Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別記事
最新コメント
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

見てくれてありがとう!
メールはこちらから ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
ふたりのお勧め旅グッズ










ふたりの旅も大詰め。あともうちょっとだけおつきあいお願いします!

 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ふたりでふらり」はブログランキングに参加中!
1日1回のclickが順位に反映されます。
ぜひポチッと応援お願いします ♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

絶景は?思い出は?旅でやってよかったことは?

2017.10.02 17:24|世界一周裏話☞EDIT
これまではバックパックで旅をしていたけれど、今度はリュックにヘッドライトやレインコート、ラジオなどを詰め込んで、災害のときの非常用持ち出し袋として玄関の近くに置いておこうと思っているイクエです。

3年5か月の旅のまとめは今回の記事で終わり。
7つのトピックについてまとめてみました。


Q、充実した日々を過ごせたのは?
A、JICAの隊員たちといっしょに過ごしたこと

単なる観光ではなく、その地域の人々の暮らしや文化に触れたいと出発前から思っていたイクエとケンゾー。
青年海外協力隊として活動している友人を頼って、バングラデシュの活動を見せてもらったのをきっかけに、アフリカ、南米、中米と隊員のところにホームステイさせてもらったり、活動を視察させてもらったり、現地の人と話す機会をもらったりした。
たくさんの隊員と知り合い、とても充実した滞在になった。

DSC_0057_20171002165057192.jpg

とくにアフリカでは、観光よりも隊員を訪ねる旅になり、観光では絶対に立ち寄らないような小さな村を訪れることもあった。
水やガスもないところで工夫しながら生活している隊員たちはとてもたくましかった。
現地の人たちともたくさん出会えたし、困っていること、抱えている問題を知ることもできた。

DSC_0042.jpg

驚くことや感心すること、学ぶことが多く、個人旅行ではなかなか味わうことのできない体験をさせてもらったなあと隊員たちにはとても感謝している。

一日一日がとても有意義だった。

IMGP1757.jpg


Q、夢みたいな日々を過ごせたのは?
A、ステレンボッシュでワインざんまい

南アフリカのワインの産地、ステレンボッシュ。
ブドウ畑が広がり、いくつものワイナリーがひしめいている。
ワイナリー巡りをして、おいしいワインのテイスティングをするのがここでの楽しみ方。
わたしたちはテントに寝泊まりしながら、数日間ワイナリー巡りをした。

DSC_2771_201710021653283a9.jpg

ワインの産地は世界中にありテイスティングができるところも多いけど、ステレンボッシュでのテイスティングは格安で、しかもワインがおいしい!!
ワインに合うつまみも出される。
ワイナリーの雰囲気も優雅でいい!
ブランデーやスパークリングワイン専門のワイナリーなどもあって、全然飽きない。

DSC_2799_20171002165329afe.jpg

美しいステレンボッシュとワインに酔う日々を思い出し、「あー、もう一度行きたいなあ」「幸せだったなあ」とつぶやき合うイクエとケンゾー。

他にもハンガリーのエゲル、美女の谷で、洞窟ワインセラー巡りをして、ワインを何杯も試飲してさらにペットボトルで格安ワインを買って部屋に戻ってからも飲み、さらに次の日も通い、そして温泉に、という日々も至福だったなあ。

DSC_0029_2017100216505254f.jpg

それとオーストリアのサトコさんの、地下に酒の貯蔵庫のある素敵な別荘に泊まらせてもらい、冷えた白ワインを日中からいただきながら絵のような窓の景色を眺めながらおしゃべり、というのも最高に幸せな時間だった。

DSC_0313.jpg

DSC_0338.jpg

素晴らしいロケーションで、ストレスフリーで気兼ねすることなく、好きなだけ本場のワインを飲む。
日本に帰ると、余計にそれが贅沢なひとときだったとしみじみ思う。


Q、印象深い思い出は?
A、ヒッチハイク、そのまま道連れ旅

旅しやすい国、しにくい国がある。
インフラも比較的整備されていて、交通網も発達していて、旅行者も日本人バックパッカーも多くて、旅行情報も手に入りやすいのが、旅しやすい国。

南米に入る前に、旅人からアドバイスをもらった。
「南米の旅はお膳立てされている感じ。だから旅をおもしろくするために自分から仕掛けていったほうがいい」

そこでわたしたちが挑戦したのはヒッチハイク。
一日中待っても車がつかまらなくて、テントを張って夜を明かすこともあったけど、最高の出会いをした。
チリのフェルナンド一家に拾われたこと。
ちょっとそこまで乗せてもらうつもりが、気づいたらそのまま一週間、いっしょにドライブ旅行をしていた。

DSC_5610.jpg

コテージを借りて一緒に料理を作ったり、買い出しに行ったり、バーベキューをしたり、みんなでパタゴニアの絶景を車窓から見たり。

DSC_5897.jpg

ロードムービーみたいだった。
道連れ旅が終わっても、わたしたちは再会し、一緒にサンティアゴの日本食レストランに行ったり、グロリアの実家にお呼ばれして和食を作ったりした。

今でも連絡を取りあっているし、いつの日かまた再会すると思う。

DSC_5582.jpg


Q、笑いに満ちた日々は?
A、スーダンでのオマールとの日々

エジプトからスーダンには、ナイル川を進む船に乗って入国した。
そこで出会ったのが、愉快なオマール。
チャド人とスーダン人の両親の元に生まれたオマールは、サウジアラビア育ち。
しかしサウジアラビアで罪を犯したため、永久国外追放になってしまい、家族や婚約者と別れて、住んだこともないスーダンへ。
友達もいないし仕事もない。
そんな壮絶で寂しく前途多難な人生を歩んでいるけれど、悲劇が喜劇になってしまうのがオマール。
一緒にいると楽しくて、いつも大爆笑。

DSC_0314.jpg

オマールの家でホームステイした日々は短かったけど、思い出深く、今でもときどきオマールを思い出しては顔がニヤケてしまう。
「オマール、どうしてるかな。元気かな。会いたいね」とケンゾーともよく話す。

DSC_0345_20171002165115ce0.jpg

DSC_0399.jpg


Q、惹かれた観光地は?
A、イタリア・ベネチア トルコ・カッパドキア

有名な観光地よりも、自然の絶景やその土地の風土や文化に興味のあったイクエとケンゾー。
過度な期待はしていなかったけど、実際に見たベネチアに心を奪われた。

DSC_0499.jpg

どこを見ても絵になる光景。
中世にタイムスリップしたみたいだった。
シーズンオフで観光客が少なく、ベネチアの中に泊まったことも、ベネチアの人たちの暮らしが垣間見られてよかったのかも。
ベネチアを発つ予定の日が来ても、「やっぱり今日も泊まりたい」と毎朝思い、ずるずると延泊。
死ぬまでにあと一回は行きたいなあ。

DSC_0453_20171002165236d3f.jpg

DSC_0441.jpg


カッパドキアも2日ぐらい滞在すればじゅうぶんかなあと行く前は思っていた。
でも、離れがたくて何日でもいたいと思った場所。

DSC_0236.jpg

ニョキニョキと地面から生えてきたような奇岩。
その中に街ができているという不思議な光景。
泊まったのは奇岩の中の隠れ家のような部屋。

DSC_0248.jpg

DSC_0265.jpg

不思議で壮大な風景を見ながらのテラスからの朝食は至福の時間だった。
ここでも毎朝、「今日も泊まろう」と思い直し、延泊を繰り返した。

DSC_0067_201710021650574b8.jpg

奇岩のエリアは広大で、ハイキングも冒険みたいで楽しかった。

DSC_0207.jpg


Q、絶景は?
A、ゴビ砂漠、キルギス、パタゴニア、ワラス

絶景は目の前の景色だけで作られるものではないと、旅をしてつくづく思った。
目の前の景色以外に必要な条件は
1、天気
2、そこにたどり着くまでの苦労
3、写真でも見たことない景色、予想してなかった景色
4、感動を共有できる人の存在

1、は当然のことで、快晴と曇りでは見え方が全然違う。
とくに湖なんて、空の色で七変化。

DSC_4669.jpg

絶景に会えそうな予感がするところは、天気予報を見ながら、訪れるタイミングを見計らった。
ときには天気が良くなるまで待機することも。
これは時間のあるバックパッカー旅だからできたこと。

晴れの日を狙って行ったクロアチアのプリトビッチェ国立公園やチリのパイネ国立公園は息を飲むほど美しい絶景のオンパレードだった。

DSC_0106_201710021650583ce.jpg

DSC_4348_201710021653315d2.jpg

2、歩いて何時間もかけてたどり着いたところに、それまでの苦労を吹き飛ばすような素晴らしい景色が待ち受けていたら、感動もひとしお。
これに対し、車で行ける場所の絶景は、想像していたよりも感動しなかった。
だから、ツアーの車で行けるボリビアのウユニ塩湖はたしかに絶景ではあったけど、イクエとケンゾーには何かが足りなかった。
それに対して、テントや寝袋、大量の食材を担いで何日間もトレッキングしたペルーのワラスは、達成感や清々しさに包まれ、感動を味わいながら絶景を堪能できた。

DSC_6370.jpg

DSC_6340.jpg

3、どうしても写真で見たことがある景色は感動が薄れてしまう。
いきなり想像もしなかった絶景が目の前に現れたときの興奮と言ったら。

モンゴルのゴビ砂漠。
立ちはだかる砂丘を、踏み出す足が砂に埋もれながらも必死に登ると、待ち受けていたのは西日を受けた折り重なる砂丘の群。
てっきり草原が広がってるのだと思っていたから、驚きに満ちた感動だった。

DSC_0652_20171002165242b79.jpg

キルギスのアルティンアラシャン。
美しい景色が広がっているらしいと聞いていただけで、どんなところかもわからなかったので、急斜面の山を登った先に見えたエメラルドのアラカル湖に、鳥肌が立ち、叫び、涙が出た。

DSC_0358_20171002165116b12.jpg

ヒッチハイクと歩きでたどり着いたモロッコのドゥルスリ湖。
どんなところかわからないけれど、とりあえず行ってみようとたどり着いたところは、忘れられたようにひっそりと、でも存在感たっぷりに佇む湖だった。

DSC_0179.jpg

わたしたち以外おらず、湖畔の地面の上でそのまま寝袋に包まって朝を迎えた。
絶景を二人じめして贅沢だった。

DSC_0299_20171002165109c83.jpg

4、はいつもふたりで同じ景色を見て、感動を分かち合えた。
帰ってから思い出話もできて、今でもあの時の絶景を反芻できる。


Q、旅でやってよかったことは?
A、ホームステイ(カウチサーフィン)、ヒッチハイク、トレッキング、ブログ

JICAの隊員の家だけでなく、オマールのように知り合った現地の人に泊めてもらうこともあったし、イランやスペインのようにカウチサーフィンで毎回違うお宅に泊めてもらうこともあった。
ホームステイすると現地の暮らしぶりがわかるし、外食とは違うその土地の家庭料理を味わうこともできる。
そして何より、友達ができる。
カウチサーフィンももっと早くからやっておけばよかったと思う。

DSC_0261.jpg

DSC_0643_201710021652413e0.jpg

ヒッチハイクは、トルコやバルカン諸国、ザンビア、チリ、アルゼンチンでやってみた。
車を捕まえるのは大変だし、労力も使うし、時間もかかり、緊張もするけど、たくさんの人と話すいい機会になった。
車内で盛り上がることもあったし、フェルナンド一家のように友達になることもあった。
ヒッチハイクをすると移動がただの移動でなくなり、印象深い体験となる。

DSC_5479.jpg

DSC_6154.jpg

もともとトレッキングには興味がなかったイクエとケンゾー。
でも旅行中にトレッキングの魅力を知った。
トレッキングは冒険そのものだった。

この先どんな景色が待っているかと思うとワクワクするし、途中ちょっとしたアクシデントが起きたり思うように進まなかったり。
まさに旅に似ている。
自分の足でゴールにたどり着くと達成感を味わえる。

DSC_1016_20171002165326971.jpg

トレッキングが楽しいと思うのは、ツアーではなく、自分で苦労しながら旅をしたいというバックパッカーの心理に通じる。
バックパッカーは、トレッキングが好きになる可能性大。

DSC_0884_20171002165325a04.jpg

日記代わりと身内への旅の報告、安否確認が目的で始めたブログ。
旅行から帰った今、世界一周が遠い昔のことのような、夢だったような気さえする。
もしブログをやってなかったら、旅の記憶もどんどん薄れていくだろうし、忘れることも多かったと思う。
ブログをやったことでいつでも旅を振り返られるし、このブログはわたしたちの旅の産物。

わたしたちの個人的な気ままな旅を、多くの人たちに共有してもらえることもできた。
読者の方たちのちょっとした日々の楽しみになっていたら、とても嬉しい。

それにブログがきっかけで海外で会えた人たちもいた。
例えば、ブログから連絡をくれたウィーンに住むサトコさんとは、ウィーンで会って出国したあともまた会いたくなり、再入国して夏の別荘にもお邪魔した。
他にもチリに住むマリエちゃんもブログから連絡をくれて、会うことができた人。

ブログで日々のことを綴るのは時間もかかったけど、やってよかったなあと思う。


Q、良い旅のエッセンスは?
A、いい出会い

「どの国がよかった?」「どの国が思い出深い?」「どの国にまた行きたい?」
そう聞かれてわたしたちが思い浮かべるのは、いい出会いがあった国。
どんないい観光地よりも絶景よりも、いい出会いに勝ることはない。
「あの国の人たち、優しかったなあ」「あそこであの人と出会って、あんなことがあったなあ」「あの人たちにまた会いたいなあ」。

DSC_0563_201710021652396ff.jpg

良い旅になるかどうかは、人とのいい出会いが左右するとつくづく思う。
わたしたちは本当にいい出会いに恵まれていたと思う。

DSC_0686_20171002165323445.jpg
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから! 

住んでみたい国、刺激的な国、楽しかった国、行ってよかった国は?

2017.09.12 09:34|世界一周裏話☞EDIT
旅行会社のツアーパンフレットを見ながら、想像を膨らませて楽しんでいるイクエです。
行く予定はなくても、行く気になって写真やツアー日程を見るだけでワクワクします。
世界一周しているときは旅が日常だったからそんなことなかったけど、日本で普通に生活していると旅行を夢見てのワクワク感を味わえます。

前回の続き。
イクエとケンゾーのいろいろな「よかった国」の発表です。


Q、住んでみたい国は?
A、スペイン

前回も書いたけれど、スペインは食事がおいしい!
ヨーロッパの他の主要国と違ってレストランも敷居が高くなくて、値段も高くない。
昼からオープンテラスでワインを楽しむスペイン人多数。
もちろん外食も楽しんだけれど、スーパーでパックワインや生ハム、オリーブ、チーズ、バゲットを買って公園でランチをするのが日課だった。
青空のもと、疲れたら冷えたビールやサングリアを買って川辺で喉を潤す時間も幸せだった。
そんなことをしても周りからうかないし、むしろ同じようなことをしている人がいる。

DSC_0046.jpg

スペインではカウチサーフィンや友人の家にホームステイをした。
気さくでおおらかで朗らかなスペイン人。

DSC_0088.jpg

バスクやカタルーニャ地方でもホームステイをしたけれど、どこのスペイン人でも一緒にいて心地よかった。
合鍵を渡してくれてる人も多く、「自由に家を使って。冷蔵庫のものはなんでも飲んでも食べてもいいから。」と初対面のわたしたちに言ってくれる。
でも、決してドライな感じではなく、夜になると一緒に食卓を囲んで語り合ったり、馴染みのバル(居酒屋)に連れて行ってくれたり。

DSC_0079.jpg

DSC_0297_20170912084430ab4.jpg

道に迷ったり、乗るバスがわからなかったりしていると、声をかけてくれる人もいた。
決して干渉しすぎるわけではない。
相手の気持ちを慮るのも得意。
相手との距離の取り方がうまい。
来るもの拒まず、去るもの追わず。
あっさりしていて気前がよく、すぐに相手と打ち解ける。
なんとなく福岡県人の気質に似ていて、スペイン人となら素のままで仲よく付き合えるといつも感じた。
スペインにいるときはスペインへの移住を考えて、その場合はどんな仕事ができるか、日本食レストランを作るならどんなメニューがいいか、なんてことをよくケンゾーと話していろいろ妄想して楽しんでいた。

DSC_0333.jpg


Q、長く滞在した国は?
A、インド
  イラン


インドには3か月間滞在。
わたしたちがバングラデシュで取れたインドビザは3か月しか有効期限がなかったけど、通常のように半年取れてたらもっと長くいたこと間違いない。
インドにハマる人は多い。
インドが大好きになる人も多い。
3か月もいたから、わたしたちもインドが好きになったんだと思われるかもしれないけど、決してそうではない。
喧騒のインド、すぐにお腹を壊すインド、嘘つきの人も多いインド、疲れるインド。

DSC_0543_201709120912349f7.jpg

DSC_0501.jpg

そんなインドにどうして3か月もいたかというと、インドは広くて、世界遺産もたくさんあって、見所も多くて、物価も安くて、バックパッカーがたくさんいて旅行しやすいから。
いろいろ大変だけど、なんやかんやでインドは面白い。

DSC_0886.jpg

暑い場所もあれば、山々の連なる涼しい高地もあり、砂漠もある。
そして歴史もあって遺跡もある。
活気がある人々の営みを見るのも楽しい。

DSC_0615.jpg

DSC_0875.jpg

3か月もいたけど、インド北部のチベット文化が根付くラダックやパキスタンに近いカシミールには行っていない。
そこにも一度は行ってみたいなあ。

P1020585.jpg

イランにはビザの延長までして2か月もいた。
美しいモスクやエキゾチックな古い街並みなど見るところも多いけど、わたしたちが2か月もいたのはホームステイを楽しんだから。

DSC_0507_20170912091232eea.jpg

イランで初めてカウチサーフィンに挑戦。
たくさんのお宅に泊まらせてもらった。
親日家でとても歓迎してくれた。

DSC_0339.jpg

DSC_0601.jpg

知的な人が多く、一緒にいて楽しかった。
2か月もいたイランでは、観光地の思い出よりもホームステイの記憶の方が鮮明に残っている。
そして、自転車旅や、それによるイクエのケガや療養など、忘れられないエピソードも多い。

P1030863.jpg

DSC_0410_2017091209123164f.jpg


Q、刺激的な国は?
A、エチオピア

アフリカの東に位置するエチオピア。
旅行先としてはまだまだメジャーとは言えない国だけど、実は見所も多く、とてもユニークな国。
ほかのアフリカ諸国とは違い文字はアルファベットではなく、見たこともない文字。
宗教もエチオピア正教で、1年が13か月あって、新年は9月からで、西暦も7、8年ずれている。

DSC_0199.jpg

ほかの国では決して受け入れられない、発酵して酸っぱいとんでもなくまずいクレープのような「インジェラ」と呼ばれるものを主食としている。

DSC_0572_20170912084456fa2.jpg

少数民族がたくさんいて、電気も水道もないところで原始的な生活をしている。
そんなところに迷い込めば、はるか昔にタイムスリップした気分になる。
それぞれの民族はファッションや文化が違い、市場や村々を巡るのは刺激的。

DSC_0098_201709120844223ee.jpg

DSC_0085_201709120844197d9.jpg

さらに気温50度にもなるダナキル砂漠に行けば、真っ白い塩湖や塩を運ぶキャラバン隊、火を噴くエルタ・アレ火山の火口を真上から見ることもできる。

DSC_0442.jpg

さらにエチオピアはコーヒー発祥の地。
でも、民家でコーヒーをご馳走になったら、想像を絶する味のコーヒーが出てきた。
塩入りコーヒー!

DSC_0566_20170912084455475.jpg

エチオピアでは首都以外、乗用車を見かけることはほとんどなかった。
自家用車がもっとも普及していない国かもしれない。
庶民の足はバス。
長距離バスは小さいのに乗りたい人が多すぎて、夜明け前からスタンバイしてバスのドアが開くとともに駆け出し席取り競争に勝たなければならない。

いろんな衝撃を受ける国。

DSC_0291.jpg

DSC_0028.jpg


Q、なんやかんやで盛りだくさんで楽しかった国は?
A、ボリビア
  グアテマラ

旅人の憧れの地、ウユニ塩湖のあるボリビア。
ボリビアと言えばそれくらいしかイメージできなかったけど、行ってみたらいろんなことが楽しめる魅力溢れる国だった。
ウユニ塩湖の思い出が薄れるくらいほかのことも充実していて、イクエもケンゾーも「ボリビアと言えば?」と質問されれば、「ウユニ塩湖!」という答えは出てこないほど。

DSC_9086.jpg

標高6088メートルの雪山ワイナポトシに、高山病や睡魔と闘いながら登頂。
人生でこれほど高い山に登ったことはもちろんないし、これからもないだろう。

DSC_1020.jpg

雪がちらつく高地があるいっぽう、木々が生い茂りサルやワニ、ピンクイルカが生息するルレナバケではアマゾン川支流の川下りを楽しみ、ピラニア釣りをした。

DSC_1449.jpg

多くの鉱夫たちが命を落としたポトシ銀山の中に入ったり、日系人の上間さんのお宅に泊めてもらって五右衛門風呂に入ったり、世界遺産の古都スクレで白い街を散策したりした。
また、標高4000メートルの首都ラパスではカーニバルを見たりイクラを探し求めて宿で料理したり、おばさんプロレスを観戦したりしながら長く滞在した。
想い出がいっぱい詰まった国。

DSC_2004.jpg

DSC_2207.jpg
  
ボリビア同様、グアテマラと聞いてもイメージするものはなかった。
けれどグアテマラはとてもカラフルな国だった。

DSC_6325.jpg

先住民族がそれぞれの文化を守りながら生き生きと暮らしている。
個性あふれる村々を巡り、先住民たちの伝統衣装を見たり市場を散策したりするのはとても楽しかった。
土着の宗教とキリスト教が混ざり合った宗教観はユニークだし、チキンバスやピックアップトラックを乗り継いでの移動も疲れたけど楽しかった。

DSC_6958.jpg

食事もおいしく、市場で安く食べられる海鮮スープは絶品。
火山が多く、温泉天国でもある。
日本人宿タカハウスでの年越しも思い出深い。

DSC_7113.jpg

ボリビアとグアテマラに共通して言えることは、周辺国よりも先住民族の占める割合が多いこと。
だから南米ではボリビア、中米ではメキシコよりグアテマラにわたしたちは惹かれた。
定番の観光地よりも、市場巡りや人々の暮らしぶりに興味がある人には、この二つの国にはぜひ行ってほしい。


Q、行ってよかった国は?
A、パレスチナ

パレスチナを旅することができるのか?
イスラエル側から日帰りでパレスチナを観光することしかできないんじゃないか、でもそれは嫌だな。
パレスチナの旅については調べてもわからないことが多く、とりあえずNGOがやってる宿泊施設やカウチサーフィンで宿泊場所を確保し、半信半疑でパレスチナに入った。
パレスチナに足を踏み入れると、とても活気があり、人々は気さくで笑顔で「ウェルカム トゥ パレスタイン!」と歓迎してくれた。
イスラエルとは雰囲気が全く違い、二つの国は全然違う外国なんだと実感。

DSC_0328.jpg

パレスチナの情勢については知っているつもりでいたけれど、内部から眺めるとこれまで知ることのできなかった問題が見えてきた。
夜、イスラエル軍が難民キャンプにやってきて、ただの嫌がらせのために銃を乱射していたのを見た。

ホームステイしていたとき水道から水が出なくなって、何かと思ったらイスラエルが嫌がらせでパレスチナの水を止めていた。
これが夏の暑い時期に何週間も続く。

DSC_0330_20170912084449909.jpg

DSC_0228_20170912084427d26.jpg

家に招いてくれたおじさんは、夜ベッドで寝ていたら銃弾が家の中に飛んできて足を負傷していた。
街を案内してくれた若者は、兄弟がイスラエル軍に突然拘束されて安否がわからないと言っていた。

DSC_0128_2017091208442465b.jpg

わたしたちをお世話してくれたNGOの職員は、イスラエル軍に街を包囲されているときに家々に食料を配っていたところを狙い撃ちされ、大怪我をしていた。
ほかにもたくさん。
毎日いろんなことを見聞きするたびに、憤り、心が痛んだ。

DSC_0602.jpg

パレスチナには結局3週間滞在した。
離れるときは本当に後ろ髪引かれる思いだった。

DSC_0383.jpg

ケンゾーが「俺たちがいてもいなくても何も変わらんでいっしょっていうのはわかっとるけど、なんか、離れていいのかな。離れたあとパレスチナ大丈夫かなって思ってしまう」と言った。
まったく同じ気持ちだった。
うまく説明できないけれど、パレスチナをずっと見守っていたいという気持ちだった。

DSC_0299.jpg

ただおもしろそうだから、日本での忙しい日常を忘れられそうだからという理由で世界一周の旅に出たけれど、パレスチナを旅して「ああ、ここに来るために、パレスチナ人に会うために、パレスチナでの出来事を知るために、世界一周をしてたんだなあ」と思った。
パレスチナの記事は、このブログの中でわたしたちが一番見てもらいたい記事。


「どの国が一番よかった?」とよく聞かれるけれど、答えることはできない。
それぞれの国に個性があり、一律で評価し、どこか一つを選ぶことはできない。
今回いくつかのテーマで「よかった国」を選んだけれど、紹介しなかった国もそれぞれの良さがあった。
短期旅行やハネムーンにオススメの国、まったりくつろぐのにぴったりの国、穴場だけど意外とよかった国、もう一度行きたい国・・・挙げればキリがない。

言えることは、「行かなきゃよかったと思う国はないし、どの国もとてもおもしろかった!」ていうこと。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから!