Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別記事
最新コメント
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

見てくれてありがとう!
メールはこちらから ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
ふたりのお勧め旅グッズ










ふたりの旅も大詰め。あともうちょっとだけおつきあいお願いします!

 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ふたりでふらり」はブログランキングに参加中!
1日1回のclickが順位に反映されます。
ぜひポチッと応援お願いします ♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

いい年の夫婦が何やってんだろ!?

2013.10.09 06:10|カザフスタン☞EDIT
靴を洗いたいけどブラシがないので1年間洗っていないイクエです。
靴がすぐ臭くなるケンゾーはたまに手で洗ってるんだけど、長期旅行者のみなさんはどうしてるのかな。

山の中の湖のコテージ(正しくは山小屋)に泊まることにしたイクエとケンゾー。
2階建てで、ベッドは10台あるからオンシーズンのときはここにトレッキング客を詰め込むんだろうけど、冬が近づき登山客は少ないのでイクエとケンゾーで占領する。

ロケーションはいいんだけど、部屋にトイレや水道はない。
食料は下の街で買い込んできた。
晩ご飯は、カップラーメン!

電熱コイルが役に立つ!
電気があればどこでもお湯湧かせるからねえ ♪

a_DSC_0333_20131002225111852.jpg

標高1800メートル。
夜は寒いので中国で買ったユニクロダウンを着て、インドで買ったニット帽をかぶる。
カップラーメンをすする、イクエとケンゾー。
わびしい食事。

こんなとき、ちょっとむなしくなる。
そして、なんだかおかしく感じる。

「いい年して、夫婦でカップラーメンをすするなんて・・・。
 わたしたち何やってんだろうな。」

ケンゾーなんて来年40歳になってしまう。
自分が子どものころ40なんて、もうかなりのおっさんだった。
おっさんとおばさん、夫婦でカップラーメンをすすっている。
小さいころのわたしに「あなたがおばさんになったら、家族みんなで温かい食卓を囲むでもなく、だんなさんとおしゃれなレストランで大人なディナーをしているわけでもなく、寒がりながらだんなとカップラーメンすすってるよ」ってもし伝えたとしたら。
きっと小さいわたしは幻滅するだろうな。
「ええ〜!? やだあ〜!! そんな大人になるのー!」って。

逆に、旅に出る前のわたしの状況を伝えたらどうだろう。
「あなたは大人になったら、好きな人と結婚して、休みもなく夜も関係なくバリバリ働いて。たまに息抜きにだんなさんと美味しいレストランに行ってお酒を飲んだり、ときどきは短期旅行にも行って。」って。
小さいわたしは「わ〜♡ そうなんだ♡」って喜ぶかな。

自分で選んだ道。
自分がよかれと思って、ここでカップラーメンを食べているんだけど「ああ〜。ほかの人は美味しい食事を食べられていいなあ。なんかみんなと住む世界が違うなあ。」と矛盾したことを思ってしまう。

でも、その思いを打ち消すようにこう思う。
「でも、これはこれで楽しいでしょ。
あと2年旅して、日本に帰ったらいつでも外食できるし、たまに贅沢しておいしいものを食べられるよ。」

でも、またそれを打ち消すようにこう思った。
「ん? またそんな時が本当に来るのかな?
旅で貯金も使ってしまって、働き口も見つからなくて。
夫婦で6畳のワンルームアパートで寒がりながらカップラーメンすすってるんじゃない!?」

「夫婦でなーにやってるんだろうな。ばかだなあ。」って思うけど、「夫婦で好きなことやって、わがままな人生送ってていいな」っても思う。

朝起きて美しい自然に身を委ねれば、贅沢で幸せな気持ちに満たされる。

a_DSC_0342_20131002225113448.jpg

ここにはコルサイ1、コルサイ2、コルサイ3と3つの湖がある。
このうち、コルサイ2がもっとも美しく、大きいのだそう。
きょうはこの、コルサイ2まで歩くことにした。

a_DSC_0429_201310030217035da.jpg

一番下の湖、コルサイ1に水を送り届けている川。
その川がコルサイ2へと続いているので、この川沿いを登っていく。

3つの湖は川でつながっている。

a_DSC_0348_20131002225121c4a.jpg

森の中をずんずん歩いて行く。
コルサイ2は標高2550メートル。
2時間半ほどの山登り。
道のりは5キロ以上。

トレッキング中のイクエとケンゾーはいつも無言。
ただもくもくと歩く。

もくもく、ずんずん。

でも、途中から

はあはあ、とぼとぼ。

「あ〜、もう、きつい・・・」

歩きはじめて2時間半。
弱音を吐きはじめたとき、向こう側がひらけているような気がした。

「ねえ、あのへん湖やない?」
「おお! でたあ!」

a_DSC_0353_2013100222511939a.jpg

a_DSC_0360_20131002225119c9b.jpg

森の中の湖を見ていつも感じること。
それはー。

「なんてピースフルな場所なんだ!!」

誰もいなくて、静かで、雄大で。
ただただ、美しい。

a_DSC_0412_20131003000206f89.jpg

a_DSC_0402_20131002234826af9.jpg

人里離れた場所に、こんなに美しい場所がひっそりとあることがもったいないというか、恐れ多いというか。

透明度は高いのに、見る角度によってエメラルドグリーンや深緑、薄い水色、落ち着いた青に見えたり。

a_DSC_0361_201310022348184a3.jpg

この湖の水は飲めるらしい。
現に、この湖から流れる川の水を宿でも飲んでいたのだから。

a_DSC_0371_20131002234820095.jpg

ときどき、小さな小さな魚たちがピチャピチャと跳ねている。
水鳥が群れをなして、旋回したり、着水したり。

a_DSC_0373_20131002234824d39.jpg

湖を取り囲むように生える天山トウヒ。
そして、紅葉も。

a_DSC_0378_201310022348241f5.jpg

きのうはコルサイ1の湖畔でイクエがごろんと横になって昼寝をしたけれど、きょうはケンゾーがお昼寝。
ほんとうにそんな環境の中で、草の上に寝転がってお昼寝って幸せなんだよね。

セルフタイマーで記念写真。

誰かといっしょにいて「ふたりの写真撮ってあげようか」って言われることもあるけど、断ることが多い。
まもなく結婚7年目に突入する夫婦。
2ショット写真に興味はない。
自分たちの写真よりも、その時出会った人たちを撮るほうが価値があるしおもしろい。
でも「ああ、ここ、絶景だ。」ってときにはどちらからともなく「ふたりで写真撮っとこうか」となる。

a_DSC_0416_201310030002146e9.jpg

いつも肩なんか組まないのに、写真のときはなぜかケンゾーは腕をまわしたり、肩に手を置いたりするんだよね。
「なんでいつも肩組むと?」と突っ込んだけど、ケンゾーもわからんみたい。
ラブラブ夫婦を演じたいのだろうか。

2ショット写真も撮ったことだし、帰りましょう。
帰るのは寝泊まりした山小屋じゃなくて、その先のサティ村。
もう一泊山小屋に泊まってもいいんだけど、食料が尽きた。
20キロ先のサティ村まで歩いて行こう。

もくもく、ずんずん。

さきは長い。

もくもく、ずんずん。

10キロ以上歩いたとき、イクエとケンゾーはある決断をしてしまった。

「道を外れて、あの山を越えて、斜めにつっきって村を目指そう」

その決断をしたのには2つの理由がある。

ひとつは、車道沿いに国立公園のエントランスがあってきのうそこで入場料を払ったはいいけれど、そのとき係のおばちゃんに「1日で帰る?」と言われて(※英語じゃないのでよくわからない。推測。)無事にたどり着けるか、湖畔で泊まることができるのか確証がなかったし、説明もできず面倒くさいので「うん。」と言ったこと。
なんでおばちゃんがそう聞いたのかはわからないけど、もしかしたら2日券とかあったのかな。
おばちゃんはちょっと高圧的で、イクエとケンゾーのなかでは印象があまり良くなくて、おばちゃんに会ったら「あんたたち、きのう1日で帰るって言わなかった!?」って怒られてなんか面倒くさいことになるかも・・・という不安があったので、できるだけおばちゃんと顔を合わせたくない。
車道から外れて山を突っ切れば、エントランスを通らずにすむ。

そしてもうひとつの理由は、地図上では山を突っ切って斜めに村を目指したほうが近道だから。

車道に沿って小高い丘が連なっている。
どの丘もなだらかそうには見えないし、草が生い茂っている。
それでもできるだけ登りやすそうなところを見つけないと。

a_DSC_0264_201310030235061d3.jpg

「よし、あの辺から登ろう!」
「は? あっちのほうが良くない?」

夫婦の意見が分かれたけれど、イクエは(珍しく)ケンゾーの提案に従うことにした。

もくもく、ずんずん。

丘は見た目よりも急勾配。

はあはあ、とぼとぼ。

下に見える川。
その川沿いに車道がある。
そこを外れて、ずいぶん登ってきた。

a_DSC_0439_20131003000210589.jpg

トゲトゲの植物が生えている中を、身をかがめて通り抜けないといけない場所もある。
トゲトゲが服にひっかかったり、トゲトゲが行く手を防いで回り道しないといけなかったり。
これは完全にルート選びをミスしたのでは?

a_DSC_0441_20131003000210a3e.jpg

ほら、だって向こうの雪山と同じくらいの山の高さじゃない?
もっと、低くて越えやすそうな丘があったと思うけど。

「ねえねえ、これ本当に行けると?
この山を越えたら、平原が広がっとるって確証ないし、山越えたらまた山があるっちゃない?」

「わからん。
でも尾根を歩いて行けばいいけん。」


a_DSC_0455_20131003000213da5.jpg

「ねえ! ここ頂上じゃないやん。
まだ上まであるやん!」

「うん・・。
おとなしく、車道を歩いて行ったほうが良かったかね・・・。
こんな無謀なことする人、おらんよね。
たかが、あのおばちゃんのために。」


なあに、やってるんだろうな、わたしたち。
いい年して。

それが悲しくもあり、おかしくもあり。

山を越えたら、丘、丘、丘だった。

「あ〜あ・・・。」

a_DSC_0461_20131003001052866.jpg

ケンゾーが嬉しそうに言った。

「でも、ここ、意外に絶景やない!?
向こうに雪山が続いとって、めっちゃきれいやん!
ああ、きれーい!」


確かに、きれい。
人なんて来ないし、かなり穴場の絶景ポイント。
でも、ケンゾーへのいら立ちと疲労と、無事たどり着けるかの不安がこの絶景で解消されるわけではない。

「うん、きれいやけど、疲れとらんかったらね。
ここだけが目的でハイキングするならいいけど。
とにかく、日が暮れる前に帰らんとえらいことになる。」


a_DSC_0465_20131003001054a99.jpg

でも、やっぱりキレイ。
疲れが和らぐほど。
草原が広がり「ああ、これがカザフスタン」って感じのロケーションだ。

夫婦で何してるんだろうね。
ハハハ。やっぱりおかしいね。

a_DSC_0476_20131003001055f10.jpg

「めっちゃきれい。
 おおお〜!」


連呼しながらシャッターを切るケンゾー。

わたしたち以外誰もいない、どこまでも続くなだらかな草原。
太陽が沈むに従って、空の色と草原の色が刻々と変わっていく。

「時間ないけん、はよ行こうー。」

いくつもの山と丘を越え、トゲトゲにひっかかり、草が靴に入ってきては靴を脱いで草を取り出し、牛や馬やヤギの糞を避けて通る元気もなく何度も踏みながら、ようやく丘の向こうにサティ村が見えてきた。

a_DSC_0459_20131003001050209.jpg

「疲れたねえ」
「お腹空いたねえ」

こんなときは、おいしい食事とお酒で疲れを癒したい。
でも、泊まる家の夕食はじゃがいもとパンとお菓子の簡単なものだった。

a_DSC_0481_2.jpg

でも、それだけでも幸せになれるから不思議よね。
いい年の夫婦がなにやってんだろうね。

a_DSC_0478_20131003011200a84.jpg

つぎの日、アルマティまで戻るミニバスが朝出発と聞いていたけど、客が集まらないためなのか昼出発に変更になった。
でも、別にイライラはしない。
そんなの、もう慣れっこ。
別に急いでいる旅じゃない。

「まあ、しょうがないたい。
この家、3食付きやけん、昼ごはん食べられるっちゃない。」

「うん、朝早く出発だったら朝ごはんも食べられんかったかもしれんけんね。
朝と昼、2食分浮くね。」


期待していた通り、昼ごはんが出てきた。

a_DSC_0017_20131003001120cc2.jpg

「これ、きのうの夕ご飯の残りに麺を入れただけやんね!?
しかもどこまで湯がいたらこんななると?ってくらい麺がヤワヤワやね。」

「でも、昼ごはん出てきただけでもありがたいね。
味も悪くないたい。」

「うん、味は悪くないね。」

ふと、冷静になったときいつも思う。

いい年した夫婦が何やってるんだろうね。
でも、なんかおもしろいね。

自分たちでも笑いが出てくる。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから! 

人はなぜ湖に惹かれるんだろう

2013.10.08 05:34|カザフスタン☞EDIT
きのうプロフィール写真の件でイクエにダメだしされたケンゾーです。
足元まで入れると顔が小さすぎて判別できないと思ってカットしたんだけどねえ。
よかれと思ってやったことが逆効果。
ちゃんとフルサイズに戻しときゃいいんでしょ!

湖から柱が生えている神秘的なカインディ湖を見て家に戻ると、日が暮れて寒くなってきた。
標高が高いから体が冷える。

そんなケンゾーとイクエに、うれしいものが待っていた。

ひとつは紅茶!
銀色のサーバーの下には炭が入れられて赤々と燃え、中のお湯はあつあつ。
美味しいお茶をたっぷり堪能できる。

a_DSC_0233_20131002063617de0.jpg

ほかの中央アジアの国では緑茶が好まれる。
紅茶も飲むんだけど、ミルクなんて入れることはなかった。
だけどカザフスタンではミルクティーにするのが一般的なんだって。
しかも、紅茶は茶葉ごと煮出したものなのでかなり濃くて苦いのでお湯で割らないといけない。
この銀色のサーバーに入っているのは紅茶ではなくてお湯。
これとは別に濃い紅茶の入ったヤカン、そしてミルクの入った容器がテーブルには用意される。
お椀に、お湯、紅茶、ミルクを好みの分量注いで混ぜて、ミルクティーの完成。

カザフ人のコーちゃんが、みんなの分のミルクティーをつくってくれた。
カザフスタンでは、おいしくミルクティーを入れられるかどうかが良い嫁の条件。
なので結婚式では、婿側のゲストの前で花嫁がミルクティーをつくるのを披露して、振る舞うのだそう。
婿側のゲストは、花嫁が注いだミルクティーがおいしいかどうかをチェックする。
だから、花嫁は紅茶、お湯、ミルクを絶妙のバランスで配合できるようにお母さんから習って練習するらしいよ。

コーちゃんのいれてくれたミルクティーはおいしかったよ!

ほかにも体を温めてくれるものがあった。

a_DSC_0002_20131002063613251.jpg

この家にはサウナがあった!
家にサウナがあるってやっぱりロシア文化の影響なのかな。
熱い石でジュウジュウと温められている。
汗がじわじわと出てくる。
日本だとサウナってダイエットのために利用されるけど、ここでは本当にお風呂代り。
まるで湯船につかったみたいに体の芯から温かくなり、リラックスできる。

a_DSC_0003_20131002063616571.jpg

サウナのおかげで夜はぐっすり。

つぎの日、カザフ人のコーちゃんと韓国人のソーフィーちゃんは、きのうのカインディ湖で満足して、朝イチでアルマティに帰ってしまった。
残されたケンゾーとイクエ、さあどうしようか。
このサティ村からおよそ14km離れた山の中に北天山山脈の真珠と形容されることもあるコルサイ湖という湖があるそうだ。

コルサイ湖は標高1800mに位置するコルサイ①、2250mのコルサイ②、2650mのコルサイ③と3つの湖で構成されている。
コルサイ③からはキルギスがもう目の前だ。

コルサイ

このところ湖ブームがきているケンゾーとイクエ。
もちろん、行くっきゃないでしょう

いちばん近いコルサイ①の湖畔にはホテルが数件あるそうなので1晩泊まることに。
そこまでは車で行くこともできるけど、タクシー代も高くつくし、歩いていくのも気持ち良さそうなので、がんばって自分たちで歩いて行こう。
余分な荷物をサティの宿に置かせてもらい身軽な格好でトレッキングスタート!

a_DSC_0245_20131002033513eb1.jpg

村を出る前に一番大事な食料の調達。
サティ村には3、4件商店があるので買い物には困らない。
この店には生ビールサーバーが置いてあった
甘い誘惑に打ち勝って、パン、野菜、カップラーメンを購入。

a_DSC_0248_2013100203351523e.jpg

a_DSC_0249_201310020335185b4.jpg

村を抜けると雄大な自然が広がっている。
殺風景な荒野しかイメージがなかったけど、こうして見るとカザフスタンもなかなかいいね。

a_DSC_0250_20131002033519916.jpg

馬が前からやって来た。
よく見ると乗ってるのは女性、さらによく見ると赤ちゃんを抱いてる!
しかも赤ちゃんは爆睡
お母さんも赤ちゃんも、どっちもたくましいなあ。

a_DSC_0254_20131002033519a0e.jpg

a_DSC_0255_20131002033543004.jpg

馬に乗って剥けたお尻の皮がやっと再生したイクエとケンゾーは、ひたすら歩いて湖をめざす。

雪化粧をした山が美しい。
遠くの山を見ていると、なんだか油絵を眺めているような錯覚になる。
青白くかすんでいて、なんだか現実感が薄らぐんだよね。

a_DSC_0260_20131002033547bb0.jpg

a_DSC_0258_201310020335454cd.jpg

a_DSC_0265_20131002033547863.jpg

コルサイ湖周辺は国立公園。
途中に料金所があるので入場料と環境保護税を支払う、1人700テンゲほど。

川辺で牛たちが日光浴
ケンゾーとイクエを凝視、けっして視線をはずさずにジーッと見つめられる。
なにを考えてるんだろうね。

a_DSC_0266_20131002033549b83.jpg

a_DSC_0267_2013100203361438f.jpg

この川は山の上にあるコルサイ湖から流れ出てきている。
きっと雪解け水なんだろうね、かなり冷たい。
お天道様はもう真上。
トマトときゅうりを川で冷やしてランチタイム ♪

a_DSC_0270_2013100203361788b.jpg

a_DSC_0272_20131002033619c29.jpg

腹ごしらえをしたら出発だ。
黄色く色づいた林道を歩いていく。
もうすっかり秋やねえ
秋刀魚の塩焼き食べたいなあ。
たっぷりの大根おろしにかぼすを絞って。

a_DSC_0275_2013100203362210d.jpg

a_DSC_0277_20131002033624fc5.jpg

休憩をいれて4時間、コルサイ①に到着!
距離がちょっと長かったけれど、勾配はそんなに急じゃない。
ハイキング気分で十分登れる。

坂道を登りきったら、パッと視界がひらけて雄大な湖がお出迎え。

a_DSC_0286_20131002033644eee.jpg

a_DSC_0283_20131002033648286.jpg

きれいな湖だ。
太陽の光を浴びてキラキラ輝く湖面、湖をぐるりと囲んでいる深緑。
そして奥の雪山がいいアクセントになっている。

湖をゆっくり見る前に寝床の確保。
コルサイ①を見下ろす高台にロッジが10棟ほどある。

a_DSC_0292_20131002033652dcd.jpg

ケンゾーとイクエの今夜の宿はこの赤い屋根のロッジ。
ちょっと古ぼけてはいるけれど、きれいなシーツ類を用意してくれるので問題なし。
1人2000テンゲ(約1300円)、トイレ、シャワー・食事なし。
湖畔のリゾートホテルのコテージというよりも、キャンプ場のバンガローみたいな感じかな。

a_DSC_0291_20131002033704241.jpg

a_DSC_0289_20131002033642b9f.jpg

さて、湖畔を散策しに行こう。
水の色が見る場所によって違うんだよね。
青かったり、緑色だったり、はたまた透明だったり。
そして同じ場所でも刻一刻と変化していく。

a_DSC_0293_201310020337382f9.jpg

a_DSC_0300_2013100203374100d.jpg

a_DSC_0316_201310020337425c9.jpg

a_DSC_0325_20131002033816c19.jpg

ただ水が溜まってるだけなのに、なんでこんなにも湖に惹かれるんだろう。
ぼーっと眺めてるだけで気持ちが落ち着いて安らぐ。
この水と同じように湖が自分のすべてを受け止めてくれてる気分になるのかな。
波風が立たないその静かな姿に本能的に癒やされるんだろうね。

a_DSC_0298_20131002033746a8f.jpg

a_DSC_0314_201310020337448de.jpg

a_DSC_0329_20131002033816242.jpg

あしたはさらに足を伸ばしてコルサイ②まで行っちゃいます。
そして帰りが・・・。

お楽しみに!


【旅 info.】
  コルサイ湖a_DSC_0301_20131002045855cef.jpg
最寄りのサティ村からコルサイ①まで14km。
サティ村で車をチャーターするか、歩いて行く。
車はコルサイ①までしか行けない。
湖に向かう途中の入口で入場料など約700テンゲを払う。
湖畔の宿は夏や土日は利用者が多く満室となったり宿泊費が高くなるかも。
冬場は雪で道が閉鎖されたり宿が閉館する可能性もある。
食料は持参、標高が高いため防寒具必要。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから!