Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別記事
最新コメント
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

見てくれてありがとう!
メールはこちらから ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
ふたりのお勧め旅グッズ










ふたりの旅も大詰め。あともうちょっとだけおつきあいお願いします!

 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ふたりでふらり」はブログランキングに参加中!
1日1回のclickが順位に反映されます。
ぜひポチッと応援お願いします ♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

メキシコ 世界遺産にあるおすすめホテル

2017.03.29 07:00|メキシコ☞EDIT
あまりスマホを使わないようにしようと思いながらも、ついついスマホばっかりいじっているイクエです。
スマホを使いすぎると、頭が悪くなるってテレビでやってました。
なんかわかるような気がするんですよね。
スマホで調べればいいか、って頼ると記憶力も悪くなるし、パッパと必要な情報しか見ないで深く考えなくなるし、それに書かなくなったことで漢字もどんどん忘れている。
そうはいっても、ついつい暇だとスマホを触ってるんだよね。

さて、トルーカからバスでやってきたのは、モレーリアという街。
歴史ある街並みは世界遺産になっているので、街全体が趣きがあって格式高い感じ。

たまたま前を通りかかったホテルも、世界遺産の街にふさわしい。

石造りの外観。
大きな入り口。
控えめで小さな金色の看板にHOSTAL(中級以下のホテル、という意味)の文字。

DSC_9688.jpg

イクエとケンゾーが泊まることにしたのは、La Casa Azul(ラ カサ アスール)という名前のホテル。
意味は「青い家」。
だから外観に青い照明が当てられていたんだ。

ちなみに同名のホテルがガイドブック『地球の歩き方』で紹介されているけれど、住所がまったく違う。

DSC_9689.jpg

夜に到着したけれど、いろんなところに間接照明があって雰囲気はものすごくいい。
こんな素敵なホテルなのに、お客さんは誰もいない。

DSC_9692.jpg

壁はところどころ石がむき出し。

ドミトリーには2段ベッドではなく、平置きのベッドが並べられてる。

DSC_9691.jpg

イクエとケンゾーはダブルルームに泊まることにした。
朝食付きでふたりで270ペソ(約1782円)。
悪くない値段。

と言っても、ダブルルームは狭い。
ベッド1台がなんとか収まっている。
でも、共用スペースがあるから起きてる間はそこを使えばいいし、寝るだけと思えばこのくらいの広さでも大丈夫。

DSC_9693.jpg

もちろんバスルームは共同。
鏡のタイル貼りで、おしゃれなバーみたい。
このホテル、歴史ある建物で古いのに、モダンにリノベーションされている。

DSC_9731.jpg

何と言っても、朝食付きなのが嬉しい。
飲み物とパン、そしてパパイヤとバナナの盛り合わせ。
シンプルだけど、朝食付きのホテルにあまり泊まらないイクエとケンゾーにとってはそれだけでちょっと優雅な気分になれるんだよね。

他に宿泊客がいないから、のびのびー。

DSC_9726.jpg

朝食付きだけど、ちゃんとキッチンもあるよ。
自炊派のバックパッカーにとっては、キッチンが宿にあるかどうかはとても重要。

DSC_9814.jpg

もちろんWi-Fiも完備。
(わたしたちが世界一周を始めた2012年はWi-Fiは貴重で、Wi-Fiのある安宿を探すのは一苦労だったけど、この5年近くで世界はすっかり変わってしまった。
Wi-Fiが標準装備になりつつあるもんね。
だからこんな風にあえて書かなくてもよくなっているのかもしれない。)

海外の古い建物には、中庭がある造りが珍しくない。
わたしは中庭がある建物が好きだ。
建物の中にいながら、上を見ると空だし、半分外にいるように感じられる。
日本では、いつか中庭のある家を建てたいって思ってるけど、ゆとりのある敷地を手に入れないと無理なので、この夢は叶いそうにない。

DSC_9828.jpg

中庭には、古い井戸のようなプールがある。
きっと昔からここにあるんだろうけど、どんな風に使われていたんだろう。
これが温泉だったら、気持ちいいだろうになあ。

DSC_9819.jpg

ちなみに屋上にも上れるようになっていて、下を見ると歯磨きをしているケンゾーが。
片手に愛用の青いタオル。
いつものおきまりのポーズ。
かわいいね。
自分の6つも年上の夫に「かわいい」はないんだろうけど、よくかわいいと思うときがある。
逆にかっこいいと思うときは、ほぼない。
かわいく感じるのは、ケンゾーが80歳になっても続くのだろうか。

赤紫の花が咲き誇っていて、ケンゾーの足元に花びらを落としている。

DSC_9734.jpg

モレーリアに行くときはこのホテル、おすすめです。
たまたまたどり着いたから場所はうろ覚えなんだけど、カテドラルの前の大通りから二本ほど北の通りだったかな。

ちなみにカルメン教会の前の道にも安いホテルがいくつかあったので、その辺りに行っても宿は見つかると思うよ。

DSC_9729.jpg

朝ごはんは宿で食べたけれど、昼食は外へ。
迷ったときにイクエとケンゾーがいつも行くのは、市場の食堂。
値段も安いし、定食メニューも豊富だし、地元の人でごった返しているから味に間違いはないもんね。

壁側にいくつものお店が並んでいて、カウンターが一列に続く。
メニューは壁に大きく書かれている。

肉や魚といった食材、煮込みやスープなどの料理法、簡単なスペイン語はいつの間にか覚えたからだいたいわかる。

さあ、どこのお店にしようかなあ。
やっぱり繁盛してるところがいいかな。

DSC_9811.jpg

大きくカットされた魚が大胆に入ったスープ。
スープの色は真っ赤で辛そうだけど、ケチャップ風味で辛くはない。

DSC_9812.jpg

そして、南米旅行中から食べ続けているセビッチェ(魚介のマリネ)。
エビやタコ、イカに魚がたっぷり。
アボカドが添えられている。

グアテマラでもそうだったけど、海鮮系のスープやセビッチェにアボカドは欠かせないトッピング。

DSC_9813.jpg

合わせて85ペソ(約561円)。
飲み物やクラッカーもついてるから、安いよね。

中南米でセビッチェや魚介のスープをたくさん食べてきたけれど、これらシーフードとももうすぐお別れかあ。
シーフードは大好きだから、とても名残惜しい。

でも、日本で寿司や刺身、煮付けが待ってるから、それを楽しみにしとこうっと。

この街に到着したのは夜だったけど、この街の夜は本当に幻想的。
ライトアップが建物の優美さを引き立てる。

DSC_9698.jpg

モレーリアのシンボルのカテドラル。
石造りで背が高く、暗闇に凛と立っている。

ライトアップされていることで、細かな彫刻が浮かび上がり、色の濃淡が出る。
ずっと見とれていると、自分が21世紀にいることを忘れてしまう。
どこからか、石畳を走る馬車の音が聞こえてきそう。

DSC_9703.jpg

DSC_9702.jpg

日が落ちても、カテドラルに参拝する人の姿は絶えない。

太く長い柱。
金を施したドーム。
壮麗だけど、派手すぎない。

大きなシャンデリアが神々しい。

DSC_9704.jpg

ミチョアカン州の州都であるモレーリア。
世界遺産のロマンチックな街だけど、街の規模は比較的大きく、栄えている。
夜になっても活気があって、通りを歩く人も多いし、お店も開いている。

DSC_9706.jpg

地元の人からすると、きっといたって普通のお店なんだろうけど、わたしからすると映画に出てきそうなクラシカルなお店で、ときめいてしまう。
靴屋さん。

DSC_9712.jpg

アーチ型の入り口には、年季の入った重そうな木のドア。
夜も営業している床屋さん。

DSC_9715.jpg

広場からちょっと入ったところに渡り廊下のような場所を発見。
電気がついていて、おしゃべりが聞こえてくる。
ここはいったい何なのだろう。

DSC_9719.jpg

廊下のようなところにはプラスチックの椅子が置かれていて、そこに人が集まっている。
屋台のようなカフェのような場所。
仕事帰りや学校帰り、小腹を空かせた人たちが吸い寄せられる場所。

DSC_9717.jpg

何となく立ち寄ることに決めたモレーリアの街。
でもこの雰囲気、わたしは大好き。

世界遺産のモレーリアの日中の姿はどんな雰囲気?
次回、写真たっぷりでご紹介しますね。

DSC_9720.jpg
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから! 

旅で幸せを感じるひとときは

2017.03.25 18:48|メキシコ☞EDIT
スケジュール帳を買わない生活をもう何年も送っているイクエです。
会社勤めのときは毎年用意していたけど、2012年に世界一周をスタートさせてからは必要のない生活を送っている。
でも、スケジュール帳があったほうが、自分がその日何をしていたのかわかり、日記がわりになるよね。

はるか3500キロ先からやって来たモナルカ蝶を見たイクエとケンゾーと、ロロとマリア。
トルーカの街に戻ったときは、すっかり日も暮れていた。

「ふたりに食べさせたいものがあるんだよ。
 いつもお客さんでいっぱいだから空いてればいいけど。
 きょうの夕食はそこでいい?」


DSC_9587.jpg

ロロが連れて行ってくれたところは、タコスのファストフード店。
わたしたちは「タコス」と一括りにするけれど、メキシコ人にとっては「タコス屋さん」ではなく「コチニータ屋さん」

この前も書いたけれど、メキシコ人にとってはタコスの具が重要。
カツ丼、天丼、うな丼・・・。
日本人にとって、ご飯よりも上のおかずが重要なように。

コチニータとは、豚肉のこと。
イクエもケンゾーも豚肉は大好きだから、これは楽しみ。

おいしそうな匂い。
鉄板の上で、次から次に焼かれていく。
お客さんが多いし、一人何枚も注文するから店員さんは大忙し。
次から次に新たなタコスが鉄板に載せられていく。

DSC_9589.jpg

正式名はCOCHINITA PIBIL(コチニータ ピビル)
「コチニータ」は「豚肉」で、「ピビル」は「オーブン」の意味。
お酢やスパイスに漬け込んだ豚肉をバナナの葉に包んで蒸し焼きにしたもので、これをこの店ではタコスに載せて食べる。

もともとコチニータ・ピビルはこの辺りの郷土料理ではなく、カンクンなどがあるメキシコ南部ユカタン半島の料理だったらしい。
でも、今はメキシコ国民に愛される料理として、各地で味わうことができる。

DSC_9590.jpg

一つ18ペソ(約118円)。
イクエとケンゾーは合わせて10枚注文。
でもおいしくてペロリといけるので、いくらでも食べられる感じ。

タコスの生地に豚肉の脂が染み込んでいて、それがまたいい。
牛丼やうな重のタレが染み込んだご飯がおいしいように。

地元の人といっしょにいると、自分たちだけではなかなか来ないようなお店で普段のメキシコ料理が食べられるのが嬉しい。
メキシコ人のソウルフードを楽しめる。

ロロ、おいしいものを教えてくれて、ありがとう!

ロロの家には3泊お世話になった。
時間があれば、西海岸のロロの別荘にお邪魔したかったけど、旅も終盤。
飛行機も予約済みだし、そろそろメキシコを発たなくてはいけない。

最後の日の朝。
一階のリビングに下りる。

「ブエノス ディアス(おはよう)!」

旅をしていてわたしが幸せを感じる瞬間。
それが、外国の友人と迎える朝。

もちろん、いっしょに食事やお酒を楽しんで語り、笑い合う夜もいいけれど、朝ごはんの時間は「いっしょに暮らしている」という感覚をわずかながらも感じられる。

キッチンからのカチャカチャという音。
みんなの瞼は、まだどこか腫れぼったい。
穏やかな空気が流れる室内。

自分が随分前からここで暮らしているような感覚。
単なる旅行では感じられない「日常」。

そういえば初日の夜、バスターミナルに迎えに来てくれたロロは、家に行く途中に地元で評判のパン屋さんに寄ってくれた。
「このパンもおいしいよ」「これはいつも買うやつなんだ」
ロロのお勧めを聞きながら、そこで好きなパンを選び、次の日の朝食にした。
あの時間もよかったなあ。

一階に下りて来たわたしたちを、ロロがダイニングテーブルに座るように促した。
キッチンから運ばれて来たのは、いい具合に焼かれた分厚いハム。

「ほら、パンをこうするんだ」

ロロは、二つにスライスされたパンの中央部をほじくり始めた。
私たちも真似をする。

こうすることで、たくさんの具が挟めるらしい。

DSC_9675.jpg

ハムの上に、アボカドを載せる。
さらに玉ねぎのスライスをたっぷり載せて、特製サンドイッチの出来上がり。
これとは別に、パテを塗ったサンドイッチも作った。

アボカド入りのサンドイッチは、おいしい!

DSC_9677.jpg

バスターミナルに行く前、家の前で記念撮影。

ロロ、マリア。
仕事もそっちのけでわたしたちにずっとつきあってくれてありがとう。

DSC_9678.jpg

心が休まる三日間だった。
これからまた、ふたり旅が始まる。
と言っても、このふたり旅もゴールまでもうすぐだね。

改めて、バスターミナル前で。
ケンゾーとロロの服がお揃いみたいで、まるで兄弟。
わたしたちもロロとマリアのように、いつまでも仲のいい夫婦でいるよ。

「本当にありがとう!日本にもまた来てね!」

DSC_9681.jpg

次に向かうのは、モレーリアという街。
ロロの家に来る前は、モレーリアなんて行くつもりはなかったし、どこにあるのかもわからなかった。
でも、地図を見てみたらここからそんなに遠くないし、街並みが世界遺産になっているようなので行ってみることに。

モレーリア

メキシコのバスはわかりにくい。
いや、わかりやすいんだけど、節約派のバックパッカーには使いこなしにくい。
というのも、同じ路線でいろんなバス会社があって運賃が違う。
同じバス会社であっても時間帯によって、これまた運賃が違う。
イクエとケンゾーは、まだメキシコでバスを乗りこなせていない。

DSC_9682.jpg

トルーカからモレーリアまではおよそ240キロ。
運賃は一人337ペソ(約2224円)。
メキシコのバスは、決して安くはない。

DSC_9683.jpg

車内の様子はいたって普通。
もう少し運賃の高いバスだと、座席のグレードもよくなる。

でも、ちゃんと軽食のサービスもあったよ。
ジュース、そしてハムとチーズのパイ。

DSC_9684.jpg

思ったよりも時間がかかって、モレーリアに到着したのは4時間後。
バスターミナルは、第3ターミナルまであって立派。
空港みたい。
メキシコは長距離バスが発達している。

どうやらバスターミナルは、街の中心地から少し離れているみたいで、ここから路線バスという名のミニバス(ワゴン)に乗って移動しないといけない。

DSC_9686.jpg

人に聞きながら、どうにかこうにか、お目当のバスに乗ることができた。

バスターミナルに着いたときはまだ明るかったのに、中心地まで行く間にすっかり夜に。
車内にも照明がつけられた。
青くて、なんかクラブみたい。

DSC_9687.jpg

ミニバスの運賃は、一人7ペソ(約46円)。
長距離バスの運賃に比べて、距離が短いとは言えかなり安い。

バスが街の中心地(旧市街)に入ると、それまでの雰囲気とガラリと変わった。
それまでは特徴のない地方都市、という感じだったのに、一気に雰囲気のある古い建物ばかりになり、中世にタイムスリップしたかのよう。

この街、気に入った!

なんとなくここかな、というところでバスを止めて降りる。
石造りの街並みは、趣がある。

何気なく撮る1枚が、映画のワンシーンみたい。

DSC_9696.jpg

目星をつけている宿がある。
ガイドブックに紹介されていたHOSTAL LA CASA AZUL(オスタル・ラカサ・アスル)。

ガイドブックに載っている住所を目指して歩いて行く。

「あ、ここにもホテルあるよ。
 もう暗いしここが安ければここでもいいか。
 暗いからあんまりさまよいたくないし」

「値段だけ、聞いてみる?
 高いかな」


歩いている途中で、感じのいいホテルを見つけた。
値段もまあまあリーズナブルだったので、目星をつけていた宿をやめて、ここに泊まることにした。

でも、次の日に宿の看板を見て気づいたの。
ここもHOSTAL LA CASA AZUL(オスタル・ラカサ・アスル)という名前であることを。

ガイドブックに載っていたホテルと同名だけど、住所は全然違う。
ストリートが1つ違うとか、1ブロック違うとかそんな次元じゃなくて、全然違う。
これは、ガイドブック(『地球の歩き方』)が間違っているのか、それともたまたま同じ名前なのか、ホテルが引っ越したのかはわからない。
でも、本当にたまたまこのホテルの前を歩いて、ここにたどり着けてよかった。

というのも、けっこうステキなホテルだったから。
そんなホテルは、次回ご紹介しまーす。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから!