Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別記事
最新コメント
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

見てくれてありがとう!
メールはこちらから ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
ふたりのお勧め旅グッズ










ふたりの旅も大詰め。あともうちょっとだけおつきあいお願いします!

 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ふたりでふらり」はブログランキングに参加中!
1日1回のclickが順位に反映されます。
ぜひポチッと応援お願いします ♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

台湾の温泉街で癒される〜♪

2013.01.15 05:49|台湾☞EDIT
バングラデシュで「ユア フェイス ノージャパニ!ノージャパニ!」ってかなりの確率で言われるケンゾーです。ヒゲのせいかな。

台湾最後の目的地は「北投」というところにした。
なぜかというと、ここには温泉があるのだ!
この先、バングラデシュ、インドとハードな旅が予想されるので、最後に温泉に浸かって癒されたい!

花蓮から列車と地下鉄を乗り継いでやって来た北投。
そこは、湯けむりに包まれるザ・温泉街だった。

a_DSC_0394_20130113134622.jpg

見るからに高そうなホテルがズラーッと並んでる。
「熱海」という名前のホテルや「加賀谷旅館」。
着物姿の従業員など日本の温泉街そのもの。

a_DSC_0290_20130113134228.jpg

a_DSC_0289_20130113134226.jpg

ケンゾーたちでも泊まれる安宿を探すけれど、甘かった!
そもそも、バックパックを背負ってる人たちなんか誰もいない。
片っ端から聞いていったけれど1万円オーバーはざら。安くても6千円はする。

諦めかけていたときリーズナブルなホテル発見!
とってもきれいなホテルなんだけど1,300NTD(約3,900円)だって。
やったー!探せばあるじゃん、安いホテル。
やっぱりバックパッカーは足で稼がんとね。

温泉 ♪ 温泉 ♪ ウキウキでお金を払ってルームキーをもらって、「あー、はいはい。これをひねったらお湯が出るんやね」ってお風呂の説明を聞く。
最後に「明日のチェックアウトは何時?」って聞いたら
フロントのお姉さんちょっとキョトンとして
「時間になったらこちらから電話をします」だって。
ん?どういうことだ?なんか変。
「あしたのチェックアウトです。10時?11時?」
そしたらお姉さん「これは休憩の料金で泊まりじゃないですよ」って
なに勘違いしてんのあんた達!?みたいな感じで言われた。
ガーン! ショック! ちょっと恥ずかしいし。
念のため泊まり料金を聞いたら13,000円だった。
そりゃそうだよな、こんなゴージャスなホテル。

a_DSC_0364_20130113135345.jpg

けっきょく今日の宿は1泊1,980NTD(約6,000円)のホテル。
たぶん北投で部屋に温泉付きのホテルでは最安値なんじゃないかな。
それでもバックパッカーにはかなり痛いけど。
台湾最後の夜は豪遊だ!!

ふっかふかのベッドと

a_DSC_0292_20130113134230.jpg

温泉が出るバスタブ。
元取るために6回は入ろ。

a_DSC_0366_20130113134530.jpg

まだ明るいので街をぶらぶら。
北投は日本統治時代に日本政府がかなりの金をつぎ込んで開発した街。
やっぱり日本は温泉好きやね。
当時の浴場がほぼそのまま残っている。

a_DSC_0335_20130113134414.jpg

和風と洋風がミックスされておもしろい造り。
2階の和室はとても立派。
温泉に浸かったあとにここで浴衣姿で涼んだり、日本政府のお偉いさんが夜な夜な宴会をしていたのかな。

a_DSC_0303_20130113134301.jpg

a_DSC_0305_20130113134305.jpg

a_DSC_0306_20130113134307.jpg

ここが大浴場。
なんだか古代ローマの浴場のような感じ。
アーチ状の柱がとてもモダンだ。

a_DSC_0325_20130113134309.jpg

a_DSC_0327_20130113134308.jpg

やっぱり風呂場には富士山だよね。

a_DSC_0333_20130113134410.jpg


北投には公衆露天風呂もある。
外からちょっとのぞいてみたら・・・

a_DSC_0355_20130113134531.jpg

芋洗い状態。入るのやめとこ。

a_DSC_0356_20130113134533.jpg

こちらは日本人が命名した銭湯「瀧の湯」。
入口で男湯と女湯で分かれていて日本の銭湯みたい。
今も地域の人が利用している。

a_DSC_0361_20130113143540.jpg

ここが温泉の源泉。
青と緑が混ざった色。

a_DSC_0349_20130113134413.jpg

a_DSC_0353_20130113134525.jpg

このおしゃれな建物な~んでしょ?

a_DSC_0300_20130113134231.jpg

a_DSC_0365_20130113134533.jpg

答えは、図書館!
おしゃれなレストランかカフェにしかみえない。
室内も木のぬくもりが感じられてとてもいい。
館内の撮影がNGだったので見せられないのが残念!
ベランダのベンチで本を読むこともできる。
こんなところがあれば子どもの読書離れも食い止められるかも。

この夜何度もお風呂に入って久しぶりの温泉を満喫。
朝はビュッフェで満腹。

a_DSC_0377_20130113134632.jpg

a_DSC_0378_20130113134624.jpg

温泉といえば、温泉卵!1個30円。

a_DSC_0388_20130113134625.jpg

a_DSC_0390_20130113134622.jpg

川で足湯を楽しんで・・・

a_DSC_0402_20130113134707.jpg

a_DSC_0396_20130113134706.jpg

さいごは駆け足になったけれど温泉町・北投を堪能したケンゾーとイクエ。
今日このあとからはシンガポール21時間弾丸ツアーだ!!

【旅 info.】
  北投a_DSC_0353_2.jpg
台北駅からMRTで行ける。
北投駅で乗換えて新北投駅まで1駅。
ホテルは多数あるけれど日本と同じくらいの部屋料金。
ケンゾーたちが探した限りでは1泊ダブルで1,980台湾ドルが最安値。
家族風呂などがある貸切り風呂屋も数件あり。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから! 

「サンドイッチ」って漢字でどう書く?

2013.01.13 05:58|台湾☞EDIT
正月太りしたと思っていたけど、体重を計ったらまた痩せていたイクエです。

家族と過ごした6日間。
最終日は朝食をいっしょにとって、午前中にお別れしなければいけない。
朝食の場所は、台北市民に人気のファストフード店、「美而美」。

a_DSC_0001_20130111100835.jpg

赤いサンバイザーの台北マダムたちが迎えてくれた。
台湾風お好み焼きをその場で調理したり。
ミルクたっぷりの甘ーいコーヒー牛乳をいれてくれたり。

a_DSC_0004_20130111100836.jpg

a_DSC_0005_20130111100837.jpg
 
6歳の姪っ子。
外国=英語を話す国と思っていたので、台湾に降り立ったとき標識がアルファベットではなく漢字で書かれていたのを不思議に思ったのだそう。
姉とは初日にこんな会話をしていた。

姪「ねえ、ママ、なんで日本語で書いてあると?」

イクエ姉「あれは日本語じゃないよ。
     この国の人たちは、英語じゃなくて漢字を使うとよ。
     でも日本語みたいに平仮名やカタカナはなくて漢字だけ。」

そしたら姪がこう質問したのだそう。

姪「じゃあ、『サンドイッチ』とかカタカナで書くのはどうすると?」

うーん、いい質問だ。
その答えは??
「三明治」
日本語読みだと「さんめいち」だけどこれを「サンドイッチ」って発音するんだろう。

このお店の三明治もなかなかおいしく、姪っ子も満足。

a_DSC_0009_20130111100839.jpg


さて、今回の台湾旅行で楽しんだいろんな台湾料理。
ここで姪っ子が選んだ台湾料理でおいしかったものベスト3をご紹介します♪

まず、第1位は?

「焼き餃子」

a_DSC_0129_20130111100937.jpg

水餃子がメジャーの中国では、なかなか焼き餃子にありつけないけれど台湾人は焼き餃子が好きみたいでどこでも食べることができる。
日本のよりも長くて大きい餃子を姪っ子はおいしそうに何個もほおばっていた。

さて、続いて姪っ子が選んだ台湾料理、第2位は?

「お正月に食べた数の子」

a_DSC_0527_20130111101103.jpg

これは台湾料理でもなんでもない。
ばあちゃんが日本で仕入れてわざわざ台湾に持ってきたものだ。
台湾料理をランクインさせてほしいけど、6歳の子の正直な感想だからしょうがない。
確かにおいしかった。

最後に第3位は?

「ストロベリーワッフル」

a_DSC_0370_20130111101057.jpg

残念ながらこれも台湾料理とはいえない。
けど、海辺のオープンテラスで食べた、あのシチュエーションは良かったよね♡

でも、もっと台湾っぽいのも食べたじゃん。
たとえば、ひき肉たっぷり肉汁たっぷりの胡椒餅とか

a_DSC_0521_20130111101059.jpg

白身魚の甘酢がけとか

a_DSC_0137_20130111100940.jpg

お団子やピーナッツや小豆がいっぱいのスイーツも食べたし

a_DSC_0168_20130111100942.jpg

春雨もすごくおいしかったし

a_DSC_0182_20130111100943.jpg

ピータンと豆腐の組み合わせもなかなかだった。

a_DSC_0189_20130111100945.jpg

そんな台湾グルメよりも、日本の数の子をランクインさせた愛しの姪っ子たちはバスで空港へ。

「ありがとう。またねーーー。」

今度会う時まで成長していてほしいような、してほしくないような。

a_DSC_0011_20130111100841.jpg

にぎやか家族旅から「ふたりでふらり旅」に戻ったイクエとケンゾー。
続いてふたりで目指すのは台湾中部の「花蓮」という街。
台北市から電車でおよそ3時間。
車窓からは海が見える。

a_DSC_0286_20130111102404.jpg

花蓮は海辺の街なので、ローカル食堂でシーフードが食べられる♪
裏通りを歩いていたら、人が集まっているお店を発見。

a_DSC_0025_20130111101011.jpg

a_DSC_0026_20130111101011.jpg

鉄板で焼かれているのはたくさんの牡蠣。
日本では、食堂でこんな贅沢に牡蠣をジュウジュウ焼くなんてなかなかない。

a_DSC_0034_20130111100906.jpg

これに卵を落として、セロリをのっけて・・・。
お好み焼きみたいで、おいしい!!
ひとつ約150円。

a_DSC_0028_20130111100904.jpg

a_DSC_0043_20130111100910.jpg

そして、こちらは一杯約130円の蛤のスープ。
ほとんど味付けはされてなくて、蛤の出汁でじゅうぶんうまい!!

a_DSC_0035_20130111100907.jpg

花蓮市の周辺の山間には長い間、先住民族のタロコ族が住んでいた。
1930年代、日本が台湾を統治していた時代に平地に移住させられ散り散りにされたようだ。
今では伝統的な生活様式もほとんどみられないけれど、民族舞踊は伝承されていて、毎日無料の公演をやっている。

a_DSC_0048_20130111100912.jpg

a_DSC_0056_20130111101015.jpg

女性も男性も短い巻きスカート姿。
跳ねたり、飛び上がったり、腕を速いスピードで動かしたり。
躍動感あるダンス。

a_DSC_0073_20130111101017.jpg

イクエとケンゾーがこの地にやってきた一番の理由は、このタロコ族の人たちのマザーランドとも言える太魯閣渓谷を訪れたかったから。

あすは、空高くそびえる岩々と水と森が織りなす神秘の「太魯閣渓谷」を世界の絶景編としてお送りします。

a_DSC_0233_20130111102925.jpg


【旅 info.】
  花蓮a_DSC_0023_20130113132735.jpg
台北から花蓮までは列車の種類によって2時間〜4時間程度。
花蓮は都会なのでホテルもあり、花蓮を起点にすることを勧める。
花蓮には1人500台湾ドルくらいのドミトリーの宿もある。
ホテルは安くてツインで600台湾ドルくらいから。
花蓮駅まえのインフォメーションセンターにはパンフレットが充実していて日本語をしゃべれるスタッフもいる。
花蓮は3,000m級の山や国立公園の峡谷、美しい海岸もあり、山も海も楽しめるので数日滞在しても飽きない。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから!