Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別記事
最新コメント
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

見てくれてありがとう!
メールはこちらから ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
ふたりのお勧め旅グッズ










ふたりの旅も大詰め。あともうちょっとだけおつきあいお願いします!

 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ふたりでふらり」はブログランキングに参加中!
1日1回のclickが順位に反映されます。
ぜひポチッと応援お願いします ♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

じいちゃんはかわいいのが一番

2013.10.17 06:28|トルコ☞EDIT
丸投げのケンゾーと違ってようやくカウチサーフィンの使い方をマスターしてきたイクエです。
イランでのホームステイ先を探してるんだけど、こっちからお願いせずともどんどんご招待が来ています!
イラン編でお楽しみに♡

さて、いよいよトルコ最後の場所であり、イランとの国境の街ドウバヤズットを目指すイクエとケンゾー。

ドウバヤズット

あまり「沈没」(同じ宿に長期滞在すること)をしないイクエとケンゾーだけど、このクルドの街に居心地の良さを感じて、一週間くらいいたい気分になっている。

チェックアウトのとき「あ~あ、まだほんとうはいたかったのに・・・」とケンゾーにつぶやくと「ええっー!! いまさら!? そんなこと言われたら・・・。じゃあ、きょう行くのやめる?」とあきれて言われるも、後ろ髪引かれる思いで宿を後にした。

だって、イランが待ってるもんね。
それにきょう行くドウバヤズットの街だってクルドの街だからきっと気に入るはず。

歩いてドルムシュ(ミニバス)乗り場へ。
ワンからドウバヤズットまではおよそ2時間半。

a_DSC_0450_20131014202913b4c.jpg

ワン湖を囲むように、舗装された道路が続く。
ワンに来るときもワン湖のほとりをバスで通ったけど、そのときは自分の体の限界に挑戦していたので、風景を楽しむ余裕がなかった。
心に余裕があると、見える風景もずいぶん雄大に見える。

a_DSC_0457_20131014203132eb4.jpg

ドウバヤズットに近づいてくると、存在感のある山が見えてきた。
標高5137メートルのアララト山(アール山)。
この山を見るのは2回目。

a_DSC_0469_201310142040212e5.jpg

聖書ではノアの方舟がこのアララト山にたどり着いたとされている。
ドウバヤズットからアルメニアまではわずか50キロほど。
そのアルメニアはキリスト教徒の国で、3か月前にアルメニアのエレバンを訪れたときもアララト山がよく見えた。
アララト山があるのは今ではトルコ領だけれど、アルメニアの国章にもアララト山はデザインされていてアルメニア人の心の拠り所になっている。
複雑な事情をもつ山。

そんな車窓を見ながら、ドウバヤズットの街に到着。
ここにも、あの山がそびえる。

a_DSC_0486_2.jpg

安いホテルを求めて、街をさまようイクエとケンゾー。

見て!この巨大キャベツ。
なぜかこの街ではこの巨大キャベツが出回っている。
日本のキャベツの10倍くらいはありそうな大きさ。

a_DSC_0476_20131014202926c93.jpg

値段を聞きながら歩き回るも、なかなか安い宿が見つからず気分が滅入りそうになったとき、隣に欧米人の若い女の子を連れた(いかがわしい)現地のおじさんに英語で話しかけられた。
「安宿を探してるんです」っと言うと、「そこまっすぐいって右に曲がるとヤーラってホテルがあるから」と勧められた。
(このおじさんは、ツアー会社を経営している。
気持ち悪いくらいフレンドリーに話しかけて、晩ご飯やお酒をおごると誘ってくる。
そして「わたしのオフィスでお茶を飲みながらお話ししよう」と言う。
たぶん高額のツアーを組まされるはず。
イクエとケンゾーはご飯の誘いに乗ろうとしたけど、ツアー会社の経営者とわかってから関わらないようにした。)

a_DSC_0502_20131014204029ded.jpg

おじさんはいかがわしかったけれど、このホテルはスタッフのおっちゃんたちも優しいし、Wi-Fi付きで35リラとオススメ。

a_DSC_0477_20131014202919126.jpg

そして、このホテルにはもうひとつのメリットがある。
それは、チャイを飲めるということ♡

このホテルにはフロントがない。
チャイ屋兼ホテル。
ホテルに入るときも出るときも1階のチャイ屋を通らないといけない。
かならず客やスタッフのおっちゃんたちから「チャイ飲んでけ~」と言われてごちそうになる。

a_DSC_0482_20131014204148d5f.jpg

チャイ屋の椅子に座っているオーナーらしきおじいちゃん。
何時間も、大きめの砂糖を専用のカッターで切って角砂糖を作り続けている。
このおじいちゃんが一番「チャイ飲んでけ~。おかわりもしなさい。」と言う。

a_DSC_0509_201310142034367e4.jpg

ワンの街と同じく、この街もなんかいい ♪
ほどよく都会で活気があって、でも下町みたいに人情味であふれていて。

a_DSC_0613_201310142032019c8.jpg

かわいくて明るい子どもたちがたくさんいる街も好きだけど、わたしは「じいちゃんがダンディーでかわいい街」というのがどうも好きなようだ。

a_DSC_0499_20131014203731728.jpg

このじいちゃんなんて、バイクにたくさんの造花をつけて颯爽と走っていたよ。
ちなみにサイドカーには孫と思われる男の子。
ダンディズムとかわいさの同居。

イスタンブールやパムッカレ、カッパドキア・・・。
トルコはたくさんの見所があって誰でも楽しめる観光大国だと思うし、みんなにお勧めできる国だけど、今までなんかしっくりこなかった。
だけど、東部を旅してトルコがしっくりくるようになった。
最後の最後に、トルコに愛着をもつなんて。

でも、もうすぐここともおさらば。

トルコ料理も食べ納め。

a_DSC_0512_20131014203443b77.jpg

特大ミートボールがご飯に載っているアブディギョル・キョフテ。
ロカンタ(トルコのレストラン)ではおなじみのパン食べ放題ともおさらばだ。

a_DSC_0514_2013101420344668b.jpg

トルコのスウィーツやフルーツも買って、部屋で食べ納め。
いちじく、ざくろ、メロン(と言われたけど甘さゼロのキュウリ)。
静物画みたい。

a_DSC_0505_2013101420373453c.jpg

ただこの街にいて、歩いて、出会う人にあいさつして、チャイ飲んで、おいしいものを食べて。
それだけでじゅうぶん心が満たされる。
だけど「観光地」にも行ってみることにした。

街から少し離れた山の中腹に建つイサク・パシャ宮殿。

a_DSC_0608_20131014203234973.jpg

当時の知事イサク・パシャが1685年から造りはじめ、99年後にできたんだって。
完成したのはイサク・パシャの孫の時代の1784年。

a_DSC_0578_201310142033126a2.jpg

宮殿の近くに、崖と溶け込むように存在している要塞。
そして、土台を崖の斜面に埋め込まれたようなモスク。

a_DSC_0534_2013101420344675b.jpg

a_DSC_0535_20131014203452238.jpg

このモスクは青や緑の鮮やかなタイルで飾られてはいない。
ベージュや茶色を基調とした、不規則な石の組み合わせ。
ここから近いアルメニアの教会の造りとそっくり。

a_DSC_0610_20131014203235da9.jpg

イサク・パシャの宮殿にも、モスクがある。
そのほかハーレムやお風呂場、調理場、牢獄、レセプションホール・・・。

a_DSC_0545_20131014203341d90.jpg

淡い色の石。
豪華な装飾はないけれど、気品がある。
差し込む太陽を受けた石は、なめらかな光沢を放つ。

あのポーズをしたら「なんそれ?」とケンゾーに言われた。

a_DSC_0564_20131014203349141.jpg

宮沢りえの『サンタフェ』のポーズを真似したんだけどね。
アラフォーのケンゾーはわかってくれると思ったんだけどね。

今思うと宮沢りえすごいよね。
あの写真集が出版されたとき、まだ18歳だったんだよ。
今で言うAKBで上位の子が、ヘアヌード出すみたいなもんだね。
それを許した社会もすごいね。

a_DSC_0599_20131014203253e5e.jpg

崖の上に立つ宮殿。
大きなテラスがあって、風を受けて外を眺めているだけで気持ちがいい。

a_DSC_0571_201310142033543dc.jpg

かつての壮麗な宮殿のテラスからは、昔とほとんど変わらない人々のつつましい生活が垣間見える。

a_DSC_0581_20131014203316ae2.jpg

なんで景色がいいところでいつもケンゾーはストレッチをしたがるのかな。

a_DSC_0586_20131014203319392.jpg

イクエも真似してみた。
ケンゾーに「えぇぇ! かったい!」って笑われた。

そうかな。
自分ではかなりがんばって限界まで体を曲げてるように感じてたんだけど・・・

写真で見ると、ひどいね。

a_DSC_0587_201310142032528ee.jpg

こんなんじゃダメ。
だって、もうすぐあのイランに行くんだから。
さあ、あすからいよいよイラン偏。

待ってろよ!イラン。
待っててね!読者のみなさま。


【旅 info.】
  ドウバヤズット イサク・パシャ宮殿a_DSC_0561_2013101420313764c.jpg
ドウバヤズットまではワンからドルムシュで2時間半。
運賃1人20リラ。
街にはホテルやネットカフェ、レストラン多数。
イサク・パシャ宮殿は市街地からおよそ5km。
山の中腹に建つので行きはドルムシュ(1人3リラ)に乗ったほうが楽。
入場料5リラ。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから! 

ミャンコとワンコ

2013.10.16 05:54|トルコ☞EDIT
イスラーム国では受けがいいのでヒゲを伸ばしはじめたケンゾーです。
どこまで伸ばそうかな。

ここワンにはその名も「ワン猫」という有名な猫がいるらしい。
なんでも目の色が左右違うんだって。
猫よりも犬派のケンゾーだけど(日本にチワワの「ほたて」を残してきている)、動物好きとしては見てみたい。
ちなみにこれが「ほたて」です↓

a_IMG_1254.jpg

a_IMG_1356.jpg

今では数が少なくなってきているのか、ユズンジュユルという大学で保護・繁殖を行っている。
誰でも見学可能なので行ってみることに。

カンピュス行きのドルムシュで終点のユズンジュユル大学へ。
校舎の入口にいる警備員に「ワン猫」を見たいと言うも、英語がまったく通じない。
イクエが手を招き猫みたいにして「ニャ~オ、ニャ~オ」って言うと、「ああ!ミャ~オ!」って分かってくれた。
トルコでは猫はニャ~オじゃなくてミャ~オなのかな。

a_DSC_0263_20131008015514d4c.jpg

ワン猫は校舎とは別のところにいるみたいだ。
警備員が身振りで「まっすぐ行って左」と教えてくれた。
どこで左に曲がるかはビミョーなんだけどとりあえず歩いていってみる。

しばらく歩いたけど、やっぱりどこで曲がるのか分かんなくなった。
道端で作業をしているおじさんに聞いてみることに。
「ニャオ?」って言ってみたら、「ミャオ!」って言い直して分かってくれた。
間違いない、トルコでは猫はミャ~オだ。
「ニャンコ」じゃなくて「ミャンコ」だな。

ワン猫がいる建物はとても立派だ。
政府も援助しているのかな。

a_DSC_0265_20131008015505932.jpg

さあワン猫はどんなミャンコかな?
ケージの中に・・・
いたいた!
真っ白な猫だ!

a_DSC_0266_20131008015517e54.jpg

a_DSC_0267_20131008015516298.jpg

柵に近づいていくと猫のほうから寄ってくる。
かなり人懐こい。
どんな目をしてるのかな?

a_DSC_0273_20131008015510ce4.jpg

おおー!
右がブルーで左がイエローだ。
なんだか神秘的だねえ。

目の色のバージョンは色々あるようだ。
こいつは右がイエローで左がブルー。

a_DSC_0330_20131008015634fe7.jpg

全部のワン猫が目の色が違っているとは限らない。
みたところ半分は両目が同じ色でぱっと見ふつうの白猫だ。
両目とも同じ色だったらついつい「あー、こいつダメなやつ」なんて可哀想なことを言ってしまう。
ごめんごめん、ちょっと期待はずれだけどかわいいから許してやろう。

a_DSC_0306_2013100801560641a.jpg

a_DSC_0303_20131008015557c9c.jpg

a_DSC_0305_20131008015608e0a.jpg

ちぎった草を顔の前で動かすと・・・
寄り目になってブサかわいい。

a_DSC_0318_20131008015617dcd.jpg

a_DSC_0315_2013100801560212a.jpg

あれよあれよという間にいっぱい寄ってきた。
かなり人懐こいなあ。
まったく動じずに爆睡中の猫もいたけど。

a_DSC_0325_201310080156483f3.jpg

a_DSC_0337_20131008015638456.jpg

a_DSC_0341_20131008015643472.jpg

建物の中には、ちっちゃいのがいっぱいいた!
無邪気でかわいい。

a_DSC_0354_201310080157248e7.jpg

a_DSC_0365_201310080208548eb.jpg

目が金網でつぶれてるよ!
必死すぎ!

a_DSC_0362_20131008020902e5a.jpg

ちょっと人相(猫相?)が悪いやつもいる。
ちっちゃいのにふてぶてしい顔してるよね。

a_DSC_0373_20131008020902298.jpg

a_DSC_0370_201310080208543c8.jpg

そして、まだ産まれて間もないちびっ子たちがいた。
眠そうなお母さんの周りではしゃぎまわる子猫たち。

a_DSC_0347_20131008015716aa0.jpg

a_DSC_0345_20131008015645a7d.jpg

a_DSC_0348_201310080157174ad.jpg

「DINNING ROOM」と書かれた部屋にはずらっとエサが並んである。
猫って同じ場所でしか食べないのかな?
それとも、その日の気分で選ぶのかな?

a_DSC_0368_20131008020910cc9.jpg

さっきの子猫の部屋をのぞいたら・・・
おっぱいを飲んでた。
重なりあって必死に飲んでる。
下の子は潰れてんじゃないの?
お母さんはそんなのお構いなしに寝ちゃってるけどね。

a_DSC_0381_2013100802043377b.jpg

最後に全国の肉球ファンのために、プッニプニの肉球をどうぞ!

a_DSC_0378_20131008020603f1a.jpg


さあてかわいいニャンコ、いやミャンコに癒やされたあとは、ワンコだ。
といっても犬じゃなくて、ワンのシンボル「ワン湖」です。湖です。

ワン湖はトルコ最大の湖、琵琶湖のおよそ6倍の大きさだ。
ワン・ジャナーヴァルという巨大生物が棲息しているとかいないとか。

ワン湖のほとりには紀元前9~6世紀に栄えたウラルトゥ王国が築いた「ワン城」の跡がある。
このワン城跡がワン湖に沈んでいく夕陽が眺められるサンセットポイントだそうなので行ってみることに。

a_DSC_0387_2013100802094000b.jpg

現在はほとんど廃墟となっているけれど、上から見るワンの街並みはなかなかいい。
山と緑に囲まれた街なんだね。

a_DSC_0392_20131008021015459.jpg

a_DSC_0390_2013100802105512b.jpg

a_DSC_0399_20131008021013275.jpg

肝心の夕陽は・・・

a_DSC_0402_20131008021041cf8.jpg

a_DSC_0405_2.jpg

おおー!
西の空と湖面が黄金色に染まってる。
きれいだね。
多少イヤなことがあっても、こんな夕陽を見たら「まいっか。また明日があるさ!」って気になるね。

刻々と変わっていく空の色。
最後に真っ赤に空を燃やしながら太陽は沈んでいった。

a_DSC_0418_20131008021146d4d.jpg

a_DSC_0419_20131008021156b1f.jpg

あしたはトルコ最後の街ドウバヤズットだ。
いよいよイランが目の前に迫ってきた。
あしたもお楽しみに!


【旅 info.】
  ワン猫・ワン城跡a_DSC_0356_201310080216103e2.jpg
ワン猫見学はカンピュス行きのドルムシュで終点のユズンジュユル大学へ、1.5リラ。
ドルムシュを降りたら人に「ミャ~オ?」と聞けば場所を教えてくれる。
見学料は1リラ。
ワン城跡へは「Kale」と表示のあるドルムシュで、1.5リラ。
無理矢理案内してガイド料をねだる子どもたちがいる。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから!