Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別記事
最新コメント
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

見てくれてありがとう!
メールはこちらから ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
ふたりのお勧め旅グッズ










ふたりの旅も大詰め。あともうちょっとだけおつきあいお願いします!

 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ふたりでふらり」はブログランキングに参加中!
1日1回のclickが順位に反映されます。
ぜひポチッと応援お願いします ♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

がんばれOGGY!

2013.10.03 05:47|キルギス☞EDIT
久しぶりにチキンの照り焼きを食べて大満足のケンゾーです。

自分の家のように居心地がいいビシュケクの南旅館。
そんな南旅館で夕食後、いつものようにまったりしていると新たな旅人がやって来た。

旅人がやってくるときはおもに2パターンある。

ひとつは、ガチャ、と大きな音でドアを開け、ガサゴソ靴を脱いだりバッグを置いたりして「おお!こういうところかあ。こっちにも部屋があるのか。あ!みなさんこんばんはー!!」とやけに賑やかにやってくる人。
そして、もうひとつはほとんど音も立てずにさらっとやってきて「こんばんは」と静かに言う人。

彼は後者だった。

「ん? 誰か来たっぽい!?」

そう思った矢先、彼がぱっとみんなの前に姿を現したときはビックリした。

a_DSC_0086_201309290549434e7.jpg

「ええっ〜!?  OGGY?」
「OGGYなのに、よくスムーズにここに来られたね?」

a_DSC_0088_2013092905494485c.jpg

Mr.OGGY。
世界一周ブログさすらい さまよい さがしもののOGGYだ。
先日、世界一周ブログランキングで1位を獲得し引退した有名ブロガーりり記のリリーさんの弟でもある。

OGGYとのファーストコンタクトは5か月前のインド。
マドゥライの詐欺旅行会社で列車代を騙し取られたことを彼のブログで知り、勝手に腹が立ったケンゾーとイクエが列車代を取り返したのがはじまり。
(そのときの詳細はこちらさすらい さまよい・・・』OGGYの敵討ちだ!!

その後メールなどでやりとりはしていたけれど、2か月半前グルジア・トビリシで念願の初対面を果たす。
しかしそれもケンゾーとイクエが列車に乗るまでのわずか1時間だけ。
(そのときの詳細はこちらさすらい」のあの人に会うために!

ブログランキングでは抜いたり抜かれたり、いつもお互い同じような順位。
旅のルートもなぞっているかのようにほぼいっしょ。
ここにきてOGGYがとうとうビシュケクまで追いついて来たというわけだ。

いったいOGGYってどんな男なんだ?!
今回も丸1日しかいっしょに過ごす時間がなかったけれど、だいぶOGGYという人間がわかったよ。
ということで、ドンキー特集につづいてOGGY特集をしちゃおうかな。
題して「がんばれOGGY!」

南旅館に着いてから、部屋をぐるっと見回したOGGY。
OGGYの目が止まったのは、日本語の本がたくさん並んでいる本棚。

a_DSC_0015_201309290644174ed.jpg

「これ、僕のためにあるような本ですね。
 読まないといけないですね。」


a_DSC_0017_2013092906441919e.jpg

人がいいOGGYはすぐに人を信用してしまってインドで騙されてきた。
その結果、人間不信にも陥っている。
がんばれ OGGY!

シェア飯(=宿泊者が宿で協力してつくる食事)で有名な南旅館。
夕方になると旅人が手分けして準備をする。
料理が苦手なOGGYももちろん参加する。
ここでは手伝わざるもの食うべからず、だ。
がんばれ OGGY!

a_DSC_0001_201309290548182ec.jpg

野菜を切る手つきは、まあ悪くはない。
「うーわ、もうこれだけで旨そう!」と何やら訳の分かんないことを叫んでいる。

a_DSC_0004_201309290548247b9.jpg

切ったニラとニンニクの芽を見ただけで旨そうって・・・。
OGGYいままで何食べてきてたんだ?

「あ〜!おいしそうな匂い!! うわあ、すごく美味しそうな匂いしません!?」ってみんなに同意を求めるOGGY。
「え、そう? まだ炒めてもないのに?」

けっこう匂いに敏感なのかな。

a_DSC_0003_2013092905482057b.jpg

じつはOGGYは食べ物の好き嫌いがいっぱいある。
でもまあ、OGGYにはなんか好き嫌いが多いのが似合うから納得する。
きのこ類は全滅!
ワースト3は松茸、2は椎茸、断トツでダメなのがしめじ。
椎茸でとった出汁もダメなんだって。

あとダメなのがレバー、アボカド、バナナ。
共通点はネチョネチョするもの。
とくにレバーはネチョネチョ+パサパサするからダメらしい。
レバーってパサパサしてるか?

ということで今夜のメニューは、スタミナたっぷりレバニラ丼(笑)!

だって、OGGYの嫌いな食べ物の話になる前に南旅館のシェフが「今夜レバーなんてどうです?」って言ってきて、みんな大賛成したんだもん。
そしたらOGGYが「じつは・・」って言い出したんだな。
ケンゾーとイクエが「大丈夫大丈夫!せっかくやけん今日克服しよう!」って優しい親心で半ば強制的にレバニラ丼に決定。
シェフは「しいたけも使うはずだったんですけどね・・・」って言ったけど、まあかわいそうだからレバーだけにしといてあげよう。

さあ旨そうなレバニラ丼ができあがったよ。

がんばれ OGGY!
どう?いける?無理?

a_DSC_0010_20130929054910947.jpg

a_DSC_0011_20130929054915846.jpg

「ぜんぜんネチャネチャしてない!
 美味しいです!」


おー、よかったよかった。
それね、たぶん給食のレバーのイメージをずっと引きずってたんだと思うよ。
あれでレバーがダメになった人多いと思うもん。

ちなみに好きな食べ物はスイカ、クリームシチュー、白玉団子。
シャキシャキしたものとモチモチしたものがお好みらしい。

今夜も食後に世界で一番好きなスイカを食べてご満悦。
のはずが・・・

「いままでで一番パサパサしていてマズい!」

この顔芸ももうひとパターン欲しいね。

a_DSC_0019_201309290549178af.jpg

a_DSC_0018_20130929054913fa5.jpg

OGGYと言えば「沈没」(=とくに何をするでもなく同じ宿で長期滞在すること)。
遺跡や観光にはあまり興味がないようで、アグレッシブなほうではない。
さらに最近、事あるごとにブログで旅のモチベーションの低下を吐露している。
まあ、がっつり旅人っぽくないのがOGGYのファンを増やしているのかもしれない。

そんなOGGYなんだけど、チラ見したノートがすごかった。
細かい字で情報がびっしり!
ちゃんと赤ペンで色分けしたりもしている。
めちゃくちゃマメやん!

a_DSC_0007_20130929054829da1.jpg

a_DSC_0009_201309290548241c7.jpg

さらにこれはOGGYがイランで使っていた「歩き方」。
付箋がたくさん付いている!
受験生の参考書みたいだ。

a_DSC_0614_201310030324417cf.jpg

a_DSC_0615_20131003032452dd1.jpg

中も下線を引いてあったり書き込みがたっぷり。
ケンゾーとイクエなんかいつも寝っころびながら読んでるよ。
ペンを片手に「歩き方」を読んだことなんかないよ。

a_DSC_0616_20131003032503e2a.jpg

a_DSC_0618_2013100303244168a.jpg

めっちゃ周到に準備しとるやん。
せっかくこんなにしとるんやったら、もっとこれを活かしてアグレッシブにいこうよ!
めちゃくちゃ意外やったわ。

スイカを食べながらブログ書き。
隠し撮りをしたら「ちゃんと背筋を伸ばすのでこっちを使ってください」だって。
なにそれ?普段はシュッとしてますアピール?
めっちゃ不自然やから。

a_DSC_0020_20130929054918387.jpg

a_DSC_0021_20130929054943625.jpg

書くのに行き詰まってしまったようだ。
お、いいねえ。
新しい顔のパターンやん。

a_DSC_0023_20130929054941983.jpg

3人で今後の旅について話し合った。
「おふたりは長く旅をして、たくさん遺跡や絶景を見てきて、感動が薄れるってないんですか?」
「いまんとこないよねえ。」

「そうなんですね・・・。
僕、人から絶賛されたり期待値が大きかったりした場所は、逆にそれほど感動しなかったってことがよくあるんですよね。
楽しみにしていたぶん『あれ?がっかり!』みたいな。
イランも一番行きたい場所で期待もしてたから、ちょっと違いましたね。
もう、日本帰ったほうがいいのかな。」


「じゃあさ、逆に行くつもりがない国に行ってみたら?
おれたち、いままで良かったなあって思う国って行くつもりなかったところが多いよ。
期待もイメージもないぶん、新鮮だしおもしろいし。」

「OGGYさあ、またインド行ってリセットしたら?
やっぱりインドって刺激も多いし。
パキスタン、インド、バングラデシュ、ミャンマー。
このコース良くない!?
マイナーだし、刺激ありそうだし『旅してる感覚』が味わえる気がする!」

「え〜? まったく興味ないです。
行きたくないです。
面倒くさそう。
いちいち、交渉したりするの嫌なんですよね。
今までで良かった国はネパール、トルコ、ウズベキスタン。
全部、メジャーな観光地で旅行客も多くて、カフェやレストランも整っていて旅行しやすい。
そういうところがいいんですよ。」


OGGYは、今までいろんな旅人に会ってきている。
そして、OGGYがほかの旅人に抱く印象で一番多いのは「なんか若すぎる。テンションについていけない。」っていう感想。
OGGYもまだ20代だしじゅうぶん若いのに。
しかも自分より年上の旅人に対しても「若い。テンション高すぎ。」と思うことが多いようだ。

のんびりマイペースなOGGY。
旅に対してどこか冷めているOGGY。

でも、それでいいんじゃないかなとも思う。
ガツガツ忙しく移動していろんなところを見て回るのもいいけど、OOGYみたいに面倒くさいことを避けてゆっくりまったりするのも悪くない。

だってねOGGY、社会人のときがんばってたんだよ。
朝出社して、家に帰るの朝4時くらいだったんだって。
「そりゃあきつかったね。
 旅に出たい気持ちもわかるよ。
 給料良かったと?」

「まあ、残業代もらえたら。
 200時間以上の残業が対象だったんですけど。」


200時間の残業って、週休2日だと1日10時間は残業しないといけない計算。
休みが潰れる日も多かったらしい。

ケンゾーとイクエも大きな夢を描いて旅に出たというよりも、とにかく日本での忙しい日々から解放されたくて海外逃亡をしたという感じ。
だから自分がいいように旅を楽しめばいい。

3人で話し、あっという間にお別れの時が。

OGGYはOGGYらしい旅をすればいいよ。
あんまり考え過ぎないでシンプルに旅を楽しんでいこう!

また会おう。
お互いにいい旅を!
(未明のフライトのため、午前2時に宿を出たケンゾーとイクエだったけど、ずっと起きていて見送ってくれた!)

a_DSC_0024_20130929054945594.jpg

がんばれ OGGY!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから! 

がんばれドンキー!

2013.10.02 05:39|キルギス☞EDIT
最近寝つきが悪いケンゾーです。
眠いのにいざ寝ようと布団の中に入ってもなんか寝られんっちゃんねえ。
けっきょく朝方までモゾモゾして寝られないこともしょっちゅう。
どうしたらいいんやろ?

中央アジアを旅して2か月あまり。
ひと目見たその時から、虜になってしまったものがある。
それはドンキー、つまりロバだ。

日本ではあまり馴染みのないドンキー。
けれど中央アジアではどこでも大活躍。
ドンキーなしでは人々の生活は成り立たないと言っても過言ではない。

とんがった大っきな耳と縁取りされた目。
その愛嬌たっぷりの姿にケンゾーとイクエはメロメロ。
毎日ドンキーを見かけては癒やされていた。

今回は日々黙々と働いているドンキーへのエールを込めてドンキー大特集です。
(ほとんどの読者のかたはケンゾーとイクエのテンションについて来れないと思いますが、どうか寛い心で読んでください!)


車で走っていると、ドンキーに乗ってぽくぽく移動している人たちを良く目にする。
これがまたなんかいいんだよねえ。

a_DSC_0072_20130927224055e02.jpg

a_DSC_0528_2013092722422699a.jpg

どんな人が乗っても拒まないドンキー。

a_DSC_0045_20130927224041164.jpg

「馬よりもずっと体がちいさいボク。
 だから、子どもたちを乗せるのが得意なんだ。」

a_DSC_0544_20130927224224dd6.jpg

a_DSC_0071_20130927224037ebd.jpg

a_DSC_0476_2013092722421849b.jpg

「子どもだけじゃない。
 ボク、こんなに小さいのに。
 いい年したおじさんだって容赦なく乗るんだ・・・。」


a_DSC_0554_20130927224252470.jpg

「乗せるのは人間様だけじゃない。
 てんこ盛りの荷物。
 ボク、つぶれちゃうよお・・・。」


a_DSC_0692_20130927224323393.jpg

a_DSC_0113_20130927224103682.jpg

a_DSC_0583_20130927224256462.jpg

自分の何倍以上もの荷物を背中に載せて、うつむき加減に黙々と歩く姿を見ると「がんばれドンキー!」と心の中で叫ばずにはいられない。

a_DSC_0013_201309272240306ea.jpg

a_DSC_0147_20130927224128090.jpg

a_DSC_0642_20130927224302bb7.jpg

きょうも人や荷物を運び続けているドンキー。

a_DSC_0343_20130927224156cd2.jpg

a_DSC_0173_20130927224132665.jpg

a_DSC_0529_20130927224226b3c.jpg

じつは意外に楽天的なのかも。
どんなに荷物を載っけられてもマイペース。

a_DSC_0686_201309272243025fe.jpg

a_DSC_0202_20130927224154780.jpg

「あ〜あ、もっとシュッとしてかっこいい馬に生まれたかったなあ。」

a_DSC_0542_201309272242246ed.jpg

いつも哀愁が漂っているドンキー。
働いていない時もなんだか悲しそう。

a_DSC_0021_201309272240396fa.jpg

a_DSC_0153_20130927224130c1c.jpg

そりゃ、隠れたいときだってあるよね。

a_DSC_0106_20130927224057d8e.jpg

「こんなにけなげにがんばっているのに。
 ちゃんと毎日人間様の言うことを聞いているのに。
 とってもかわいい顔をしているのに。」


a_DSC_0017_20130927224037d1d.jpg

フランスでは、生徒が宿題をしてこなかったり悪いことをしたときには、罰としてドンキーの耳の形をしたものを教室で頭につけさせられて、笑い者にされるんだって。

a_DSC_0131_201309272241014ad.jpg

「ボクはそんなに恥ずかしい対象なの?」

a_DSC_0136_20130927224105294.jpg

a_DSC_0144_20130927224120990.jpg

赤ちゃんドンキーは毛がふわふわ。
一生懸命、お乳を飲んで。

「早く大人になりたいな。」

a_DSC_0362_20130927224200c2e.jpg

大人になったら、人間様にこき使われることをまだこの時は知らない。

a_DSC_0361_20130927224156ffa.jpg

ドンキーとして生まれた運命。
大人になったら、毎日毎日、重い荷物を載せられて、ときには邪険に扱われて。

a_DSC_0629_201309272242583e2.jpg

a_DSC_0688_20130927224320932.jpg

「だけど、ボクだって。
 牛のように、日がな一日好きなだけ草を食べたい。
 馬のように、人間様のパートナーとして、かわいがられたい。」


a_DSC_0178_2013092722412586a.jpg

「でも、いいんだ。
 ボクがちょっと我慢すれば、それでみんな喜んでくれるならー


a_DSC_0282_20130927224157990.jpg

・・・ボクは嬉しいよ。」

a_DSC_0697_2013092722432413f.jpg

がんばれ、ドンキー!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから!