Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別記事
最新コメント
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

見てくれてありがとう!
メールはこちらから ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
ふたりのお勧め旅グッズ










ふたりの旅も大詰め。あともうちょっとだけおつきあいお願いします!

 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ふたりでふらり」はブログランキングに参加中!
1日1回のclickが順位に反映されます。
ぜひポチッと応援お願いします ♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

金を買いまくるドバイ人 そして出稼ぎ労働者

2013.06.11 06:00|アラブ首長国連邦☞EDIT
すっぴんのまま鏡をふと見たら自分の老け方にビックリして、きのう急いで顔パックをしたイクエです。
ケンゾーいわく「旅に出てお互い老けたけど俺は髪にきていて、イクエは肌にきている」そうです。

リッチカントリー・ドバイ。
ドバイっていうと何をイメージしますか?
高層ビルや高級ホテル、ビーチリゾート、現実離れした夢のような生活。

でも、そんなドバイでも人々は日常生活を送っている。
きょうはそんなドバイの日常をお伝えします。

ドバイの中心部に流れる川、ドバイクリーク。
この川を境にドバイはふたつの顔をもつ。

アップタウンとダウンタウン。

a_DSC_0037_20130609172326.jpg

世界一のタワー「ブルジュハリファ」や7つ星の超高級ホテル「ブルジュアルアラブ」、世界最大のショッピングセンター「ドバイモール」があるのはクリークの南側の方。
「バールドバイ」と呼ばれている。

いっぽう北側は「デイラ地区」と呼ばれ、外国からの出稼ぎ労働者が住んでいる。

a_DSC_0065_20130609172328.jpg

クリークには渡し船が行き交っている。
イクエとケンゾーのホテルはバールドバイ側にあったので、歩いて川岸まで行き、渡し船でデイラ地区に行くことにした。
川向こうに行くのに、運賃1DH(約28円)。
リッチカントリー・ドバイとはいえ、庶民の足は手頃な値段設定。
地元の人たちに混じり、船の上からドバイの街並みを眺める。

a_DSC_0150_20130609173545.jpg

a_DSC_0145_20130609173541.jpg

デイラ地区の川岸には、今にも沈みそうな木造の船がたくさん係留されている。
大荷物を積めるだけ積み込んでいる。
船は今にも沈みそう。

a_DSC_0147_20130609173544.jpg

船に積んでいるのは、冷蔵庫や洗濯機などの電化製品。
ソファなんかの中古の家具。
どこに運ぶのか聞いたら、イランなんだって。
一晩で着くみたい。
物であふれたドバイの人たちが捨てた電化製品や家具はまだ使えるから、隣国に運んで再利用されるんだろうな。

a_DSC_0149_20130609173543.jpg

クリークの南側に比べたらデイラ地区は高層ビルの数は少ないけれど、それでも立派な道路が整備されていて真新しい建物が多い。

a_DSC_0066_20130609173539.jpg

ロータリーの真ん中には時計塔。
アラビア数字の時計に、違和感というか新鮮味を感じる。

a_DSC_0071_20130609172332.jpg

a_DSC_0068_20130609172333.jpg

文字盤だけでなく、時計の上のロゴに思わず「おぉぉ〜」と声をあげる。
高級ブランド「オメガ」。
さすが、リッチカントリーだけあるわ。

ドバイには「スーク」と言われる市場、商店街がある。
香辛料を売る「スパイススーク」。
布や織物を売る「テキスタイルスーク」。
そして、有名なのが金のアクセサリーを売る「ゴールドスーク」。

何百もの貴金属店が軒を連ねる。
こんなにいっぱいあって、需要はあるの?って思うんだけどあるんです!

a_DSC_0128_20130609175522.jpg

a_DSC_0130_20130609175523.jpg

地元の人たちが次から次にお店に入っていっては品定め。
「ちょっと金でも買いに行きましょうか」って気軽な感じでショッピングを楽しんでる感じなのだ。
やっぱり、お金持ちなのね〜!!

a_DSC_0131_20130609175526.jpg

a_DSC_0134_20130609175527.jpg

ドバイの人口の8割から9割が外国からの出稼ぎ労働者と言われている。
むしろ生っ粋の「ドバイ人」は少数派。
こういうところでショッピングを楽しんでいたり、高級車に乗っていたりする人たちのほとんどがイスラムの衣装に身を包んだ「ドバイ人」。
オイルマネーで潤うUAEの人たちはお金持ちだ。
(とはいっても、ドバイでは数年後に石油が涸れるそうです。
 なのでドバイは今、石油に依存せず観光業で潤うことを目指している。)

金持ちドバイ人がショッピングを楽しむ「金のスーク」のすぐ隣には団地のような建物が並んでいる。

a_DSC_0139_20130609175525.jpg

きっと、外国の出稼ぎ労働者がこういうところで暮らしているんだろうな。
彼らがここで手にする給料は彼らの故郷の水準に比べたら高いんだろうけど、ドバイの物価に比べたらきっと低賃金。
ここで暮らすのは楽ではないと思う。
狭い部屋に大勢で共同生活をして雑魚寝をして。
きっと生活費を安く抑えて、コツコツお金を貯めて一生懸命、家族に仕送りしてるんだろうな。

a_DSC_0140_20130609182324.jpg

リッチカントリー、ドバイ。
そこに住む大金持ちのアラブの人たち。
そして、その国を支える出稼ぎ労働者たち。

南北を隔てるこの川のように、両者の暮らしには大きな隔たりがある。

a_DSC_0174_20130609182325.jpg

たった数十年前は、ここに大きな街なんてなかった。
漁民や砂漠の民として生活していたアラブの人たち。
今のドバイを見ていると、少し前のドバイの様子が想像できない。

ドバイクリークの川岸には、伝統的なアラブの街並みが再現してある。

a_DSC_0196_20130609182327.jpg

昼も夜もあまりここに来る人はおらず、ひっそりとしている。

ドバイの過去みたいに、まるで忘れられた存在のように。

a_DSC_0221_20130609183552.jpg
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから! 

たった50円で未来都市ドバイを体感!

2013.06.10 06:28|アラブ首長国連邦☞EDIT
ツアーには参加せずにいつものように足を使って観光しているカッパドキア。
日焼けで顔が酔っぱらいのように赤くなっているケンゾーです。

ドーンとお金をかけて(ふたりにしては)デザートサファリを楽しんだ翌日。
今日からはまた、お金をかけずにドバイ観光。
まずはホテルからしばらく歩いてドバイミュージアムへ。
ここではおよそ30年で急成長したドバイの歴史を知ることができる。
入場料はドバイにしては安く3DH(約80円)。

a_DSC_0002_20130608063052.jpg

屋外には昔の家屋が再現されている。
昔の家はヤシの木と葉っぱで作られていたんだって。
風通しは良さそうだ。

a_DSC_0020_20130608063147.jpg

a_DSC_0019_20130608063140.jpg

屋内にはドバイの昔の生活が再現されている。
昔って言ってもたかだか30〜40年前のはなし。
ドバイで石油が見つかったのが1966年。
それまでは小さな漁村にすぎなかったドバイ。
石油発見後の70年代から急激に繁栄していった新しい都市だ。

リアルな蝋人形で再現された街は、まさにアラビアンナイトの世界。
あまりにもリアルで今にも動き出しそうだ。

a_DSC_0010_20130608063103.jpg

a_DSC_0012_20130608063106.jpg

a_DSC_0014_20130608063109.jpg

石油がまだない頃のドバイの主産業は、ダウ船と呼ばれる船の製造と真珠。
石油の発見とともに人々の生活も激変。
あれよあれよという間に世界に名だたる超近代都市へと変貌したのだ。

a_DSC_0017_20130608063149.jpg

a_DSC_0016_20130608063114.jpg

エアコンが効いて快適だったミュージアムのすぐそばには、伝統的なアラビアの街並みを再現しているバスタキア地区(無料)がある。
巨大な映画のセットみたいで撮影現場に迷い込んだよう。
洗練されたアートギャラリーやおしゃれなカフェもたくさんある。

a_DSC_0021_20130608063149.jpg

a_DSC_0023_20130608063155.jpg

a_DSC_0024_20130608063246.jpg

一画にはとても美しいモスクがある。
青空に映える純白のドーム。
玉ねぎ型でかわいい。

a_DSC_0028_20130608063234.jpg

a_DSC_0033_20130608063251.jpg

ドバイで何しよう?
お金ないよねえ〜。
何か楽しめることないかなあ〜。

そんなことをイクエと話していて思いついた遊び。
おすすめの観光スポット!
メトロ!
きのうもチラッと紹介したけど、ただ移動の手段として乗るのはもったいない。
ケンゾープレゼンツ「メトロで巡るドバイ摩天楼ツアー」に出発!

車窓からの景色を思いっきり楽しみたいのなら、ちょっとだけ手間をかけてみよう。
まず一度レッドラインの終着駅Jebel Aliまで行ってしまう。
駅に着いたら改札は通らずに反対のホームへ。
そして列車の先頭を確保!
といってもこの駅から乗る客はほとんどいない。
だけど、ケンゾーたちと同じことを考えている外国人客がいた。
カメラをもってみんなで陣取る。
仲良く、特等席を譲り合おう!

a_DSC_0080_20130608192650.jpg

さあ近未来都市ドバイを楽しもう。
スタートのJebel Ali周辺はな〜んにもない。
ドバイがまだまだ発展途上の都市なんだということがよく分かる。
かなたに超高層ビル群が見える。

a_DSC_0085_20130608063249.jpg

a_DSC_0082_20130608063244.jpg

なんだかへんてこな建物が見えてきた。
なんじゃこりゃ。
マンション?ホテル?
アトランティスもそうだけど、ドバイって真ん中に穴を開けるの好きだなあ。

a_DSC_0089_20130608063416.jpg

a_DSC_0094_20130608063420.jpg

a_DSC_0095_20130608063417.jpg

さあ高層ビル群が見えてきた!
あっ、ねじれビルのInfinity Towerだ。
まだ建設途中なんだけど、90度ねじれてるので有名。
なんでねじろうと思ったかねえ。

a_DSC_0104_20130608063419.jpg

a_DSC_0110_20130608063420.jpg

a_DSC_0111_20130608192650.jpg

世界一のブルジュ・ハリファも見えてきた。

a_DSC_0116_20130608063440.jpg

ここからはムービーを撮るのに夢中で写真を撮り忘れたので動画をどうぞ!



ドバイのメトロの初乗りはICカードを使えば1.8DH(約50円)。
これ鉄道ファンじゃなくても十分に楽しめる。
貧乏旅行じゃない人にも超おすすめ。
映画の中でしか見られなかった未来都市があなたの目の前に!

あしたはガラッと変わって、ドバイの下町編をお伝えします。
お楽しみに!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから!