Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別記事
最新コメント
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

見てくれてありがとう!
メールはこちらから ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
ふたりのお勧め旅グッズ










ふたりの旅も大詰め。あともうちょっとだけおつきあいお願いします!

 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ふたりでふらり」はブログランキングに参加中!
1日1回のclickが順位に反映されます。
ぜひポチッと応援お願いします ♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

旅の終わりを前にして

2017.06.09 06:13|アメリカ合衆国☞EDIT
先週引っ越したイクエです。
手狭になったので、前住んでいたところの近くに移りました。
荷造り荷ほどきで忙しかったのですが、ようやく落ち着いてきました。
引っ越しのたびに断捨離をしてきたのに、物はたまっていくんですよね。

アメリカ最終日を迎えたイクエとケンゾー。
夜のフライトでロサンゼルスからシアトルを経由し上海へと向かう。
上海からは韓国経由で日本へ。
いよいよ最後の旅路。

夜まではまだ少し時間があるので、太平洋を臨む夕日のスポットへ。

DSC_0448.jpg

静かな海。
空の色がこれから刻々と変わっていく時間。

日中は雲ひとつない晴れ渡る青空で、汗ばむ陽気だった。
まもなくやって来る夜を前に、空気が少しずつ冷え始めている。
海風が心地いい。

DSC_0458.jpg

波に削られた断崖と灯台に西日が当たる。
静かで美しい景色に、心がスーッと落ち着いていく。
3年5か月の旅がまもなく終わろうとしているのに、不思議と高揚感も寂しさもそれほど感じない。

目の前の穏やかな景色がそうさせているのだろうか。

DSC_0451.jpg

イクエがアメリカ本土に来たのは今回が4回目。
ケンゾーは2回目。

でも、アメリカのほんの一部しか見ていない。
広くていろんな人たちが暮らしていて、雄大な自然のあるアメリカ。
またいつの日か、来なくっちゃ。
そのときは、どんな形態の旅をしているのかな。

DSC_0460.jpg

空の色が青からオレンジへと滲んでいく。
そんな空を飛んでいるのは、鳥ではなく・・・。

いいな〜。
楽しそう!

イクエとケンゾー、まだまだやり残したこと、やりたいことは山ほどある。

DSC_0459.jpg

でもきっとそれは、旅を5年続けようが10年続けようが解消されることはないだろう。
だからこそ人生は楽しいのかもしれない。
未体験のことや未知のことがある方が、人生に満足せず生きる力になる。

自分がこんなに素直に旅の終わりを受け入れられるなんて、ちょっと意外だった。

DSC_0461.jpg

最初は、この旅は2年ぐらいの予定だった。
2年も旅行し続けるなんて想像もできず、半年ぐらいで帰国することになるかもなーという思いもあった。
でもマイペスースなこの旅で、しんどさを感じることもなく、夫婦水入らずでいつのまにか日本に一度も帰らず3年が過ぎた。
日本にいる家族からは、いい加減に帰って来るように催促されていたけれど、まだ行ってない国、時間をかけてまわりたいこところはたくさんあって、お金さえ続くのなら4年も5年も10年もこのまま夫婦で旅を続けたい気持ちだった。

でも日本で社会人生活をそれなりに送っていて、結婚して完全なる自由人というわけでもなく、常識の枠組みの中で生活していたわたしたちは、完全に旅人になりきれないところがあった。

日本で待ってくれている人たちがいる。
ずっとこんなぐうたらな生活を送るわけにはいかない。
この旅はライフワークではなく、バケーションであり娯楽。
まだまだ旅をし足りない、なんて言っているとキリがない。
自分たちでどこかに根を張り、生計を立てていかないといけない。

いつもどこかでそんな思いを持ち続けていた。

いつかはこの旅を終えなければならない。
でも、その時を迎えた時、それに耐えられるかな。

そんな不安があったけど、旅の終わりをすんなりと受け入れられている自分たちがいた。

太平洋のこのずっと先に、わたしたちが帰るべきところがある。

DSC_0470.jpg

海を一望できる展望台のような場所があり、そこに人々が集まっている。
双眼鏡で沖の方を見ながら、指差している人もいる。
何をしているんだろうか。

DSC_0466.jpg

この辺りにはクジラやイルカがやって来るらしく、観測しているのだという。
コククジラと呼ばれる体長12メートルから14メートルのクジラが、今日は35頭も確認されていた。

DSC_0465.jpg

「いた!あそこ」
「2頭いるわね」

そんな会話がなされて観測者たちは興奮しているけれど、素人のわたしたちにはよく見えない。
なんとなく海面に影ができている気はするけれど。

DSC_0496.jpg

こんなところで「クジラおいしいですよ」なんて言ったら、ものすごく軽蔑されて説教されるんだろなあ。

「小学校のとき、給食で出ていました」なんて口が裂けても言えない。

ここではおとなしく、夕日を眺めていよう。

DSC_0479.jpg

太陽が水平線に吸い込まれていった。
でも、夕焼けの美しさは日が沈んで終わり、ではない。
太陽が消えてしまうと、空は今日の最後の悪あがきかのように、雲をオレンジ色に染め上げていく。
ろうそくの火が燃え尽きる直前、最後にふわっと炎が明るくなるみたいに。

DSC_0510.jpg

まだ、中国、韓国と残っているけれど、その二つの国はこの旅の1番目と3番目に訪問した国。
今回はトランジットのために立ち寄る程度。
だから今日が、実質的には旅最後の日のようなもの。

太陽が太平洋に沈むのをしっかり見届けて、旅の終わりを受け入れる。
図らずも、なかなかいい過ごし方になっている。

わたしたちと同じように、夕焼けに見とれている人がいる。
頭がとんがっている、特徴的なシルエット。

DSC_0507.jpg

頭はどうなってるのだろうと思っていたら、個性的なヘアスタイルの持ち主だった。
すごく尖っている。

DSC_0515.jpg

彼も夕焼けにたそがれて、何か思っていたのかな。

フライトは夜だったけれど、まりねえとだんなさんが空港まで車で送ってくれた。

ロサンゼルスの空港は、刻々と色が変わるモニュメントやUFOみたいな建造物があって、近未来都市みたい。

DSC_0533.jpg

DSC_0535.jpg

DSC_0538.jpg

後ろ髪引かれながら、旅を打ち切るような気持ちで帰国するかと思ったのに、こんなに穏やかに最後を迎えられているのは、まりねえたちのおかげだと思う。

くつろげる日本の家庭のようなまりねえの家。
こういうの久しぶりだなあ、いいなあ、日本に帰りたいなあ。
そんな気持ちにさせてくれた。

DSC_0536.jpg

本当に素敵な夫婦。
親戚のお姉さん、お兄さんみたいだった。

DSC_0540.jpg

お土産に渡したグアテマラで仕入れたポーチとベルトを、しっかり愛用してくれていた。
もっといいものをたくさん買ってくればよかった。

DSC_0543.jpg

今度日本で会うときは、おいしいものをぜひご馳走させてくださいね!

本当に本当にありがとう!!

まりねえが持たせてくれた夜食のおにぎり。

DSC_0545.jpg

旅を終えることがあんなに不安だったのに・・・。
日本でどんな仕事に就けるかどうかも未定で、帰国後の白紙の生活があんなに怖かったのに・・・。

海苔で巻かれたおにぎりの味にホッとして、まもなく日本に帰ることが心待ちにさえなってきた。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから! 

バックパッカーが結婚式を挙げるなら・・・この教会

2017.05.31 06:19|アメリカ合衆国☞EDIT
今までで一番幸せだった日は、結婚式だったイクエです。
たくさんの人に祝福される、みんなが笑顔で見守ってくれる、こんなシチュエーションってそうそうないですよね。
特に、目が合う人みんなが笑顔っていうのがいい!
結婚式や披露宴はお金がかかるけれど、お金のかけがいがありました。
楽しかったなあ~。
それにたくさんの人にお祝いをしてもらっているから「簡単には離婚できんな」という覚悟になりますね。

アメリカでの日々も早いもので最終日!
今回はロサンゼルスだけの滞在となったけど、国土の広いアメリカは見所たくさん。
10年使えるビザも持っていることだし、また来なくちゃ。

最終日はまりねえと穴場スポットへ。

まずは見晴らしのいい丘に到着。

DSC_0408.jpg

ここからは海も見える。
ロサンゼルスって港町だったんだなあと改めて実感する。
以前は、このあたりの缶詰工場でたくさんの日系人が働いていたそう。

港はすごく大きい。

DSC_0409.jpg

ロサンゼルス港とそこに隣接するロングビーチ港。
アメリカ最大級のコンテナターミナルをもつ。

DSC_0412.jpg

ロサンゼルスが今のように栄えたのは、海に面していたから。
この港はが物流の拠点となり、たくさんのモノや人が出入りするようになった。
家具や衣料品、電子機器、紙や織物・・・。
世界からこの港へと運び込まれ、また運び出される。

この港は、流通基地だけでなく旅客基地でもある。
大型貨物船に混ざって、巨大なクルーズ船が停泊していた。
橋と変わらないくらいの長さ。

DSC_0410.jpg

港は、乗客3000人以上の大型クルーズ船にも対応しているんだって。

巨大な港を上から一望したわたしたちは、次は海沿いの道をドライブすることにした。
この先に日本人の新婚さんたちにも人気の、ステキなチャペルがあるらしい。

DSC_0424_201705301116453fe.jpg

左手には太平洋。
波はほとんどなく、とても静かで穏やかで美しい。

そして右手には、大きくて立派な住宅が海を見下ろすように建っている。

DSC_0413_20170530111637dc3.jpg

広い敷地。
見るからにお金持ちが住んでいそうな家。

この前車窓から見たロサンゼルスのダウンタウンのテント街とは、まったく違う世界。

DSC_0416.jpg

DSC_0419.jpg

ホテルなんじゃないかと思うような造りのものも。

目の前は海だけど、きっと家でも泳げるように大きなプールもあるんだろうな。
しょっちゅうホームパーティーやってるんだろうな。
メイドさんやベビーシッターを雇ってるんだろうな。

DSC_0422_20170530111642924.jpg

DSC_0423_20170530111643b2c.jpg

高級住宅が並ぶエリアを抜けると、今度はこんもりとした小高い丘が見えてきた。
そこにすっくと立つ石造りの塔。
屋根の上に十字架も見える。

DSC_0425.jpg

この塔には夜になると灯りがともり、灯台のようになるんだって。
船乗りたちからは「神のキャンドル」とも呼ばれているんだとか。

教会の名はWayfarers Chapel(ウェイフェア チャペル)

さて、そのチャペル、この写真に写っているんだけどわかるかな。

DSC_0434.jpg

少しアップにすると、わかるよね。

DSC_0444.jpg

全面ガラス張りのチャペル。

木々に包まれた森の中。
そして、海を見下ろすこのロケーション。

DSC_0431.jpg

チャペルは天井までもガラス張りだから、青空も見える。
自然と一体化したチャペルは、カップルたちにとても人気があるという。

DSC_0433.jpg

Wayfarerとは、旅人という意味。
単なる旅行者という意味ではなく、「徒歩で旅している人」という意味らしい。
まさしくバックパッカー。

バックパッカーが旅先で別の旅人と恋に落ち、結婚するという話はたまに聞く。
また、新婚旅行を兼ねて世界一周するバックパッカーも少なくない。

DSC_0438.jpg

そんなカップルのみなさん、結婚式はこのWayfarers Chapelでいかがですか。

DSC_0437.jpg
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから!