Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別記事
最新コメント
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

見てくれてありがとう!
メールはこちらから ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
ふたりのお勧め旅グッズ










ふたりの旅も大詰め。あともうちょっとだけおつきあいお願いします!

 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ふたりでふらり」はブログランキングに参加中!
1日1回のclickが順位に反映されます。
ぜひポチッと応援お願いします ♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

海外でこそ キャンピングカー

2012.08.07 11:40|タスマニア(豪州)☞EDIT
キャンピングカーに一度くらいは乗ってみたいけど
自分が所有したり友達に借りたりしない限り
乗る機会にはめぐりあえない。

しかも、正直そんなにメリットがわからない。
安い旅行がしたければ普通の車でまわって
安い宿に泊まったほうが不便じゃなくてよさそうだし、
アウトドアならキャンプのほうがいい。
そう思っていた。

けれど、キャンピングカーで2010年
旅をする機会がやってきた

しかも海外で!
オーストラリアの島、タスマニアで!

結論から言います。

キャンピングカーでの旅行
想像以上にとってもいい
ものすごくいい

う〜ん、なんて言うのかな。
バックパッカーの旅行の自由さ
ホテルを最初から予約している旅行なみの安心感
ふたつが味わえる。

キャンピングカーはオーストラリアでは
どこでもレンタルできる。
日本の普通車のレンタカー並みにメジャー。

きょうはキャンピングカーでの旅の仕方やメリットをご紹介します

a_DSC_0245.jpg


出発前にやること

・国際運転免許証の取得

警察署や運転免許センターなどに運転免許証とパスポート
顔写真をもっていけば作ってくれる。
有効期限は1年。
イクエはペーパードライバー(でもゴールド免許)だし
オートマしか運転できないのでキャンピングカーの運転はムリ!
なので、ケンゾーだけ取得。

・キャンピングカーの予約

ネットで検索すればいくつかのキャンピングカーの
レンタカーサービスを探せる。
日本語のページもある。
わたしたちはタスマニアの空港から歩いていける距離にある
レンタカー屋さんに予約。
電話予約じゃなくて、ネットでの予約だったから
「ちゃんと用意されてるかな〜」と不安だったけど
何の問題もなかった。
あ、問題あったと言えばあった。
ケンゾーとイクエは慣れてない道だし運転しやすいように
小型のものを予約してた。(普通のワゴンくらいの大きさ)
でも着いたらレンタカー屋さんのおじさんがすごい笑顔で
「君たちにいいサプライズを用意してるよ
 外に出てごらん。」って言うから
駐車場に行った。
そしてらロケバスくらいのでかいキャンピングカーが用意してあった
ケンゾーとイクエは顔を見合わせて
内心「こんなん運転したくないよ〜」と思った。
でも、おじさんはとても満足そう。
「もちろん料金は特別に小型のものといっしょでいいよ」って言う
おじさんを傷つけたくはない。
「サ、サンキュー・・・。」って答えて結局その車を借りた。

結果的には車内が広くてよかった!

a_DSC_0028_2.jpg



キャンピングカーのレンタル料(オーストラリアの場合)
 
キャンピングカーの種類はさまざまで料金も違う。
ワゴンタイプや4WDタイブ、Wベッドひとつで2人乗りのものや
ロフトのようなスペースがあってベッドが複数あるファミリータイプのものなど。
1日1万円くらいから。
事故にそなえて保険料を追加するが、その額も補償額によってかなり変わる。

だいたい7日間以上からの貸し出しなので、1泊2日や2泊3日とか
短い旅行なら借りられないかも。


キャンピングカーの設備

・キッチンスペース(流し/コンロ/冷蔵庫/レンジなど)
a_DSC_0021.jpg

・ソファ/ベッド
a_DSC_0568.jpg
テーブルをはずしてソファの間に置いて上にマットを置けばWベッドに変身。
a_DSC_0027.jpg

・冷蔵庫
・テレビ(ちゃんと受信できなかった。) 
・エアコン(運転席側のとは別に、生活空間のところにちゃんとしたのが設置してある。
 寝る時も重宝。)
・棚(収納スペースはかなり多い)
a_DSC_0020.jpg

・トイレ シャワー室

・備品
(フライパン、包丁、トースター、食器などのキッチン用品
 シーツやタオル、ブランケット
 洗剤や料理の油、インスタントコーヒーや紅茶などの消耗品)

 備品はかなり充実していて、キャンプ用品をもっていく必要はない。
 ホテルに泊まるときと同じ準備で大丈夫。


旅の仕方

慣れない道を走るのは最初は不安だった。
タスマニアは北海道より少し小さい島で
この島を1週間かけてまわるプランを立てた。
レンタカー屋さんは地図を貸してくれたけれど
その地図は詳細ではなくてタスマニアの全体図しか載ってない。
「こんなので大丈夫?」と思ったけど
その不安はすぐに消えた。
だってほんとうに一本道がずーっと続いているだけ。
ほとんど信号もないし分かれ道も無い。
しかもオーストラリアは日本と同じ右ハンドル。

a_DSC_0360.jpg


そして、キャンピングカーでの旅をおすすめする一番の理由は
キャラバンパークの存在。

キャラバンパークとは、キャンピングカー用のキャンプ場みたいなもの。

a_DSC_0248.jpg

それぞれの駐車スペースに、水道や電源が設置されている。
外の水道と車の水タンクをホースでつないでおけば
いくらでも車内で水を使うことができるし
外の下水溝にパイプをつないでおけば車内で使った水もそのまま排水される。
コンセントをつないでおけば、エンジンを切っていても
発電の必要もなく照明やエアコンが使える。
(日本でキャンピングカーに乗ってる人たちはどうしてるんだろう。)
なのでキャンピングカーを家のように快適に使える。

a_DSC_0247_20120807160723.jpg

キャラバンパークにはコインランドリーやトイレ、シャワー室、
炊事場、売店などの施設もある。
わたしたちはキャンピングカーのシャワー室は狭いから
ほとんどキャラバンパークのシャワーを使っていた。

キャラバンパークの駐車料金は1台2000円くらい。
だいたいどの街にもキャラバンパークはあって
「よし、きょうはここにしよう」という感じで気ままに決めていた。

a_DSC_0418.jpg

自然に囲まれたキャラバンパークだと
とめている車の周りにいろんな動物も寄ってくる。

a_DSC_0636.jpg

a_DSC_0106.jpg

a_DSC_0403.jpg


窓から湖を一望できる美しいキャラバンパークも。

a_DSC_0131.jpg



オーストラリアでは退職すると家を売り払って
キャンピングカーで旅する高齢者が多い。

a_DSC_0250.jpg

キャンピングカーはポピュラーらしく、ドライブ中に一日に何度もすれ違う。
旅というより、1か所のキャラバンパークにとどまって生活している人も多い。

a_DSC_0246_20120807164323.jpg


キャンピングカーのメリット

キャンピングカーの良さは、移動手段である車が居住施設そのものであること。

自由きままな思いつきの旅であっても、その日の宿を心配する必要はない。
チェックアウトの時間を気にせず、ゆっくり朝を迎えられる。

冷蔵庫があるので、運転中や観光中にいつでも冷たい飲み物を飲める。
そして、レストランのない辺ぴな田舎でもお腹が減ったら料理でき
好きなときに食事の時間にできる。

大自然の中でランチ。

a_DSC_0538_20120807221211.jpg

スーパーで地元の食材を購入して料理するのも楽しい。

a_DSC_0125.jpg

ぶどう畑が広がる村をドライブし、ワイナリーに立ち寄り
気に入ったワインを購入してディナーのおともに。

a_DSC_0372.jpg



なにより、異国でのドライブは楽しい。

a_DSC_0357.jpg

a_DSC_0235.jpg

旅が進むごとに車窓からの景色は変わる。
ロードムービーの主人公のような気分に。

a_DSC_0242.jpg

a_DSC_0344.jpg

a_DSC_0054.jpg

a_DSC_0544_20120807225803.jpg


こんなオーストラリアらしい光景を目にしたり

a_DSC_0237.jpg

a_DSC_0560.jpg

美しい海沿いを走ったり

a_DSC_0061.jpg

風景画のような場所をドライブしたり

a_DSC_0064_20120807222928.jpg

いろんな動物に遭遇したり

a_DSC_0041.jpg

a_DSC_0043.jpg


そして羊と一緒に走ったり。

a_DSC_0618.jpg

キャンピングカーでの旅行は
レンタル代やキャラバンパークの利用料、ガソリン代など
1日に1万5000円くらいかかる。
普通車をレンタルし、安い宿に泊まるほうが安くなるかもしれない。
しかし、キャンピングカーでの旅は値段以上の快適さや楽しみを味わえる。
道路が広く、キャラバンパークのある外国でこそ
キャンピングカーでの旅を体験してみてはいかが?
とくに家族旅行におすすめ!!


ケンゾーとイクエも人生でもう一度、やってみたい。

a_DSC_0348.jpg
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから!