Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別記事
最新コメント
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

見てくれてありがとう!
メールはこちらから ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
ふたりのお勧め旅グッズ










ふたりの旅も大詰め。あともうちょっとだけおつきあいお願いします!

 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ふたりでふらり」はブログランキングに参加中!
1日1回のclickが順位に反映されます。
ぜひポチッと応援お願いします ♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

帰国前夜はチェジュ島で

2017.06.24 17:14|韓国☞EDIT
日常生活での「段取り力」を養おうとしているイクエです。
「今のうちに料理の下準備をしておこう」とか「後回しにできることだけど今時間があるからやっておこう」などと前もってできる家事をやること、そして何か作業をやりながら「これ終わったら次にこれやってあれやって正味15分」などと計算しながら次にやることを考えて効率よく過ごしていくことです。
一日が終わるのがとても早く感じるこの頃。
旅してるときは、マイペースで過ごせたのにね。

DSC_0621.jpg

トイレの中にベッドが置いてあるような上海のホテルでニ晩過ごしたイクエとケンゾー。
まだ夜も明けぬ午前5時にホテルから空港まで送迎してくれるマイクロバスに乗り込む。
1人10元(約177円)かかるけれど、電車も動いてないし、タクシーで行くよりは安上がり。
このサービスがあるから、この変なホテルにしたのだった。

ここからは飛行機で韓国のチェジュ島(済州島)経由で釜山を目指す。
チェジュ島には1泊。
ただ単にチェジュ島を挟んだ方が上海から釜山までの移動が安かったから。
上海 ー チェジュ島 ー 釜山で、飛行機代は1人1万6264円。

DSC_0624.jpg

機内には中国人向けの日本観光のパンフレットが。

GO日本。
いよいよ日本に帰るのだという実感が湧いてくる。

DSC_0625.jpg

DSC_0626.jpg

中国人旅行者におすすめのお土産や人気商品が紹介してある。
抹茶味のお菓子や正露丸。
漢方の本場中国では、正露丸に値するようなものがたくさんあってわざわざ買う必要がない気がするけど、やっぱり日本製がいいんだろうか。

DSC_0629.jpg

チェジュ島と言えば、青い海に浮かぶ深い緑の自然豊かな島というイメージ。
でも、残念ながらこの日は雨模様。
チェジュ島の空港に着いても、リゾートに来たという感覚がわかない。

DSC_0631.jpg

空港から街まではバスが出ている。
運賃は1人1300ウォン(約125円)。

チェジュ島の街の中のホテルはインターネットで予約済み。

1階にはクラブがある。
外観はお城みたいな形をしていて、なんだか地方のラブホテルのような・・・。

DSC_0632_2017062416190467a.jpg

でも中に入ると普通のフロントがあって、おじさんが対応してくれてビジネスホテルといった感じだった。

広めのベッドが2台。
マットレスもしっかりしている。
一泊一室4037円。

いよいよここで、3年5か月の旅の最後の1泊になると思うと感慨深い。

DSC_0639.jpg

でも、どうせならすっごいボロい安宿の方が旅の締めくくりにはふさわしかったかもなあ。
なんかこざっぱりしているホテルで、ちょっと物足りないな。

実はチェジュ島に来たら、泊まってみたい宿があった。
旅に出てから1年半の2014年3月、ペトラ遺跡の観光のためにヨルダンに滞在していたとき、わたしたちより少し若い韓国人バックパッカー夫婦といっしょのドミトリーだった。
二人の馴れ初めと将来の夢を聞いた。
二人が出会ったのは、フィリピン。
旦那さんがフィリピンでダイビングのインストラクターをしていて、旅行で訪れた奥さんと知り合い、恋に落ち、結婚したのだという。
二人の夢は、チェジュ島でダイビングショップをしながらゲストハウスを営むこと。
お金を貯めるためだけにオーストラリアへワーキングホリデーに行った。
二人でオーストラリアの果樹園で朝から晩まで休みなく働き、生活費を切り詰め、お金を貯め、チェジュ島に土地を買った。
ヨルダン旅行の後はチェジュ島に行ってゲストハウスを作るから、チェジュ島に来たときはぜひ泊まりに来てねと言われていた。

だけど、その二人から連絡先を教えてもらうのを忘れていたのだった。

あ〜悔やまれる!
奥さんの方は少し日本語ができたので、そのうち日本人の旅人にも人気が出てくる宿になるんじゃないかなあ。
いつか、二人の宿に泊まれたらなあ。

ダイビングも楽しめる、美しい海に浮かぶチェジュ島は火山の島。
島には標高1950メートルの漢拏山(ハルラサン・ハンラサン)があり、2007年にチェジュの火山島と溶岩洞窟群が世界遺産になっている。

韓国ではチェジュ島は「韓国のハワイ」と呼ばれていて、マリンスポーツやハイキングを楽しむにはもってこいの島。

そんなチェジュ島を楽しみたかったけど雨も降ってきたし、明日の朝にはこの島を発つので、今回はチェジュ島の観光はお預け。
イクエとケンゾーは、食を堪能するしかない。

とりあえず、昼ごはんを食べよう!
中国料理も好きだけど、韓国料理も大好きだ。
特にチェジュ島では、おいしい海鮮料理にありつけるんじゃないかな。

ホテルの近場で食堂探し。
こじんまりしたお店に入ると、愛想のいい高齢の女性が出迎えてくれた。

どれもおいしそうで迷う。

DSC_0634.jpg

2種類のチゲを注文。
白ご飯に、キムチやナムルもついて全部で16000ウォン(約1536円)。

わたしが頼んだのが、この海鮮テンジャンチゲ

DSC_0636_201706241619077d2.jpg

大きめのエビやカニ。
魚介エキスが十分に出ていて、ピリッと辛く体が火照ってくる。
白ご飯が進む。

DSC_0638.jpg

白ご飯が進むから太りやすそうだけど、韓国人はスタイルのいい人が多い。
年配の女性もそこまで太った人はいないような気がする。
やっぱり唐辛子効果で食べても汗をかいて新陳代謝がよく、エネルギーを消費するからだろうか。

それに韓国人女性は、おばさんでもお肌プリプリツルツル。
これも韓国の食材の影響からなのか、それとも日本人にも人気の韓国の化粧水やクリーム、パックの効果なのだろうか。

チェジュ島の街の中は、特に自然も感じず、普通の地方都市と変わらない。
人口はおよそ55万人。
島だから人口も少なくのどかなイメージがあるけれど、住民も思いのほか多いし、殺人や強盗、強姦や窃盗などの犯罪率は韓国でもっとも高い地域なのだそう。

DSC_0641.jpg

リゾート地でもあるのでゴルフ場やカジノもあって、最近では中国人観光客が押し寄せているらしい。
中国は広いけれど、経済的な発展とともに環境破壊も進んでいて、空や海が汚染されている。
だから、青い海、青い空に憧れる人が多いのだ。

チェジュ島だけでなく、いま沖縄にもたくさんの中国人がやって来ていると沖縄の友人が言っていた。
日本人がハワイやグアムで結婚式を挙げるように、沖縄で結婚式を挙げることが中国人に人気なんだとか。

帰国後、どうやって生計を立てていくか未定のイクエとケンゾー。
沖縄だったら仕事にありつけるよ、そう勧められて沖縄への移住を真剣に考えていた。

旅行に出かけるときは、帰国後のことは何も決めてなかったけれど、旅行中に何か見つかるだろうと思っていた。
でも、1年経っても2年経っても見つからず、というか真剣に見つけようともせずに、焦り、でもなんとかなるかなという楽観的な思いもあった。

そしてとうとう、帰国前日を迎えてしまった。
この場に及んで、ノープランなイクエとケンゾー。
ああ、まったくわたしたちって。

とりあえずイクエの実家に身を寄せることにしている。
こんなときのために、帰国後1年ぐらいのふたりの生活費ぐらいの貯金には手を出していない。
その貯金に手を出せばまだ旅を続けられたけど、そこまでリスクを負おうとは思わなかった。

帰国しても先の見えない予測不能の人生なんて、まるでこれまでのふたりの旅みたい。
帰国後の仕事がまったく見えないなか旅を終えるなんて、不安で仕方ないだろうと思っていたけれど、そうでもない。
予定の立たない旅の延長戦に突入する感覚かもしれない。

旅最後の食事は、現地のお客さんでごった返しているお店を見つけたのでそこへ。

DSC_0642.jpg

満席で待たないといけないけれど、最後のディナーだしおいしそうなので空きが出るまで店の外で待つことに。

韓国といえばサムギョプサル(豚バラの焼肉)が有名だけど、ここはチェジュ島産の黒豚の焼肉店らしい。

ほかのお客さんを見ると、当たり前だけど全員が焼肉を食べている。
そして、不思議な形をしたものも。

DSC_0646.jpg

チゲで使われる鍋よりもひと回り小さい鍋に、ぷっくらと黄色がかった熱々のものが盛られて湯気を出している。

イクエとケンゾーも注文して食べてみる。
韓国料理には珍しく、辛くもないし薄味。
卵豆腐のような、茶碗蒸しのような味。
箸休めにはちょうどいい一品。

そして、イクエとケンゾーの大好物、ケジャン
ケジャンとは、ワタリガニを生のまま殻ごとタレに漬け込んで熟成させたもの。

DSC_0645.jpg

この3年5か月に及ぶふたりの世界旅で、一番最初に訪問した国が韓国だった。
イクエが以前勤めていた会社の先輩が、そのときソウル支局の特派員をしていてわたしたちにおいしい韓国料理をご馳走してくれた。
その中で食べたもので忘れられないおいしさだったのが、ケジャン。
その時は生のカニを醤油味のタレに漬け込んだカンジャンケジャンだった。
今回は唐辛子風味のタレに漬け込んだヤンニョムケジャン

やー、どっちもおいしいね。

和食はどこの国の料理にも負けないって思うけど、このケジャンは「やられたー!」って思う。
生で魚を食する刺身や寿司、それに塩辛の文化がある日本なのに、なぜケジャンが日本で発明されず、さらにその食文化が輸入されなかったのだろう。
朝鮮発祥の辛子明太子は日本に定着したのに。
ワタリガニが手に入りづらいから?

タレに漬け込まれて柔らかくなったカニを殻ごとしゃぶるのが、たまらなくおいしい。

そしてそんなピリ辛のケジャンに合うのが、まろやかでコクと酸味があるマッコリ!
このマッコリはチェジュ島のご当地マッコリ。

DSC_0643.jpg

この銀色の小さな洗面器みたいな器でグビグビ飲むのが韓流。

マッコリは本当においしい。
日本に帰っても、たまに飲もう。

さて、メインの焼肉は?

分厚いステーキぐらいのボリュームのある豚肉が運ばれてきた。

DSC_0648.jpg

すごい厚さ。
外は、いい具合に焼き目がついてきている。
でも、中まで火が通るんだろうか。

DSC_0649.jpg

そう思っていたら、店員さんがやってきて、ジョキンジョキンとハサミで切っていく。
まだ中は赤い。

DSC_0650.jpg

分厚いステーキが、厚切りベーコンのようになった。
あとは表面がこんがり焼き上がれば、食べごろ。

DSC_0652.jpg

青唐辛子とニンニクが入った魚介の辛味ソースも、鉄板の真ん中に置かれてグツグツ煮られていく。

食べるときは、このソースに柔らか黒豚肉をちょんっとつけて。

DSC_0653.jpg

チェジュ島での食べ物のリサーチはしていなかったけど、こんなおいしいチェジュ島産黒豚の焼肉にありつけてよかった。

旅最後のディナーは、しめて54000ウォン(約5148円)。
二人にしては贅沢だけど、最後だからね。

明日の今ごろは、日本で和食かぁ。
なんか不思議な感じだなあ。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから! 

日本人が上海で爆買い

2017.06.21 15:17|中国☞EDIT
夫と体感温度が違って困っているイクエです。
家でわたしは長袖を着てても寒いのに、ケンゾーは半袖でパンツ一枚で「暑い暑い」と言って窓を開けたがります。
お互い合わせようと服で調整しているけど、それでもわたしにとっては寒いしケンゾーにとっては暑い。
どうしたものかな。

DSC_0591.jpg

イクエとケンゾーは上海には初めてやって来た。
トランジットだけではもったいない。
次のフライトは明日の早朝。
ということで、1日だけ上海観光することにした。

DSC_0588.jpg

上海の緯度は鹿児島と同じくらいだけど、冬の寒さは鹿児島よりも厳しい。
夏も蒸し暑いし、広い中国の中でけっして過ごしやすい気候ではない。
にもかかわらず、海に面した上海は中国最大の都市となっている。
人口は2400万人を超え、いまも増え続けているんだそう。
上海は、勢いのある世界都市。

そんな勢いよく発展している上海には、きらびやかで派手で変な形の建物があちこちにある。

DSC_0583.jpg

日本に爆買いをしに来る中国人だけど、その中でも上海人の占める割合は多いんじゃないかと思う。

上海ってお金持ちが多いイメージがある。
国際都市だから英語を話せる人も多そうだし、海外旅行を好きな人が多そう。
実際、都市部と地方に格差を作り、都市部の人に優遇措置を施している中国政府。
上海人には外国への観光ビザを取りやすくしているらしい。

DSC_0589.jpg

でも、きょうはわたしたちがこの上海で爆買いをするつもりだ。
軍資金は10万円。

結局、この日までにロストバゲージした荷物がわたしたちのホテルに届くことはなく、また発見されたという連絡もこなかった。

なくなったバッグに金目のものは入れていなかったし、この場に及んで旅を続けるためになくてはならないもので手に入らないものはなかった。
必要な物は買い換えれば事足りる。

ただ、ベネズエラで買ったコーヒーやメキシコでロロからもらったカヘタ(ヤギ乳のキャラメソース)、最後にお土産をと思ってロサンゼルスのスーパーで買ったお菓子が気がかり。
無事にロストバゲージした荷物がわたしたちの元に戻って来てくれたらいいけど、届かなければお土産がほとんどない。

しかも、ベネズエラでたくさんのお土産を買って実家に郵送したけれど、半年経っても実家には届いていないんだよね。
このベネズエラの荷物は半ば諦めている。
政情が不安定な国だし、経済が破綻しているのでどこかで盗まれたのかもしれない。

そうなると、お世話になった人や日本で待ってくれている人たちに何もあげられない。

でも、今は軍資金10万円で「当座の旅に必要と判断される必需品」を買うことを考えよう。

ショッピングをするなら、上海の銀座とも言える南京路に行くといいらしい。
歩行者天国になっていて、両脇にはデパートや有名ショップが立ち並んでいるのだそう。

テレビの真横に便器が置いてある変なホテルを出発し、昨日の教訓から路線バスに乗ってメトロの駅へ行き、いざ南京路へ。

DSC_0584.jpg

ここでなら何でも手に入りそう。

政府がネット規制をしている中国。
Google、Facebook、YouTube・・・裏技を使わないと見られない。
わたしたちも中国を旅していたときは、このFC2ブログも規制の対象だったのでブログをアップするのに苦労したし、東チベットを旅するために地図を見ようとしたけどチベット関連の情報は遮断されていた。

とはいえ、アップルストアの南京東路店は大盛況。
これほど世界中でインターネットが普及している今、もはや中国政府の規制にも限界がきている。
これからどんどん中国も自由になっていくんじゃないかなあ。
そう期待したい。

DSC_0572.jpg

せっかくのチャンス。
特にトランジットで立ち寄る上海で予定していたこともなかったし、きょう一日は爆買いだ。

その前にまずは腹ごしらえ。

DSC_0573.jpg

食の天国、中国!
わたしたちはこの時を待っていた。

安くて量が多くて、何を頼んでもハズレなし!
中国の食堂はイクエとケンゾーにとって、心踊る場所なのだ。

DSC_0575.jpg

旅をしていて「どこの国の料理が一番おいしかった?」とよく質問された。
迷いなく答えるのがスペインと並んで「中国!」。

米に合う料理、野菜たっぷりの料理、醤油っぽい味付の中国料理は日本人のイクエとケンゾーの胃袋を掴むのだ。

でも旅の途中で出会った日本人夫婦が「中国が一番、食においてダメだった。苦痛だった。だって全部の料理が脂っぽいんだもん」と言っていた。
その夫婦はどっちも中国の料理がダメ、わたしたちはどっちも大好き。
だからよかった。
食生活を同じにする夫婦は味覚も似てくるのだろう。
パートナーと旅をする上で味覚が同じというのは、とても大切なことだと改めて思った。

DSC_0578.jpg

中国の食堂で出されるものは、材料も料理法もシンプルで、注文してすぐに出てくる。
それなのに、なんでこんなにおいしいんだろうか。

私とケンゾーが大好きなのは、ナスのピリ辛炒め。
ふたりの大好物だから、やっぱり味覚がいっしょだね。
たいていの食堂にあるメニュー。

DSC_0576.jpg

ナスが柔らかく、味が染み込んでいる。
甘くて辛くて、ご飯が進む。
簡単な料理だけど、この味は真似できない。
あの、火力が強い業務用コンロと中華鍋だから出せる味なのかな。

DSC_0579.jpg

湯気立ち上がる点心も、おいしいねえ~。
中国にいると、自分の胃袋に限界があることが残念でしかたがない。

お腹を満たして、いざショッピング。
それにしても、日本で見られる中国人の爆買いは、本場でも行われていたなんて。
通りには人、人、人。
紙袋をいくつもぶら下げた家族づれやブランド店に入っていくカップル。
お店の中も大混雑。

こんなに景気がいいの?

DSC_0585.jpg

このときは中国の旧正月、春節の時期。
日本でもお正月の初売りではデパートやショッピングセンターが混雑するように、今が特別なのだろうか。
それとも時期に関係なく、こんな感じなのか。
だとしたら、中国の勢いはすごい。

DSC_0581.jpg

歩行者天国のこのショッピングエリアには、日本でお馴染みの店も多い。
GAPやFOREVER21・・・。

イクエとケンゾーはH&Mやユニクロで、服や下着、靴下を調達。
売ってある商品は日本の店頭に並ぶものとほぼ一緒。

DSC_0580.jpg

中国の方が物価が安いにもかかわらず、ユニクロは日本の方が安い。

ハイクオリティー、ハイセンス、そしてハイプライス。
それが中国のユニクロなのだ。

日本では安いイメージのユニクロだけど、中国ではおしゃれで本物志向の人たちが好むブランド店とも言える。

場所を変えて他のショッピングエリアに行って、化粧水や髭剃りなども購入。
そしてバッグそのものがなくなっているので、バックパックまで買った。
まさか旅の最後にバックパックを新調するなんて、3年5か月の旅を終えピカピカのバッグパックで帰ることになるなんて思ってもいなかった。

使ったお金は日本円で7万円あまり。
後日、全額保険会社から振り込まれた。
10万円ギリギリまで買えばよかったかな。

DSC_0595.jpg

余裕があればショッピング以外に観光も、なんて思っていたけれどショッピングに慣れてないイクエとケンゾーは7万円分も買うのに丸一日かかってしまった。

観光は次回にとっておこう。

上海の街にそびえる、凝った近代的な建物は夜になるとライトアップされて、いっそう華やかになる。

DSC_0620.jpg

いかにも中国らしい建物のライトアップを見たければ、豫園商城へ。
お土産やさんやレストランがひしめくショッピングエリアだけれど、一つ一つの建物が豪華絢爛。
夜に行くと金色にライトアップされていて、建物群に圧倒される。

DSC_0598.jpg

買い物目当てじゃなくても、行く価値はあるところ。
これぞ、中国的美意識。

DSC_0604.jpg

しかもちょうどこのときは春節だったから、春節用のイルミネーションが出迎えてくれる。
日本のクリスマスのイルミネーションとは全然違う趣き。
カップルでロマンチックな気分に浸るのには向いてないけれど、家族や友人でワイワイ訪れると楽しく明るい気分になる。

DSC_0617.jpg

DSC_0599.jpg

明日はいよいよ最後の国、韓国へ。
あっという間の上海滞在。
締めはやっぱり、イクエとケンゾーが心踊る中国料理。

DSC_0610.jpg

多くの人たちで賑わっているここは、お皿に盛られた料理を自分で選ぶバイキング形式。
と言っても食べ放題ではなく、学食や社員食堂のようにトレーに好きなものを載せたら最後に精算するシステム。

目の前に現物があるから、いつものようにメニューを見て漢字からどんな料理か推測して注文し、たまに予想外のものが来てしまう、ということもない。

色あざやかな野菜、肉に海鮮。

上海蟹もおいしそう!

DSC_0609.jpg

山椒が効いて、舌がピリッとする四川料理もクセになるおいしさだったけど、やっぱり海に面した地域の料理は食材が豊富で、あれもこれも食べたくなる。

ああ〜、胃袋が三つくらいあったらなあ。

DSC_0608.jpg

でも、空芯菜の炒め物は外せないし、本場の点心に舌鼓を打ちたい。
それに、サザエのような真っ黒い貝も気になるなあ。

DSC_0611.jpg

まあ、でも一番気になるのは、おっぱいにストローが突き刺さったようなこれだったけれど。

DSC_0613.jpg

中から滲み出る肉汁とスープをこぼさないように、上手に食べる。
それが、中国の点心を食べる時の注意点。
なら、いっそのことストローを突き刺して、最初にチュチュっと吸ってしまえ、という合理的な発想。

でも・・・。
最初に中のスープを吸ってしまったら、ふっくらアツアツジューシーな点心ではなく、カピカピの点心になってしまった。
残念。

お腹を満たして、さあ明日の早朝のフライトに備えて宿に帰ってぐっすり眠るとしよう。
便器のそばでね!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから!