Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別記事
最新コメント
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

見てくれてありがとう!
メールはこちらから ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
ふたりのお勧め旅グッズ










ふたりの旅も大詰め。あともうちょっとだけおつきあいお願いします!

 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ふたりでふらり」はブログランキングに参加中!
1日1回のclickが順位に反映されます。
ぜひポチッと応援お願いします ♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

国境で抱擁、そして男泣き

2013.02.23 16:44|バングラデシュ☞EDIT
きのう久しぶりに缶ビールを飲んだらあっという間に睡魔に襲われたケンゾーです。
バングラデシュに入って以来、アルコールから遠ざかっているので弱くなってるな。

きのうの夜、ノルシャヒンやお父さんにお土産を渡して多少強引にさよならモードにもっていったケンゾーとイクエ。
みんな残念がっているけれどビザの期限が迫っているからしかたない。
今朝も目覚めると素晴らしい景色が広がっていた。

a_P1010789.jpg

a_P1010788.jpg

時間が許すのであれば、まだまだここにいたい。
景色を眺めて優しい家族に囲まれて、ただぼーっとするだけで幸せな時間を過ごすことができる。

a_P1010791.jpg

a_P1010800.jpg

9時には出発したいと伝えたけれど、ノルシャヒンの妻のムンニーは「ノー!1ウィーク!」って言ってるし、お父さんはこの話題を避けてるし、みんな納得してくれてないようだ。
心の中で「ごめんね」って言いながらパッキングする。
精一杯のアピールだ。

最後の手段を使うことにした。
それは「みんな揃って外で記念撮影をしたい」と言うこと。
写真を撮ってそのままバイバイするしかない。

セルフタイマーで撮れるようにカメラをスタンバイ。
でもなかなかみんなが集まらない。
「写真撮るよう!」って声をかける。
みんな「OK、OK」って言うけれど集まってくれない。
この3日間充電できなかったので、一眼レフのバッテリーが無くなってしまった。

目標の9時はとうに過ぎてしまった。
いかん、このままだと家族みんなのズルズル作戦に負けてしまう。
心を鬼にして、今日インドに行かないといけないことをもう一度説明する。
ごめんね、みんな。
ケンゾーとイクエも早くみんなとお別れしたい訳じゃないんだよ。

今度の今度こそ最終手段。
ワックパックを家からだして、外においた。
やっとみんな分かってくれたみたい。
でもみんなにとって記念撮影は一大イベント。
普段着なんてありえない。
みんながドレスアップするのを待つケンゾーとイクエ。

じつは一番悲しんでるんじゃないかと思われるお父さんもやっと準備を始めてくれた。
じっくり30分以上かけて髭を剃る。

a_P1010796.jpg

つづいて水浴び。
なにもそこまでしなくてもと思うけれど、それだけ大事なことだと思ってくれてるんだよね。

a_P1010797.jpg

素敵なサリー姿のお母さんとビシッとスーツで決めたお父さん。
お父さんの手にはなぜか昔写真館で撮った夫婦2人の写真と、ダッカにいるもう一人の息子さんの写真が。
フリーダム・ファイターのバッチもちゃんと胸元で輝いている。

a_P1010808.jpg

a_P1010810.jpg

別れを惜しみつつ、湿っぽくならないように明るく明るく写真を撮っていく。
最初から最後までうんとやさしかった家族と。

a_P1010804.jpg

a_P1010809.jpg

明るくて笑顔の絶えない親戚、仲間たちと。

a_P1010813.jpg

突然やって来た日本人を温かく迎えてくれてありがとう!

a_P1010815.jpg

a_P1010805.jpg

オートリキシャに乗る道まで見送りに来てくれる人たちも。
今ここで出会ったぜんぜん関係ない人たちもいっしょに見送ってくれた。
ありがとう!バングラに来ることができたら、また必ず会いにくるから!

a_DSC_1045_20130214164050.jpg

a_DSC_1047_20130214164052.jpg

ノルシャヒンと警察官のシュージョンがとなりの国境の街まで見送ってくれることに。
けれどここからがまた長かった!
出会った日の夜の再来だ。

「オンリー5ミニッツ!」って言いながら親戚の家をはしごしていく。
そしてなんと自分が通った小学校に行くって言い出した。
いやいやいや。きょうは平日で子どもたちがいるから、そんなことしたら収拾がつかなくなるよ!

恐る恐る中に入っていくと・・・

a_IMG_1757.jpg

a_IMG_1758.jpg

ほーら、教室から生徒が飛び出してくる。
とんでもない事になってきた。
先生たちはチャを飲んでいけって言ってるけど、そんな事したら出発できなくなるのは目に見えている。
みんなで集合写真を撮って退散することに。
ほんとはゆっくりしていきたいんだよ。

a_IMG_1759.jpg

そのあとも何度か寄り道をしながら、国境の街ブリマリへ。
ほんとうは3日前にここにケンゾーとイクエだけで来ているはずだったのに、3日遅れで、しかもノルシャヒンとシュージョンが隣にいる。
なんだか不思議な感じだ。

なぜかノルシャヒンの親戚が待っていていっしょにイミグレーションへ。

a_P1010817.jpg

出国手続きは問題なくすんだ。
インドとの国境へ歩いていく。

a_P1010818.jpg

a_P1010819.jpg

このゲートの先はもうバングラデシュじゃない。
とうとうお別れだ。

a_P1010820.jpg

シュージョンと別れの握手。
はやく彼女ができるといいね。
ノルシャヒンを見ると、目をまっ赤にして今にも涙がこぼれそうだ。
ダメだケンゾーの涙腺も決壊寸前だ。
抱き合ったら、ノルシャヒンは声を上げて泣き出した。

なにも言葉にならない。
泣きながら「サンキュー」としか言えない。
ノルシャヒンの気持ちが心に染みわたる。

インド側からさっきまでいたバングラデシュを振り返る。
ノルシャヒンたちは涙目でずっとこちらを見てくれている。

ありがとう。
過ごした時間はわずかだったけれど、ケンゾーにとってかけがえのない友になった。
偶然の出会いは運命の出会いだった。
大好きになったバングラデシュの旅の終わりは、最高のフィナーレだった。


【旅 info.】
  ブリマリ国境a_P1010816.jpg
バングラデシュ側・ブリマリ ー インド側・チャングラバンドラ
2つの街とも田舎でツーリスト向けの宿はなさそう。
出国税300Tk必要。
バングラデシュに入国した場所と出国する場所が異なっていても問題なかった。
国際バス、鉄道はないのでローカル線を乗り継ぐ必要がある。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから! 

お父さん・・ごめんね

2013.02.22 06:13|バングラデシュ☞EDIT
ぜんぜんゆるいお腹が治らないケンゾーです。
もうだめだ!諦めた!インドではこのゆるさと付き合っていくしかない。

朝「あしたここを去ります」とは言ったものの、どうも家族みんなこの話題を避けているように思える。
ほんとにあした出発できるかなあ。

午後、嫁いでいったノルシャヒンの妹さんの家に遊びに行くことになった。
嫁いでいった先は、ここから車で10分くらいのご近所。
この真ん中が妹さん。

a_P1010807.jpg

今年の1月に結婚したばかりで新婚ホヤホヤ。
けれど旦那さんは遠く離れたチッタゴンで単身赴任の身。
家族と離れ、旦那の両親や家族に囲まれて完全アウェーの彼女。
ノルシャヒンの妻・ムンニーと会えると嬉しそうだ。
同じ歳なのでふたりはとても仲がいい。

この家も地主。
家の敷地も広くて建物が立派。かなりリッチそうだ。
わざわざケンゾーたちのためにみんな勢揃いし、食事の準備がととのえられていた。
でも、時間は午後3時。まだお腹空いてないよー。

a_DSC_0988_20130213225958.jpg

料理はすごく豪華。
ビーフ、チキン、魚、マトンが勢揃い。
カレーというよりも、それぞれが一品料理のようなかんじ。
肉はフルーツと煮込んであって、甘みがあって柔らかい。
バングラデシュでもこんな料理があるんだなあ。
さらにビリヤニまで出てくる豪華さ。
デザートのミスティまで猛烈に勧められてお腹がはち切れそうだ。

a_DSC_0984_20130213225954.jpg

a_DSC_0991_20130213230111.jpg

a_DSC_0987.jpg

食後はみんなで輪になっておしゃべりタイム ♪
最初はお互いにちょっとぎこちなかったけれど、少しずつ打ち解けてくる。
日本についての質問もたくさん。

日本の歌もリクエストされた。
『上を向いて歩こう』を1番だけ披露。
下手くそな歌だけど拍手をもらう。
練習しとけばよかったー。

ケンゾーとイクエの日本で撮った写真を見せると急に盛り上がりだした。

a_DSC_1005_20130213230119.jpg

a_DSC_1001_20130213230117.jpg

a_DSC_0999_20130213230113.jpg

90歳近くのおばあちゃんも写真に興味津々。
とっても可愛らしいおばあちゃんだ。

a_DSC_0995_20130213230112.jpg

帰る頃にはすっかりみんなと打ち解けることができた。
右側の白い服が妹さんのお義父さん。

a_DSC_1017_20130213230151.jpg

このおばちゃんにはアルバムに入っていたケンゾーとイクエの結婚式の写真を強引に持っていかれた。
(こんなこともあろうかと、何枚も焼き増ししていた)

a_DSC_1007_20130213230145.jpg

こんなにたくさん集まってくれてありがとう!
おいしい料理、ごちそうさまでした!

a_DSC_1014_20130213230151.jpg

a_DSC_1019_20130213230153.jpg

この日の夕焼けはきれいだった。
果たしてバングラで見る最後の夕焼けになるのか?

a_DSC_1029_20130213230152.jpg

a_DSC_1032_20130213230207.jpg


そして夜。
いつものようにノルシャヒンのお父さんとおしゃべり。
「1か月ここにいなさい」「バングラを出国したら今度はいつまた戻ってくる?」と何度も聞かれる。

お父さんは孫もいるのに、体はたくましく、ちょっとした英語も話せる。
紳士でとてもかっこいい。
お父さんは40年前、バングラデシュが独立をかけてパキスタンと戦争をしたときの戦士、「フリーダム・ファイター」。
それを誇りにしている。
鍵をかけた棚から大事そうに証明書を取り出して見せてくれた。

a_DSC_0764_20130213225954.jpg

a_DSC_0762.jpg

そんなタフなお父さんに、あしたここを発つことを伝え、お土産の手ぬぐいを渡すと悲しい顔をして口数が減ってしまった。
そして毛布を頭から被って寝てしまった。
でも、ほんとうは寝ていない。
ノルシャヒンの妹や奥さんのリクエストにこたえて、また日本の歌を歌っていたら、お父さんは頭から毛布をかぶったまま「ベリーグッド」と言っている。

そんなにケンゾーたちが行ってしまうのがショックなんだ。
まだ出会って1日しか経っていないのに。
どこにでもいるただの日本人夫婦なのに。
ありがとう。そしてごめんね。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから!