい町並みを眺めながら。

a_DSC_0047_20141012061046f20.jpg

a_DSC_0102_20141012062045854.jpg

宿の看板息子のセイフくん。
お父さんがエジプト、お母さんが日本だけど、色も白くてやわらかい顔立ちで日本の男の子の顔。
でも、まつげがくりんくりんなのはさすがエジプト人の血が混ざってる。

a_DSC_0049_201410120611038bb.jpg

日本人の奥さんは旅行でルクソールに来たときに、だんなさんと知り合って恋に落ちたのだそう。
エジプトに住んでもう10年以上。

「エジプト人はどうしてだか自分が正しいって疑わないんだよねえ。」なんて言いながらもすっかりエジプトの生活に慣れている様子。
「いつまで経ってもこの暑さには慣れなくてしんどいんですよ。
でもね、『あら、きょうはちょっと涼しくて過ごしやすいね』って思って温度を見ると40度とか。
もう40度くらいだと涼しいと感じちゃう。
体がおかしくなってるんですよね。」
なんて笑いながら言っている。

ルクソールの街はちょっとごみごみしているし、道路は混雑していて横断するのもひと苦労。
それでも脇道に入れば静かで、庶民の生活が垣間見られる下町の風情。

a_DSC_0036_2014101220022737d.jpg

そしてこの街にもナイル川が流れている。

「エジプトはナイルの賜物」
ギリシャの歴史家ヘロドトスの言葉。
砂漠が広がるエジプトで、ナイル川があるからこそ高度な文明が築かれたことを表している。
ナイル川が氾濫し沿岸に肥沃な土をもたらし、それによって作物が育ち村は栄え、街は発展していった。

だから、いまでもエジプトの大きな都市はナイル川沿いに存在している。

a_DSC_0067_201410120626381bd.jpg

そして、ナイル川があるからこそ海から遠くても魚料理を堪能できる。
川魚のからあげ
カリカリでふっくら。

a_DSC_0066_2014101206274084f.jpg

魚のタジン
熱々だけどピリ辛の味付けで、うだるような暑さの中でも食が進む。
ダラダラ汗を流しながら、はふはふ食べる。

a_DSC_0010_201410120540227f2.jpg

そしてこんな暑さの中、飲みたいのはやっぱりビール!
イスラムの国のエジプトだけど、エジプト産のステラビールは手に入りやすい。
だけど、酒屋で買うとツーリスト価格で売りつけられる。
レストランで飲んだほうが安い場合が多い。

a_DSC_0069_20141012062613fc1.jpg

1瓶10ポンド(約140円)。
ルクソール神殿の前のAli Babaというレストランで、夕陽に染まるルクソール神殿を見ながら乾杯。

あしたはそんなルクソール神殿をお伝えします ♪

2600円でダイビングができる街

2014.10.13 06:15|エジプト☞EDIT
やっと出会えた美容師旅人に髪を切ってもらったケンゾーです。
あざやかな手さばきであっという間に爽やか中年に変身!
今までど素人の妻に文房具のハサミで切ってもらってたんだけど、やっぱりプロは違うね。

とにかく暑くてホテルに籠りがちになってしまったカイロ。
だらだらと過ごして気づけば滞在すること12日。
まだまだ先が長いアフリカ縦断、いいかげん移動を再開しないといけない。

まだ寝ぼけてるるーさんとりのちゃんに別れを告げてバスターミナルへ。
2人とも日本でまた会おうね!

a_DSC_0071_20141011221042247.jpg

思い思い腰を上げて次に向かうのは紅海に面したハルガダという街。

ハルガダ

エジプトにはバックパッカーに人気のリゾート地がある。
それはシナイ半島にあるダハブという街。
激安でダイビングのライセンスが取れるダハブは、世界一周中の旅人にとって定番の沈没スポット。

元々の予定ではヨルダンからフェリーでエジプトに入国するつもりだったケンゾーとイクエ。
ダイビングのライセンスはすでに持っているふたりだけど、ファンダイビングも安くできるダハブで当然のようにまったりするつもりでいた。
けれどシナイ半島で観光客をターゲットにしたテロが発生。
ルートを大幅に変更して空路でカイロに降り立つことにしたというわけ。

カイロからダハブにバスで行くこともできたし、現在ダハブでは旅人たちがたのしく滞在しているけど、安全を優先してケンゾーとイクエは行かないことにした。
日本で待っている家族もいるし、危険をさけて旅することをモットーにしている。

ダハブでまったりすることはできなくなったけど、エジプトにはもうひとつリゾート地があることが判明。
それがいま目指している紅海最大のリゾート地ハルガダ。
バックパッカーに人気のダハブと違って、こちらはバカンスを楽しむヨーロピアンに人気の街。
そんなリッチなヨーロピアンが遊びに来るリゾート地に、貧乏パッカーが泊まれるような安宿があるのかな?と思ったけれど、高級エリアと貧乏エリアがきっちりと分かれていてちゃんと安宿街もあるみたい。

ダイビングの料金も安い。
「世界で最も綺麗」とも言われている紅海に潜れるなんて最高だ。

カイロからハルガダまではバスで7時間、65ポンド(約940円)。

網棚に突っ込まれた子どもの浮き輪。
待ちきれなくてもう膨らましちゃったんだろうね。

a_DSC_0073_2014101122104480a.jpg

よく分かるよその気持ち。
40のおっさんでもわくわくするよ。

スエズ湾沿いを南下していくバス。
幅が30kmくらいしかなくてとても狭いスエズ湾。
そのスエズ湾を挟んで手が届きそうな距離に見えるのは対岸のシナイ半島。

ゴツゴツとした岩山がダイナミックな景観を造り出している。
旧約聖書の中で、モーセが神から十戒を授かったと言われている聖シナイ山があるのがシナイ半島。

a_DSC_0084_2014101122120779b.jpg

a_DSC_0086_20141011221220902.jpg

荒々しいワイルドな山々。
たしかにとても神秘的な雰囲気が漂っている。

バスはそのまま南下していき、スエズ湾から紅海へ。
荒々しい岩山から打って変わり、車窓から見えてきたのはエメラルドグリーンに透き通ったビーチ!
ほんの数時間前まで人とゴミであふれかえったカオスな街にいたのにね。

a_DSC_0075_20141011221036aa4.jpg

アラビア半島とアフリカ大陸の間にある紅海
紅い土で覆われた砂漠地帯に両サイドを挟まれているから「紅」海というんだそう。
乾燥した砂漠ばかりで海に流れ込む河川が少ないので、汚染が少ない「世界一美しい」海を保つことができているんだって。

ハルガダのバスターミナルは街のはずれにある。
途中でバスを降りて安宿街をめざす。

a_DSC_0091_2014101122124235e.jpg

みつけた宿は「4 SEASONS HOTEL」

世界展開している高級ホテルチェーンの「フォージーズンズ ホテル」とは何の関係もない。
ただの安宿。
エアコン、シャワー・トイレ、朝食付きで80ポンド(約1150円)。
Wi-Fiはあるけれどレセプション周辺でしか使えない。

a_DSC_0092_20141011221424438.jpg

a_DSC_0093_201410112213499e8.jpg

部屋のバルコニーから身を乗り出してよーく見ると海が見える、なんちゃってオーシャンビュールーム。

a_DSC_0094_20141011221354a99.jpg

a_DSC_0097_20141011221556e31.jpg

きれいだし一応Wi-Fiもあるしキッチンも使わせてもらえるし部屋自体に不満はなかったんだけど、スタッフに少々難が。
このホテルはツアー会社も併設してるんだけど、ダイビングの勧誘がしつこいんだよね。
ダイビング自体はするつもりなので料金などを聞いたんだけど、ほかのダイビングショップでも話を聞きたいので保留。
だけど「明日潜るんだったら半金でいいから今すぐ払って!」ってしょっちゅう話しかけられてウザい。
面倒くさくなって1泊だけして移動することに。

2軒目のホテルは「BOB MARLEY HOSTEL」
条件はほぼ同じで1部屋80ポンド。

a_DSC_0099_20141011221553b2f.jpg

a_DSC_0102_20141011221535244.jpg

ここもキッチンを使わせてもらうことができたので、リゾート地にいながら安上がりに過ごすことができる。

a_DSC_0128_20141011222021701.jpg

入口のドアにはボブ・マーレーの大きな写真。
どんなレゲエマンがいるのか興味津々だったけど、スタッフは全員ごくごく普通の格好。
いつも流れてる曲はイスラムのお祈りのような宗教的なものばかり。
ここには3泊したんだけど、一度もボブ・マーレーの曲は聴かなかった。
なにがどうなってボブ・マーレーというホテル名にしたのかさっぱり分からない。
まあ、スタッフはフレンドリーで感じがよかったからいいけど。

宿からビーチまでは歩いて15分ほど。
抜けるような青空の下、海を目指して歩いていく。

a_DSC_0104_20141011221820cc5.jpg

カイロでは照りつける太陽が恨めしかったけれど、ここでは清々しく感じる。
環境が変わると気分もコロッと変わる、現金なもんだねえ。

ビーチ沿いには高級ホテルが立ち並び、ホテルに面した砂浜は宿泊者専用のプライベートビーチになっている。
とりあえず建物の隙間をぬけて侵入できそうな海辺へ。
白い砂浜、青い海、リゾートを満喫だ!と思ったら・・・

a_DSC_0106_201410112218223b2.jpg

a_DSC_0107_201410112218103c9.jpg

砂浜に打ち上げられた無数の漁船。
浅瀬にもたくさんの小舟が停泊している。
天然の漁港になってた。

ローカル感丸出しのリゾート地。
まあこの辺りは貧乏ゾーンだから仕方ないか。
これはこれで、のんびりほのぼのとしいていい雰囲気だ。

a_DSC_0111_20141011221941369.jpg

空の青、海の青、そして漁船の青!

a_DSC_0112_201410112219297bb.jpg

翌日はメインイベントのダイビングへ。
ケンゾーとイクエが泊まったホテルもあるハルガダのチープなエリアはイッ・ダハール地区というんだけど、このエリアにもダイビングショップはたくさんある。
2ボートダイブで安くて40ドルくらいからあるんだけど、探しまわった結果破格の店を発見。
2ダイブ、フル器材込み、昼食付きでお値段なんと1人180ポンド、なんと日本円で約2600円!
日本だと1万3000円くらいかかる。
あまりに安すぎるから何度も何度も確認。
この値段でちゃんとボートダイビングが楽しめるみたい。

カメラを持って行っていないので残念ながらダイビングの写真はないので結果だけ書くと、ちゃんと2600円でダイビングをすることができた。
ただ、いろいろと粗は目立つ。
申し込んだツアー会社の人と乗合いワゴンで港まで移動し、そのあと港のドンみたいな気性の激しいおっちゃんに引き渡された。
港のドンが、停泊しているダイビングボートに乗っているスタッフに直接交渉し、言われるがままそのボートに乗船。
いろんなショップから寄せ集めた客が乗っていて、料金もまちまちのようで「1人180ポンド」と言うのはほかの客には言わないでと口止めされた。

段取りがまったく分からないし、ほかの客と間違えられて「金を払わないなら船から降りろ!」と言われたりもした。
器材もあまり良くないし、出遅れるとオンボロを使うハメにもなる。
値段が値段だからあまり文句は言えないけど、イクエはレギュレーター(空気を吸う器具)が壊れてて水を飲み込み、さらにBCD(エアジャケット)に穴があいていて危うく溺れそうになった。
これまでダイビングは何十本もやってきたし、ライセンスもオープンウォーターの次のアドバンスまでもっているけど、怖かった。
いっしょに潜ったおばさんも海底でレギュレーターの一部が壊れてパニックになっていたし。
命に関わるからあまり安すぎるショップはやめたほうがいいかも。

海の中はそれなりに楽しめたけれど、やっぱり沖縄の離島や奄美大島のほうがきれいだった。
日本の海は、洞窟もあって地形もダイナミックで濃い色の魚たちが泳ぎ回り、ほんとうにすばらしいと思う。
日本の海は世界に誇れると思う。

せっかく海沿いの街に来ているので、やっぱり海鮮を食べたくなる。
ホテルの近くにローカルな海鮮食堂があったので、カイロで食べ損ねたイカを食べることに。

a_DSC_0001_201410112209377bf.jpg

a_DSC_0009_20141011220908bcc.jpg

イカのフライ、魚のグリル、ライスを付けてふたりで58ポンド(約830円)。
ちょっと奮発して豪華なディナー。
このイカフライがうまかったなあ。

a_DSC_0008_20141011220925633.jpg

一応ダイビングもできたし、イカも食べられたし、リゾート気分を楽しむことができた。
このあと暑さと闘いながらエジプトをさらに南下していきま~す。