Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別記事
最新コメント
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

見てくれてありがとう!
メールはこちらから ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
ふたりのお勧め旅グッズ










ふたりの旅も大詰め。あともうちょっとだけおつきあいお願いします!

 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ふたりでふらり」はブログランキングに参加中!
1日1回のclickが順位に反映されます。
ぜひポチッと応援お願いします ♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

入国できない!フェリーで軟禁生活

2013.08.05 06:29|アゼルバイジャン☞EDIT
ケンゾーがお腹をくだして発熱、じゃあ次はわたしの番?と不安になりながらも元気なイクエです。

カザフスタンに向けてアゼルバイジャンのバクーを出港したフェリー。

想像していたよりも大都会だったアゼルバイジャンの首都バクーがだんだんと遠ざかっていく。
いつもその国をあとにするとき思う。

「この国に再び来ることはあるんだろうか。
 あるとしたら、いつ、どんなかたちでくるんだろう。
 もしこないとしたらこれが自分が見る、この国の最後の景色だな。」

a_DSC_0091_20130724041048.jpg

美しい湖の上の船旅。
ではなく、油が浮く湖の上の貨物船の旅。

まるでシャボン玉の表面みたいに、湖の色が七色。
石油が採れるカスピ海。
油が浮いてこんな色なの?

a_DSC_0089_20130723224830.jpg

これを見ると、カスピ海で獲れる魚、食べたくなくなっちゃう。

沖合にでると、湖に大きなイカダのようなものがいくつも見えてきた。
なんだろ、これ。
養殖施設でもないし・・・。

a_DSC_0096_20130724041049.jpg

乗組員が言うには油田の掘削施設らしい。
簡素だしオンボロ。
こんなもので、重要資源の石油を採ってるのかあ。

a_DSC_0098_20130723224832.jpg

カスピ海に大きな太陽が沈んでいく。
アゼルバイジャンを出国してるけど、カザフスタンにはまだ入国していない。
どこの国にも属さない立ち位置で、どこの国に沈んでるのかわからない夕陽をぼーっと眺める。

a_DSC_0109_20130723224833.jpg

夕食は、パン・魚の缶詰・キュウリ・スープ・チーズ・ピクルス、そしてウォッカ。

湖をすーっと進んでいく貨物船。
海に比べると揺れが少ない。
自分たち専用のバスルームで熱いシャワーを浴びて、今夜はベッドでゆっくり休もう。
目覚めたら、カザフスタンにだいぶ近づいてるかな。

おやすみなさーい


2日目

朝がたになってようやく涼しくなってきた。

いま、どのあたりだろう。

デッキに出てみた。
空は白みはじめていて湖上は霧に包まれていた。
iphoneをつかってGPSで今どのあたりなのか地図で確認しとこう。
きのう寝る前に確認したときは、航路の4分の1くらいのあたりだった。
もう半分くらいまで来てるかなって思いながら確かめるとー。

え!
うそ!!


ケンゾーを起こしに行く。

「ケンゾーってば。
 地図で見るともうアクタウの目の前にいるよ。
 もう着くよ!」

運が悪ければ3泊かかるといわれていたのに、まさか1日で着くなんて。
霧に包まれたカザフスタンのアクタウの街並みがぼんやりと見える。

a_DSC_0119_20130801034925d91.jpg

早く着いたのはうれしいけど、せっかく3日分の食料を買い込んできたんだけどな・・・。

「とりあえず朝ごはんだけでも船の中で食べとこうよ。
 ピクルスも瓶ごと持ち歩くの重いから食べてしまおう!」

慌ただしい朝食。
歯磨きもしてパッキングもしないといけない。

あと何分で着岸するのかな。
ケンゾーが操縦室にいって船長に聞く。

「ハウ ロング ウィル ウィー アライブ?
 10ミニッツ? 20ミニッツ?」

「ノー、ノー! ノー!!」

そして、船長から驚きの答えが。

「アフター トゥデイ・・・」

きょうは着岸しない!?
『今日の後』ってことは・・・

「トゥモロー?」

「ノー、ノー! ノー!!

 アフター 2デイズ!


船長がすこし離れた場所にとまっているタンカーを数えはじめた。

「ルック、1、2、3」


a_DSC_0113_2013080103583416d.jpg

どうやらこの船を含めて4隻のタンカーが港の係留スペースの順番待ち中。
港が空くのを2日は待たないといけないらしい。

乗組員たちが碇を海中に下ろし始めた。

a_DSC_0116_20130801034922d1a.jpg

乗組員たちはデッキで魚釣りをしたり、囲碁のようなゲームをしたり。
で、イクエとケンゾーはと言えば・・・。

a_DSC_0121_20130801034934482.jpg

ひたすらブログを書き溜める。
ふたりとも追い込まれないとやれないタイプ。
「ブログ書くのめんどくさい」「きょうは疲れたからいいや」って思う日が多くて3週間分くらいの日記がたまっている。
ホテルに閉じこもって執筆作業に集中する作家になった気分でもくもくと書いて書いて書きまくる。

さらに、破けた服やバッグを修繕。

a_DSC_0122_20130801034800d17.jpg

スリランカでイクエが買ったパンツも早くも穴だらけになっているので、ゴムがのびきって使えないほかのパンツを切って継ぎはぎ。
外れていたサンダルのストラップも縫い付ける。

a_DSC_0123_20130801034823294.jpg

日本だとこんな細かい作業は絶対やらない。
時間と労力を考えると買ったほうが早い。
でも、旅行中は直せるものは直す。
無駄な出費をしない。

この裁縫、とっても時間がかかる。
なんせ、糸から作ることにしている。
いらなくなった服やタオルをほどいて、糸だけ抜き取る。
これはかなりいい時間つぶしになる!

a_DSC_0133_201308010348288aa.jpg

フェリーでの軟禁生活があと何日続くのかわからない。
計算しながら食料を食べていかないといけないんだけど、予定がたたないからどうしようもない。
とりあえず、お昼ご飯はカップラーメン。

a_DSC_0102_20130801035830497.jpg

夕食は魚の缶詰1つとスープとパン。
スープは粉をお湯で溶かすだけ。
物足りないけど、スープをたくさん飲んでお腹を膨らませようっと。

a_DSC_0138_2013080103482706b.jpg

アクタウは目の前なのに・・・。
フェリーはまったく進まないまま、2日目が終わった。

a_DSC_0146_2013080103483486d.jpg


3日目

暗い個室で目を覚ます。
時計を見ると、11時。

夜の11時?午前11時?
フェリー生活では時間の感覚がなくなる。

「ケンゾー、いま何時だと思う?」

ケンゾーを起こす。

時計を見たケンゾーも眉間にシワを寄せる。

「11時?
 どっち?」

デッキに出ると明るかった。
爆睡。
久しぶりの遅起き。

ケンゾーが言った。
「遅く起きたから、これで朝食の一食分がうくね。
 もうちょっと我慢すれば昼食やもんね。」

ブランチはロールケーキ。

a_DSC_0152_20130801034629f06.jpg


目が覚めたら、そこは港。

ってことを期待してたんだけど、船はまったく動いていない。
しかも、順番待ちのフェリーの数も減ってないってどういうこと!

船長にいつになるか聞く。
「トゥデイ?」

「ノー!」

「トゥモロー?」

「・・・。
 メイビー」


なんで、港の順番待ちをこんな長い時間せんといけんとかねぇ。
飛行機みたいにそれぞれ時間をずらして着陸するみたいに、効率よくやれんとかねぇ?
大海原だったら、目的地に着くのに予定日より1日か2日ずれるってのはあるかもしれんけど、ここはカスピ海。
波もほとんどないし、走行距離もそれほどないし、港に着く時間くらい読めるやろ!
うまく連絡を取り合って調整して出港時間をずらせば、無駄に順番待ちなんてしなくていいのに。

ってふたりでいいあったところで、どうにもならない。

すでに出港から48時間経過。
フェリーの個室にバスルームがついているのがせめてもの救い。
バッグやカメラケース、帽子。
普段洗わないものもこの際洗っちゃえ。

ケンゾーは「バックパックも洗おうかな」って言うけど、それはリスクが高過ぎる。
急に「よし今から着岸するぞー」って言われたら、急いでパッキングしないといけないもん。

暇を持て余したケンゾーも、糸を作る作業に集中し始めた。

a_DSC_0155_201308010346414e8.jpg

3日目の夕食はサーモンの缶詰とパンとスープ。
もちろん缶詰はふたりでひとつ。
まさか33歳にもなって、こんな過酷な旅をやることになるなんて思ってもなかった。
まあ、自分で好んでやってるんだけど。

『33歳になったら自分が好きな仕事をしていて、お金持ちのだんなさんがいて、子どもをふたりくらい育てて、週末には家族で外食して・・・』

そんなことを思い描いていた若かりしころの自分に教えてあげたい。

『33歳のあなたは住所不定無職で重いバックパックを担いで貧乏旅をしていて、破けた男児用パンツを継ぎはぎして使っていて、カスピ海のフェリーで軟禁生活をして、稼ぎのないだんなさんと缶詰ひとつを分け合いながら食べてるよ』って。

変わらない景色のなか、きょうが何日目なのかわからなくなる。
そして、意外と1日はあっという間に過ぎていく。
入院生活みたいだな。

えーっと、いまは3日目の夜か・・・。
おやすみなさい。


4日目

期待をせずに迎えた朝。
案の定、フェリーは同じ場所に停泊したまま。
でも、3隻あった船が1隻減っている。
着実に、でもゆっくりと、わたしたちの番が近づいている。

a_DSC_0161_201308010346593ee.jpg

出港から72時間。
毎日体を動かさない生活。
どこも悪くないはずなのに、ほんとうに入院していた人みたいに体がなまっている。
船が港についた時、歩けるかな。
バックパックを担げるかな。

昔、豪華客船を取材したことがあって、そこにはウォーキングマシンなんかが置いてあるジムの部屋があった。
「わざわざ豪華船旅を楽しんでいるときに、ジムなんてもったいない。ばっかみたいだなあ」って思ってたんだけど、今ならわかる。
これは体動かさないとダメだ。

わたしたちが泊まっているのはあいにく豪華客船ではない。
だってここは貨物船。
でも、ここにはひろーいスペースがある!

a_DSC_0169_20130801034516dcd.jpg

船の3分の2には荷物ごと貨物列車が積まれている。
その上のデッキを一周するとおよそ250メートル。
4周で1キロのウォーキング。
午前と夜、2キロずつ歩く。

a_DSC_0168_201308010347004d9.jpg

ケンゾーははしごを使ってエクササイズ。

a_DSC_0173_20130801035839026.jpg


いつものように缶詰とパンとスープのディナー。
一番お腹にたまるのはパン。

このパンが無くなったら、アウト。
大事に少しずつ食べてきたから、パンはもう少し余っている。

だけどその肝心のパンがー。

「うっわああああーーーー!

 カ カー

 カビが生えてる!!


a_DSC_0176_20130801034547dbb.jpg

せっかく少しずつ食べてきたのに。

幸いにもカビの魔物に取り憑かれていないパンが残っていた。
これが最後の食材。

明日の朝には着岸することを信じて、豆の缶詰といっしょにいただきます。

a_DSC_0179_20130801034549f2b.jpg


5日目

夜明け前から乗組員たちが騒がしい。
もしかしてー

a_DSC_0185_20130801034555cc7.jpg


「トゥデイ?」

「イエス!」

ううううおおおおお。
テンションが一気に上がる!!

久しぶりに聞くエンジン音。

いつも遠くに見えていたアクタウの港が徐々に迫ってくる。

a_DSC_0190_20130801034355ee6.jpg

a_DSC_0196_20130801034407f39.jpg

この4日間ほとんど何もせずに魚釣りやゲームをしていた乗組員たち。
初めて乗組員らしい姿を見せてくれた。

a_DSC_0211_20130801034441c11.jpg

着岸した港で、フェリーからの4回目の朝日を眺める。

a_DSC_0199_201308010344133b7.jpg

早く降りようとうずうずしていたイクエとケンゾー。
でも、なかなか降ろしてくれない。

朝早いから、入管の受け入れ態勢が整っていないようす。

船から脱出できたのはそれから4時間半後の午前11時過ぎ。

やっと
やっと
やっとーーーー。

久しぶりに担ぐバックパック。

a_DSC_0214_20130801034417d94.jpg

カスピ海のフェリーで軟禁されていた時間はー。

93時間。

アゼルバイジャンで出国のスタンプを押されて、カザフスタンで入国のスタンプを押されるまでにかかった時間はー。

95時間30分。

この世界一周で何度も国境越えをやってきたけど、こんな長い国境越えは初めて。
きっとこれからの旅でもこの記録は更新されないだろう。

忘れられない国境越え。

でも、有意義な5日間だったとは言えない。
4泊5日なら日本からアジアやハワイなんかへ海外旅行いけるし!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから! 

国境越えは陸路?空路?海路? いえいえ湖路よ!

2013.08.04 05:43|アゼルバイジャン☞EDIT
おかあと合流し、日本から持ってきてもらった肌用のカミソリで眉毛を久しぶりに整えたら、出血したイクエです。
海外では女性が使うまっすぐなカミソリがなかなか売ってなくて、T字型のしかないんだよねー。

イクエとケンゾーがなぜ、わざわざアゼルバイジャンに来たのか。
それはコーカサス地方から陸路でも、空路でも、海路でもなく、湖路で中央アジアへと向かうため。
そう、世界最大の湖カスピ海を渡って国境越えをするのだ~!
湖だけどカスピ「海」っていうくらいなので、向こうの岸辺なんてまったく見えない。
ほんとうに海みたい。

a_DSC_0695_20130723224913.jpg

本当はアゼルバイジャンからトルクメニスタンにぬけたかったんだけど、トルクメニスタンのビザを取ることができなかったので、カザフスタンのアクタウを目指す。

アクタウ-2

でも乗るフェリーがクセものなのよ。
フェリーというより、ただしくは貨物船
しかも不定期便。
「貨物といっしょについでにわたしたちものっけてくれませんか?」という感じでのっけてもらうのだ。

出港日も出港時間も当日にならないとわからない。
人をのっけるスペースがあるのか、のっけてもらえるのかも直前でないとわからない。
運が悪ければ1週間くらい待たないといけないんだって

こりゃ、長期戦だ。
そう覚悟を決めていたら
宿の人が「きょうは出港するかもよ」と教えてくれた。
さいさき良い〜 ♪

朝からチケット売場に行ってみる。
チケット売場って言ったってね、一般の人が行くような場所じゃないんだよ。
すごくわかりにくいらしい。
地元の人が教えてくれた。

「公園を過ぎてすぐを右に曲がる」

ポートバクーパークという公園の前を東に進むと、曲がり角が見えてきた。

「ねえねえ、ここ曲がるっちゃない?」

イクエの言葉を無視するようにケンゾーは歩き続ける。
「ケンゾーってば! ここ曲がるんやない?」

「いや、ここじゃないやろ。」

「とりあえず、見てくるよ。」

ケンゾーは不満そうな顔をしてイクエのあとをついて来る。
「こんなところに無いやろ。」ってぶつぶつ言いながら。

みなさん、どう思います?
トラックが出入りしているこの先にチケット売場はあるのでしょうか。

a_DSC_0039_20130723224423.jpg

それがね、ありましたよ。
チケット売場なんて名前で呼べないような建物が。

a_DSC_0468_20130723224912.jpg

室内には英語をしゃべれないおばちゃんひとり。
単語を並べて「フェリーでカザフスタンに行きたい」って言うのを伝える。

a_DSC_0041_20130723224424.jpg

幸運なことに、きょうの午後フェリーが出航するらしい。

「午後3時にここに荷物を全部もって来なさい。
 チケットはそのときに売ってあげる。」
バッグを背負うようなジェスチャーで伝えるおばちゃん。

急がないと!
宿に戻ってさっそく荷造り。
フェリーにどのくらい乗らないといけないのかわからないけど、長ければ2泊3日くらいかかるらしい。
だからとりあえず3日分の食料が必要。
アゼルバイジャンのお金が余ってもしかたないので、お財布の中身とにらめっこしながら缶詰やパン、カップヌードルを買い込む。

バックパックに食料や水。
めちゃくちゃ重い荷物を持って、夕方ふたたびおばちゃんのところへ。

するとおばちゃんが言う。

「ニェート!!」

ニェ、ニェート!?

ニェートってのは、「ねぇよ」ってこと。

フェリーの乗客の定員は11人で、もう人数に達したから乗せられないんだって

わたしたちの失望した顔を見て、おばちゃんが船長に電話してくれた。

頼むよ、おばちゃん。
どこでもいいから乗せてちょうだい!
荷物もって炎天下のなか、ここまで来たんだよ。
食材も買い込んでるし、アゼルバイジャンのお金ももう使い果たしたんだよ。

「個室は無くても余ってるスペースでいいから乗せてあげて」って頼んでくれるおばちゃんに船長の答えは「ニェート」。
きょうに限って、複数の欧米人チャリダーが乗船するから載せる自転車も多くて空きスペースもないんだって・・・。

a_DSC_0045_20130723224425.jpg

3日分の食料と荷物を持って、足取り重く、あの激高足臭ホテルに戻る。
ホテルからは船に乗る欧米人チャリダーたちが出て行ったので足臭はほぼ消えていた。

きょうのフェリーに乗り損ねたアメリカ人チャリダーとともに、このホテルの唯一の利点、Wi-Fiでネット。
「あしたフェリーが出ればいいけど、今日出港したから明日はないよねえ」
「うん、そう思う。
 早くてもあさって以降だよね・・・。」

a_DSC_0050_20130723224426.jpg

次の朝。
アメリカ人と話しながら、インスタントコーヒーをすすっていると寝ぼけ眼の宿のおばちゃんが2階から顔を出した。

「あんたたち、何やってるの!?
 きょうフェリー出港するみたいだよ。
 あと1時間後だから、早く急ぎなさい!!」

ええー!
もう出港するの?

急いで荷物をまとめてチケット売場へ。
時間は未定だけど、やっぱりきょう出港するんだって!

とにかく乗れる ♪
チケット代はけっこうお高くて90マナト(約11000円)。
出港を待つためのアゼルバイジャンでの滞在費も含めると、飛行機のほうがかえって安かったかも・・・。
(逆コースでカザフスタンからアゼルバイジャン行きのチケットを買うと若干安いかも。)

待合室に向かう。
いや、「室」じゃないな。
ドアも窓もない待ち合い「スペース」。

a_DSC_0054_20130723224428.jpg

すると、そこにいた現地の人たちがいっせいにこっちを見た。
「オオ~! イポーン(日本)!!」

あれ?
みんなまだいるの?

実はこの人たち、きのうもここにいたメンバー。
フェリーでトルクメニスタンに行きたいんだけど、船が出航せずにここで待ちぼうけ。
なんと、ここに寝泊まりしながらすでに3日が過ぎている!!

まだ3歳くらいの小さな子どももいるんだよ。
ここを離れず、みんなでここでご飯を食べて、一日何もせずにただフェリーが出港するのを待ちながら、この細いベンチに横になって夜を明かしている。

「いったいいつ出るの?」「何日待たせるの?」って文句を言いたいところだけど、貨物船に乗せてもらう身。
文句は言えない。

そこにはスイスからバイクで大陸を横断しているカップルもいた。
彼らはトルクメニスタンのトランジットビザを持っているけどビザの有効期限はたったの5日間。
フェリーの出港が遅れればトルクメニスタンに滞在できる日にちがどんどん削られる。
最悪の場合は、出港を待っている間にビザの期限が切れてしまうことだってありえる。
恐ろしや、カスピ海の国境越え。

3日間こんな環境の悪い待ち合いスペースで待機しているにもかかわらず、一足先にカザフスタンに向かうイクエとケンゾーに現地の人は笑顔で手を振ってくれた。

大量の食料をもって、いざ貨物船へ。
こんな貨物の港で人間の出国手続きはできるのかなあ。

a_DSC_0056_20130723224543.jpg

小さくて粗末な建物。
一応空港みたいに荷物をスキャンしてチェック。
パスポートを見せてカメラで顔を写されて、出国スタンプを押される。

a_DSC_0057_20130723224544.jpg

出国手続きをする外国人はイクエとケンゾーとアメリカ人チャリダーの計3人だけなのに、職員は8人くらいいた。
船がでない日だって多いのに、スタッフが多すぎ。
8人中4人くらい机に突っ伏して寝てたけどね。

フェリーに近づいていく。
湖での国境越え。
ワクワクしてきた。
フェリーは下から見るとずいぶん大きい。

a_DSC_0060_20130723224546.jpg

どこから乗り込むのかわからなくてウロウロしていたら、デッキから乗組員に声をかけられた。
「こっちにあがってこい」

こっちにあがってこいっていったって、客船じゃないしどっから入ってどこからデッキにあがればいいのやら。
貨物列車の脇を通る。

a_DSC_0063_20130723224548.jpg

なんでフェリーなのに列車なのかというと・・・。
こんなふうになってるから。

a_DSC_0081_20130723224631.jpg

フェリーの後方3分の2のスペースにはレールが敷かれていて、貨物列車ごと搬入されている。
両サイドの丸い貨物にはガソリンって表示されているから、ガソリンなんかもこのフェリーでカザフスタンへと輸出するみたい。
こりゃ、完全な貨物船。
デッキにベンチもないしわたしたちの乗るスペースってあるの?

と思っていたら、ちゃんとした個室を提供してくれた♡

a_DSC_0065_20130723224549.jpg

この船はクロアチアで造られたものらしく、まだ真新しい。
なんとなんと、個室にはきれいなシャワー室もある ♪
しかもばっちりお湯がでるシャワー!
あの足臭ホテルよりもかなりいい環境だ!

a_DSC_0066_20130723224626.jpg

唯一の欠点は窓がないこと。
窓ありの個室は乗組員が使っている。
しかもソファーまである。
そして船長の部屋は大きくて、りっぱな書斎までついていた。

操縦席には自由に出入りすることができる。
みんなフレンドリー。

a_DSC_0071_201307232246299ab.jpg

a_DSC_0070_20130723224628.jpg

このさっぱりしたケンゾーの髪。

これまでドミトリーで生活していたイクエとケンゾー。
久しぶりの個室だから、この機会に伸びていたケンゾーの髪をイクエがカット
イクエのカットの腕もあがってきたなあ。

いやあ、快適な個室が使えるし、フェリーでの国境越え、楽しめそうだな〜。
食材も余裕をもって3日分買ってきたから食べ物に困ることもない。

a_DSC_0068_20130723224628.jpg

海風、ちがった、湖風が心地いい。
きれいな個室でゆっくり寝て、うまくいけば明日にはカザフスタンに着く。
しゅっぱ〜つ、しんこう〜 ♪

a_DSC_0088_20130723224830.jpg

清々しい表情のイクエとケンゾー。

このときはまだ、知るよしもなかった。

ふたりがこれから〇日間、フェリーに軟禁されることを。
そして、ふたりに食料危機が押し寄せることを・・・。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから!