Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別記事
最新コメント
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

見てくれてありがとう!
メールはこちらから ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
ふたりのお勧め旅グッズ










ふたりの旅も大詰め。あともうちょっとだけおつきあいお願いします!

 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ふたりでふらり」はブログランキングに参加中!
1日1回のclickが順位に反映されます。
ぜひポチッと応援お願いします ♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

さらばタジキスタン 最悪の出だしのキルギス

2013.09.11 06:18|タジキスタン☞EDIT
3時間かけて服、靴、サブバッグまで大量のものを手洗いした。
旅に出てから洗濯機のありがたみを痛感しているケンゾーです。

静かな美しさにうっとりしたヤシルクル湖と美しい山々に囲まれたブルンクルの村に別れを告げ、つぎに目指すはムルガブ。
キルギスからタジキスタンに入ってきた旅人にとって、パミールの拠点となる街だ。

ムルガブ

天気もまずまず。
タジクの景色を見られるのもあと2日だけ。
思い残すことがないように楽しむぞ。

a_DSC_0320_20130906215620f0f.jpg

パミールの景色の醍醐味は、広い空とその下に広がる雄大な山々、そしてそこここに点在する湖。
荒々しくつづら折りに連なる渓谷が魅力のワハーン回廊とはぜんぜんタイプが違う。
どちらがいいいかはその人の好みで分かれるだろうねえ。
ちなみにケンゾーとイクエは「ワハーン回廊」派かな。

a_DSC_0315_20130906211955c92.jpg

a_DSC_0322_201309062119573c0.jpg

山のふもとに小さな町が広がっている。
厳しい自然の中で暮らしやすいように人々が集まっている。
そうかと思えば、草原の中にポツンと佇むユルタもよく見かける。
昔ながらの自然と共生する遊牧生活。
「もし自分がこのユルタで生まれ育ったとしたら、彼らのように遊牧生活を続けていくかなあ」
「町に移り住みたいなあ、なんて考えることはないのかなあ」
なんてことを考えながらのドライブ。

a_DSC_0327_201309062120157b2.jpg

a_DSC_0332_2013090621200870c.jpg

車が3人乗りのバイクを追い越していく。
おっちゃんたちかっこいいねー!
ん?それガスマスク?

a_DSC_0338_20130906212048772.jpg

2時間半くらいでムルガブに到着。
けっこう大きな街なんだけどなんだろ、ちょっと殺風景な街だなあ。
1泊するだけでちょうどよさそう。

a_DSC_0344_20130906212045d40.jpg

a_DSC_0368_20130906212142f47.jpg

コンテナがずらーっと並んでいる街のバザール。
雑貨屋さんや服屋さんなど店のバリエーションはけっこう豊富。
キルギスからタジクに来た旅人はここで防寒着なんかを調達することもできるね。

a_DSC_0358_20130906212134908.jpg

a_DSC_0361_20130906212148820.jpg

a_DSC_0363_2013090621214122a.jpg

この街にもかわいい子どもたちがいた。
顔の系統がワハーンとはぜんぜん違う。
ずいぶん日本人に近づいてきたなあ。

ここまで来るとキルギスはすぐ近くだ。
キルギス人はこんな感じの顔なのかな。
それとも中国も近いから混じってるのかな。

a_DSC_0373_20130906212144bdc.jpg

a_DSC_0375_2013090621225324b.jpg

a_DSC_0378_20130906212243982.jpg

乗合いワゴンの溜まり場はバザールの横。
あした乗るオシュまでの車を探す。
この街の乗合いワゴンは前日に予約をするシステムだった。
飛び込みで乗ろうとしても乗れない可能性もあるので要注意。
それとケンゾーたちは翌日に出発することができたけど、人数が揃うのを3日間待っていた旅人もいたのでビザの期限が迫ってる場合など注意が必要。
オシュまで1人150ソモニ(約3150円)。

a_DSC_0357_2013090621204981c.jpg

宿泊したのは「Surab's Guesthouse」。
清潔で食事もおいしいし感じのいい宿だった。
ちゃんとたっぷりのお湯を沸かしてくれて体を洗うこともできる。
2人で30ドルのところを25ドル(約2500円)にまけてもらった。

a_DSC_0355_20130906212056936.jpg

a_DSC_0350_2013090621210751d.jpg

宿では今後のルートをどうするか地図を見ながら考える。
キルギス→カザフスタン→ロシアの先をどうするか。
あーだこーだ悩んだすえにふたりが下した決断は?
そのうち発表しま~す。

a_DSC_0379_201309062122454ee.jpg

翌朝、雨がぱらつく中の出発。
車2台連なって走るみたいだ。
ドライバーは兄弟なのかな。

オシュ

ムスリムの人々は車や列車などに乗るときに祈りを捧げる。
それぞれ個人個人でする場合もあれば、誰かが音頭をとってみんな揃って祈ることも。
今朝はドライバーの母親らしき人が代表で祈りを捧げる。
手のひらで水をすくうような仕草、そして最後に手で顔を洗うようにする。
ケンゾーとイクエも見よう見まねで真似をする。

「事故もなく、無事に目的地に着きますように」

a_DSC_0387_20130906212245560.jpg

a_DSC_0388_20130906212252219.jpg

大自然を満喫したタジキスタンともこれでお別れだ。
未知の国ですこし不安もあったけれど、いざ旅してみるといい国だった・・・なんて余韻に浸るわけにはいかなかった。
車はパジェロで見た目は立派なんだけど、乗ってみるとこれがオンボロ。
天井のシミがどんどん広がってきたと思ったら雨漏りしだした!
大丈夫かなあ、なんだかイヤな予感が・・・。

a_DSC_0391_20130906212406995.jpg

a_DSC_0395_201309062123598c7.jpg

車はパミール高原の最高地点を目指してどんどん山を登っていく。
降っていた雨がいつの間にか雪に変わった。
車窓から見える山は雪で真っ白だ。

a_DSC_0403_20130906212420484.jpg

a_DSC_0409_20130906212410045.jpg

そしてここがパミール高原の最高地点、アクバイタル峠。
ケンゾーの高度計では4688m。
これまでの人生で一番標高が高いところだ。

a_DSC_0426_20130906212532d8b.jpg

外に出てみると・・・寒!!
真っ白でなんにも見えないしすぐに車の中に避難。

a_DSC_0416_20130906212525553.jpg

a_DSC_0415_20130906212416f34.jpg

こんな高地で雪が降ってる中、立ち往生しているトラックが。
パンクしたのかなあ。
こんなところで可哀想に。

a_DSC_0421_201309062125024f9.jpg

a_DSC_0422_20130906212526703.jpg

よく見たら荷台になんか乗ってる。
羊かなあ、頭だけちょこっと見える。
羊たちも災難だね。

a_DSC_0424_20130906212521125.jpg

パミール高原を抜けた車はキルギスとの国境を目指してひた走る。
タジク ー キルギスの国境も山の中。
雨で道はドロドロにぬかるんでいる。
車も泥まみれ。
そんな泥にまみれたこの小屋がタジク側のイミグレーション。

a_DSC_0467_20130906212630031.jpg

a_DSC_0471_20130906212625e3f.jpg

a_DSC_0475_2013090621263160a.jpg

出国手続きはドライバーが全部やってくれる。
パスポートを渡して車の中で待ってるだけでいい。
けっこう待たされたけれど問題なく出国できた。

つづいてキルギスに入国だ。
ところがいくら走ってもキルギス側のイミグレが見えてこない。
ドロドロにぬかるんだ道をひたすら走る。
これ、チャリダーにとっては辛い国境越えだなあ。
ヘコむだろうなあ。

a_DSC_0479_20130906212627537.jpg

a_DSC_0484_20130906212639799.jpg

タジクを出国して走ること30分。
距離にして15kmはあるだろう。
やっとキルギスのイミグレに到着。
どんだけ無国籍地帯が長いんだ。

a_DSC_0485_201309062127107a7.jpg

ここでもパスポートをドライバーに渡して車の中で待ってればいいんだけど、ここのアーミーがタチが悪かった。
ケンゾーたち外国人に被害はなかったんだけど、可哀想だったのは同乗してたタジク人のおばちゃん2人。
手帳の中身まで荷物検査をされて、財布の中身を全部出されて、しまいにはこのコンテナの中に連れ込まれた。

a_DSC_0486_20130906212710afc.jpg

5分後不満げに戻ってきたおばちゃんたち。
コンテナの中で金をカツアゲされたらしい。
銃をちらつかせながらおばちゃんたちを恫喝する兵士もいた。
きっと「お前ら余計なことをよそで喋るんじゃないぞ」とでも言ってるんだろう。
外国人相手にこういうことをするとすぐにバレるので、立場が弱い地元の人をターゲットにしてるんだろう。

しょっぱなの国境でキルギスの印象は最悪だ。
「キルギスの警察はタチが悪い」っていうのはほかの人から聞かされていた。
中央アジアではこれまでイヤな思いをすることはほとんどなかったけれど、キルギスでは気を引き締めないといけないな。

ああ〜、それにしてもタジキスタンの旅は楽しかったなあ。
キルギス、楽しめるかなあ・・・。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから! 

パミール奥地の穴場・・・湖!

2013.09.10 05:48|タジキスタン☞EDIT
こんなふうにふたりの旅をありのままに書いて恥さらしになるかなあ、こんな書き方は誤解を招くかなあと思いながらブログを書いていて、寄せられる応援コメントにほっとするイクエです。

ブルンクルの街が田舎だとは思っていたけど、ここまで田舎だとは思わなかった。
ここは「街」でも「村」でもない。
パミール高原の奥地にひっそりとたたずむ「集落」。

a_DSC_0302_2.jpg

a_DSC_0308_20130906205337722.jpg

a_DSC_0187_2013090620510237c.jpg

電気は通っていない。
30センチ四方の小さなソーラーパネルがあって、部屋をほのかに照らす小さな電球の電力はこれでまかなえる。

a_DSC_0190_20130906205056656.jpg

食事や暖をとるための薪代わりになるのは、家畜の糞。
乾かした糞はよく燃える。

a_DSC_0188_20130906205059ab8.jpg

ここでの宿泊はホームステイというかたちを取る。
食事付きで1泊10ドル。

集落に民家は15軒くらいしかないけど、どの家も大家族。
ホームステイ先のおばあちゃんと孫。

a_DSC_0232_20130906205211402.jpg

ディナーはイモ、パン。
こんな奥地にお店なんてないし、隣町に買い出しに行こうにも車で何時間もかかる。
食事が質素なのはしょうがないよね。
よくみんな、栄養がとれているなって思う。
イクエたちと体のつくりが違うのかな。
炭水化物はじゅうぶんにとれるけど。

a_DSC_0222_20130906205214d62.jpg

とっても小さな集落だけど、子どもや若者は多い!
どこにこんなに住んでるの?って不思議。
日本の同じ人口密度の田舎と比べて、若い人の数は何十倍も多いんじゃないかな。

a_DSC_0213_2.jpg

a_DSC_0182_20130906205059708.jpg

a_DSC_0208_20130906205114c0a.jpg

a_DSC_0210_2.jpg

当たり前のようにおこなわれる家畜の解体。
それを当たり前のように眺める小さな子ども。

ここでは人と動物と自然が共生している。

a_DSC_0168_20130906204951785.jpg

a_DSC_0181_20130906205011149.jpg

a_DSC_0178_20130906205011ae4.jpg

車代はテンションが下がるほど高くついたけど、ここに来てよかった。
「世界の屋根」と言われるパミールで生きる人たちの暮らしぶりがわかる。

でも、ここに来た理由はそれだけじゃない。

「翠色の湖」と言う名のヤシルクルに行かなくては!

ヤシルクルはこの集落からそれほど遠くない。
ここから見えないけど、あの山を越えれば見えるはず!
なんとなくそれっぽい方向に歩いて行くことにした。

だけど、思わぬ関門が!!
集落のまわりは乾いた草原に見えたんだけど、実は湿原だった。
沼や小川やぬかるみだらけ。
そして、押し寄せる蚊の大軍。

a_DSC_0176_20130906204958d05.jpg

a_DSC_0167_2.jpg

「ああ~。こっちは小川だ。」
「いやあ、あっちは沼になってるよ。」

蚊に刺されながらさまようこと1時間半。

「たどり着けない・・・」

湖まで行けなかったので、いっしょに車をチャーターしているカップルのもとに行ってみることにした。

カップルはイクエたちとは別の家でホームステイしている。

ホームステイ先で、疲れた表情で横になっているカップル。
「どうしたの?」
するとカップルが答えた。
「湖を目指して歩いたんだけど、地面が濡れていて大回りしたり引き返したりして2時間くらい歩いてきたの。
だけどけっきょくたどり着けなかった。
おまけに大量の蚊がいて、刺されるし!
すっごく、疲れた・・・。」


そんな散々な目にあった4人が出した答えはー。

「あしたの朝、なんとか車で連れて行ってもらおう!」

ちょっと大回りして山をのぼれば、湖まで車で行くことができる。
地元の人も「車で行ったほうがいい」って勧めるし。

ドライバーにお願いすると「えー、面倒くさいなあ」って顔。
でも、ホームステイ先のおかあさんが「すぐなんだから、行ってあげなさいよ」って感じで説得してくれた。

お願いします! 550ドル払いますので!

パミール高原2日目の朝。
さあ、奥地の湖に向けて車で出発だぁ~ ♪

すると、5分くらいで目の前に大きな湖。

「うおおおお~!」

みんなで声をあげる。

a_DSC_0242_20130906205215d2e.jpg

誰もいない湖。
何もない湖。
静かな湖。

美しい湖。

a_DSC_0254_201309062052585e4.jpg

a_DSC_0247_20130906205251423.jpg

透明度が高い。
光の具合によって青にも緑にも見える。

風の音、そしてその風で水面が揺らされてチャプ、チャプっと水が押し寄せる音以外に何もしない。

そんな美しい場所に来て、人は何を思い、何をするのか。

あのカップルのほうを見てみる。

a_DSC_0272_20130906205300c14.jpg

「ここでも!?」
ジャグリングの撮影会。

そしてケンゾーはと言えば・・・。

a_DSC_0269_20130906205303908.jpg

a_DSC_0278_201309062053045ac.jpg

「ここでも!?」
家計簿をつけて、ストレッチ。

満足げな顔。

a_DSC_0287_20130906205337b54.jpg

奥地に来ても、美しいものを見ても、人の本質ってかわらないのかも。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから!