Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別記事
最新コメント
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

見てくれてありがとう!
メールはこちらから ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
ふたりのお勧め旅グッズ










ふたりの旅も大詰め。あともうちょっとだけおつきあいお願いします!

 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ふたりでふらり」はブログランキングに参加中!
1日1回のclickが順位に反映されます。
ぜひポチッと応援お願いします ♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

フィリピンで語学留学をお考えの方へ

2016.10.11 10:36|フィリピン☞EDIT
先日結婚記念日を迎えたイクエです。
最近わたしの体調があまりよくないので、外食は断念し、ケンゾーが買ってきてくれたケーキでささやかにお祝いしました。
もう10年目になります。
これからも、夫婦仲良く楽しくやっていこうと思います。

さて、きょうはふたりの旅のお話を中断してお知らせがあります。
中断と言っても、旅に関係のあることです。

わたしたちはこれまでバングラデシュやアフリカ、中南米で、たくさんの海外協力隊員に会ってきました。
彼らの活動を見せてもらったり、ときには参加させてもらったり、ホームステイをさせてもらったり。
ふたりだけの旅では味わえない、とても貴重な体験をすることができました。

a_DSC_0529_20161011102333941.jpg

a_DSC_0109_20161011102332a23.jpg

隊員たちの活動は、原則2年です。
わたしたちが世界各地で出会った隊員たちのほとんどは、すでに任期を終えて帰国しています。

その後の人生はさまざまです。
以前の仕事に復職した人、まったく違う分野に挑戦している人、隊員同士で結婚した人、任地でやっていた活動を日本の団体で展開している人、海外で経験したことを深めるために学校に入り直した人。

また、帰国してまもなく、ふたたび海外へと旅立っていった人たちもいます。
海外にも支社のある日本企業に入社し、隊員として活動していた国に社員として派遣された人。
フットワークの軽さから、出張で世界を飛び回っている人。

海外協力隊員として2年も海外にいたら、日本に帰ったときに社会復帰が難しい。
そんなことを聞いていましたが、わたしたちが出会った隊員たちはみんな頼もしくその後の人生を切り開き、活躍しています。

そのなかのひとり、南米パラグアイで会ったゆかちゃん。

a_DSC_7666_20161011102335dc3.jpg

ゆかちゃんは、パラグアイのパストレオという田舎町の養蜂組合で、蜂蜜やプロポリスを使った商品の開発や販路の拡大、組合のマネジメントなどのお手伝いをしていました。

a_DSC_7772_20161011102351d1a.jpg

ゆかちゃんは、わたしたちのホームステイ先を探してくれたり、現地の病院や学校を視察させてくれたりと、いろいろ面倒をみてくれました。

a_DSC_7723_20161011102338e4d.jpg

会う約束をした日にわたしたちからうまく連絡がとれなかったり、バスが遅れたりしてふたりとも焦っていましたが、ゆかちゃんは動じることもなく「世界一周をされているおふたりなら、どうにかしてここにたどり着き、絶対会えると思ってましたよー」とのんびりと迎えてくれました。
ゆかちゃんは旅人のこころをわかっているような人でした。

a_DSC_7685_20161011102336813.jpg

それもそのはず。
ゆかちゃんも、なんと世界一周経験者。
そんなゆかちゃんが、海外協力隊の活動を終えて次はなにをするのかなあと思っていたら、いま、フィリピンにいるそうです。

a_DSC_0634_20120828220927.jpg

ゆかちゃんがパラグアイから帰国したのはことしの1月。
早々と日本を出て、フィリピンの貧困層の若者を対象にしたキャリア支援事業を行なうNPOで働いているそうです。

名前はNPO法人PALETTE

そのNPOは、事業の一環として日本人向けの語学学校を運営しています。

フィリピン留学と言えば、いま日本人に大人気。
フィリピンでは現地の言葉のほか、英語も公用語となっていて、学校の授業やテレビのニュース、新聞などでも英語が使われています。
英語を勉強したい日本人にとって、フィリピンは距離的にも近いうえに、滞在費や学費も安く抑えられるとあって、フィリピンに短期留学する人が多いのです。

わたしたちも、世界一周のスタートをフィリピンにして、フィリピンで旅に必要な英語を身につけてから世界をまわっているという旅人にたくさん会ってきました。

a_DSC_0371.jpg

いま、フィリピンでは日本人向けの語学学校がたくさんできています。
ゆかちゃんも、そんな語学学校を運営しているNPOで働いているけれど、ゆかちゃんの学校は、現地の若者向けのキャリア支援事業ということで、とても特色があると思います。

キャリア支援事業とは具体的に、貧困層出身の若者に英語教師になるためのトレーニングを3か月間無償で提供し、トレーニングと試験を通過した若者のみが運営している学校で教師として働く、というものだそうです。

授業コースのなかには「旅×留学」という旅人向けのコースも設置されています。
旅で使う英語を中心に学んだり、世界一周経験者が旅の相談にのったり、希望者には中南米を旅するうえで必要なスペイン語も教えてくれるのだそうです。

フィリピンで英語も学べる、先輩の旅人から旅の話も聞ける、そしてなにより現地の人たちを支援できる。

PALETTE SCHOOL

さらには教室では学べない、途上国の現実を感じるスタディーツアーも開催されています。
巨大なゴミ集積場に行き、そこでゴミを拾いながら生活している「スカベンジャー」と呼ばれる人々と対話し、フィリピンが抱える問題を共に考えます。
また、スラムから強制退去された人たちが暮らす再定住地の訪問などもあります。

せっかくフィリピンで語学留学するのなら、それが地元の人の役に立ち、語学だけでなくフィリピンの社会問題も学べるほうがいいなあとわたしたちも思います。

a_DSC_0453_20120824182015.jpg

以下、ゆかちゃんからのメッセージです。

*********************************

海外に行ってみたい。でも、全く英語ができないから何だか不安。

こんな風に思ったことはありませんか?

そんなあなたのための、フィリピン留学コースがあります。

「旅×留学」
http://www.pa1ette.org/school/journey_course/

このコースでは、旅で使える実践的な英語を身につけることができます。

また、世界一周、バックパッカー経験のあるスタッフが旅プラン作成をお手伝いします。

お問い合わせ、お申し込み、お待ちしております。

【NPO法人が運営する語学学校 PALETTE SCHOOL】

*NPO法人PALETTE:http://www.pa1ette.org
 フィリピンの貧困層の若者のキャリア支援を行っており、その一環として語学学校を運営しています。

*PALETTE SCHOOL:http://www.pa1ette.org/school/
 自然豊かで閑静な土地にありながら、国際色豊かな環境で英語を学ぶことができます。
 休日に、貧困問題を学ぶスタディツアーも催行中。

*********************************

フィリピンで語学留学したいなと思っている方、ゆかちゃんに会いに行きませんか?
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから! 

何でもありなマニラ

2012.08.28 23:48|フィリピン☞EDIT
世界旅行前の家族旅行。
フィリピン最終日は首都のマニラ観光。
プエルトガレラから船に乗り(今回は天気がよくて船酔いせず)
またまたワゴン車をチャーターしてマニラ入り。
団体旅行と違って、バスじゃないので移動中もくつろげる。

a_DSC_0597.jpg

今回はマニラでももっとも大都会のマラテ地区に宿を予約してた。
ロビンソンプレイスという、ものすご〜くでかいショッピングセンターに
隣接していて、一等地のビル。
ビルに入るとフロントはなくて、「え、ほんとうにここ?」と不安に。
受付で告げると、女性のスタッフが1階に迎えにきてくれて
上の階のオフィスの一室に案内してくれた。そこで手続きを済ませる。

その宿は「JMMアパートメント スイーツ」という名前。
ホテルではなくて貸しマンションみたいなものだった。
ふつうは長期で借りるみたいだけど、わたしたちは1泊だから
ちょっと割高なんだけど、それでも7人全員で2万円くらい。
寝室×3、トイレ×3、浴室×2、そしてリビングダイニング、キッチン。
家族全員で泊まれるし、ホテルみたいに圧迫感が無くて広いから
家にいるみたいでゆっくりできる。

a_DSC_0606.jpg

窓辺にいるオムツ姿の甥っ子。飽きもせずにずーっと外を眺めてる。

なぜなら・・・・。

a_DSC_0603.jpg

38階! 
日本でこんな高層マンションに住むなんて夢のまた夢だけど
ひとり3000円で1日だけセレブ感を味わう。

マニラの観光でみんなが行きたかったところ。
それが「イントラムロス」。スペイン語で「壁の内側」という意味。
スペインの植民地だった1600年代はじめにつくられた
壁に囲まれた都市。
壁の内側には要塞や学校、教会があってスペイン人だけが住むことが許されていた場所。

a_DSC_0616.jpg

東南アジアとは思えない。
ヨーロッパにいるみたい。

a_DSC_0630_20120828201515.jpg

城壁の中では、馬車が走っている。

a_DSC_0613.jpg

7人全員で乗って30分で1000円弱。城壁沿いを走る。
城壁内には学校が多くて、けっこう賑やか。

a_DSC_0645.jpg

馬車に乗っているとタイムスリップしたみたい。a_DSC_0648_20120828202007.jpg

でも、急に渋滞に巻き込まれ、過去から現代に戻る。
場違いだけど、ウマさん、車に負けずにかんばって!

a_DSC_0647.jpg

太平洋戦争のとき、ここも日本軍が侵略した。
イントラムロスでは、日本軍が使っていた大砲や
フィリピン人たちを投獄したサンチャゴ要塞がある。
マニラ湾に近いところに位置するこの要塞には牢屋があった。
日本はフィリピン人たちを地下牢に閉じ込めて、満潮のときに
海から押し寄せる水で水死させるという残酷なこともおこなっていた。

a_DSC_0641_2.jpg

馬車のフィリピン人のおじさんが
「ニホン ロウヤ」「ニホン タイホウ」と片言の日本語で案内してくれるけど
申し訳なく、肩身の狭い思いがした。


イントラムロスに来た観光客が立ち寄る場所がある。
一番の見所、サン・アグスチン教会。

a_DSC_0618_20120828213641.jpg

16世紀に建てられたバロック様式の石造りの教会。
回廊には宗教画が飾られて、宮殿の美術館みたい。

a_DSC_0620.jpg

立体的に見える天井画はイタリア人アーティストの作品。

a_DSC_0622.jpg

ブルーがきれいなシャンデリアはパリから取り寄せられたもの。

a_DSC_0625.jpg

教会の像の表情はどれも、どことなくアジア的な顔。

a_DSC_0621.jpg

a_DSC_0628.jpg

イントラムロスはマニラの雑踏から切り離されたような空間。
けれど、境界線の通りでは・・・

a_DSC_0633_20120828220927.jpg

通りの左と右ではまったく風景が異なる。
右を見るとアジアそのもの。
店先で女性が洗濯。
みんな道路で夕涼み。
今にも崩れそうな建物が軒を連ねる。

a_DSC_0634_20120828220927.jpg

a_DSC_0635_20120828220927.jpg

フィリピン旅行の最後の晩餐は、宿から歩いてすぐの
「サンボアンガ」というレストラン。
伝統的なダンスやショーを見ながらフィリピン料理に舌鼓。

a_DSC_0657.jpg

a_DSC_0661.jpg

2歳の甥っ子は聞いたこともないリズムや見たこともないダンスに
じーっと見入っていた。ショーは1時間あったけど、ずっと集中してた。
小さい子なりにカルチャーショックを感じたのか。
だって大人が見ても、なんというか・・・。
摩訶不思議なコスチューム・・・。

a_DSC_0668.jpg

ワインの入ったグラスを頭に載せて、こぼさないでダンス。
「おお〜!!」と歓声があがったり、拍手がおこったり。

a_DSC_0663.jpg

でも、感心してよいものか。
よく見ると男の人だけワインの量が!
すっごい慎重だけど、これが限界なの??

a_DSC_0665.jpg

フィナーレは、お客さんも参加する。
姪っ子も甥っ子も、緊張しながらステージへ。
ブラに見えてしまうコスチュームの男性に手を取られると
余計に緊張するようだ。

a_DSC_0674.jpg

a_DSC_0696.jpg

お腹いっぱい食べて飲んでショーを楽しんで、7人で7000円ちょっと。
母親が「えーーっ! 1人7000円じゃなくて!?
いつも行く旅行会社のツアーだったら、オプションのディナーショーで
1人そのくらい取られるのに!」と驚いていた。

さて、夜のマニラ。
子どもは早めに宿に帰って寝んね。ケンゾーとイクエだけで散策。
ケーキ屋さんを見つけたけど、そのケーキ屋が変!!

a_DSC_0650.jpg

ケーキがすべて大人用
真ん中にそそり立つものがある。

a_DSC_0651_20120828225251.jpg

だれが買うのかな。
日本だと歌舞伎町だったら売れるかな。

a_DSC_0652.jpg

イクエが行ってみたかったバー「ホビットハウス」に行った。
ここのバーはウエイターやウエイトレス、案内スタッフがみんな「ホビット」さん。
とっても小さい。

a_DSC_0709.jpg

日本だと「スナックこびと」とかいって、小さな人ばかり働かせたら
人権委員会に文句を言われそう。
でも、ここのスタッフはみんなとっても楽しそうにしている。
自分の仕事に誇りをもっているみたい。
堂々と接客し、お客さんから「かわいい!」と言われて
こころよく写真撮影に応じてくれる。

ちなみにイクエは身長148センチ。
身長180センチの人よりも、ホビットさんとの方が差がなくて
横にならんでもあんまり違和感を感じない。
むしろしっくりくる。
どっからどこまでが「ふつう」でどっからどこまでが「ホビット」なんだろう。
180センチの人からみたら、イクエも「ホビット」かな。

a_DSC_0710.jpg

6日目の朝。とうとう帰国の日がやってきた。
寝室が3つある38階の部屋で、それぞれ朝を迎える。

a_DSC_0715.jpg

a_DSC_0608.jpg

a_DSC_0607.jpg

贅沢なつくりの部屋なのに
義兄、姪っ子、甥っ子は自宅と変わらないスタイルで朝を迎えていた。

a_DSC_0717_20120828232215.jpg

「似たもの親子! おきなさ〜い。帰りますよ〜。」

空港に向かうタクシーの窓から見えた
フィリピン版太陽の塔? なんなんだろ〜。

a_DSC_0719_20120828231621.jpg

5泊6日、家族フィリピン旅行。
病気もせず、天気もよく、笑いが絶えない、自分たちのペースで楽しめた旅でした。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから!