Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別記事
最新コメント
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

見てくれてありがとう!
メールはこちらから ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
ふたりのお勧め旅グッズ










ふたりの旅も大詰め。あともうちょっとだけおつきあいお願いします!

 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ふたりでふらり」はブログランキングに参加中!
1日1回のclickが順位に反映されます。
ぜひポチッと応援お願いします ♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

旅したメキシコ こんな国

2017.04.24 23:29|北中米・カリブ☞EDIT
メキシコには2016年の1/13~2/6まで25日間滞在しました。
とうとう北アメリカに足を踏み入れ、そして実質的には旅をした最後の国になりました。
そんなメキシコ旅を振り返ります。

◇旅の費用はいくら?◇

メキシコでいくら使ったのか発表します。

交通費  4,745.50ペソ+153.92ドル
外食費  1,637.00ペソ
食料費  2,016.00ペソ
宿泊費  4,340.00ペソ
観光費  5,872.00ペソ
その他  884.00ペソ

合計  2353.55ペソ+65ドル=約148,531円(1ペソ=6.62円)
約6,189円/1日2人で


セノーテでダイビングをしたので、高くついた。
ダイビングは一人2450ペソ(およそ150ドル)だった。

観光大国のメキシコは遺跡やビーチリゾートなど見どころ、遊びどころ満載、だけど入場料などはそれなりの値段かかる。
長距離移動のバス代も安くはなく、「ああ、先進国にやって来たなあ」なんて思うことも。
だけど、先住民族が多く住む町や村は宿泊費や食費はリーズナブルに抑えることができる。


◇移動手段はこうでした◇

メキシコは長距離バスが発達していて、ターミナルも大きくてバス会社もたくさんある。
値段を気にしないなら利用しやすいけど、安く移動したいバックパッカーには使いにくい。
同じ行き先でもバス会社によって運賃が違うし、たとえ同じ会社でも時間帯によって運賃が変わるので、リサーチが必要。
安いバス会社は大型ターミナルに入ってなくて、全然違うわかりにくい場所から発着していることも。

DSC_9682_2017042423182859e.jpg

2、3時間の中距離なら、大型バスではなくワゴンタイプのミニバスが運行していることもある。
ミニバスは場所によっては、荷物代も徴収されることがある。

DSC_8753.jpg

バス代は安くはないので、広大なメキシコをまわるつもりなら、たまに飛行機を取り入れたほうがいいかも。
飛行機のほうが安い場合も。


◇こんなお宿に泊まりました◇

メキシコは旅行地として人気の国なのでホテルはたくさんある。
でも場所や時期によっては、満室のところも。
とくにセノーテやビーチ、遺跡のあるトゥルムの街がそう。
日本人にはカンクンが有名だけど、「カンクンではビーチ沿いの高級リゾートホテルに泊まらないと滞在する意味がない」、そんなふうに外国人バックパッカーは考えていて、カンクンよりもリーズナブルなトゥルムに押し寄せる。
だからバックパッカー用のゲストハウスはたくさんあるのにどこも満室。
トゥルムに行く人は注意が必要。

メキシコで有名な日本人宿と言えば、メキシコ・シティではペンション・アミーゴ。
狭いダブルルームで一人100ペソ。
キッチンもあるけどちょっと狭く、建物も古く、バスルームも決して使いやすいわけではない。
それでもメキシコ・シティでこの立地と安さは魅力で、朝食もついていて旅の情報も集まるので、日本人に人気がある。

カンクンで人気の日本人宿はロサス・シエテ。
男女別のドミトリーは一人150ペソ。
日当たりがよく清潔感ある。
でも、せっかくカンクンに行くのなら一泊くらいビーチエリアのリゾートホテルに泊まったほうがカンクンを満喫できるかも。

DSC_8526.jpg

サン・クリストバル・デ・ラスカサスの日本人宿は、カサカサ。
ダブルルームで一人70ペソ。
シェアハウスのような雰囲気で、街の居心地のよさもあり長居する人も多いと思う。

DSC_8769_20170424224915ac9.jpg


◇これが一番うまかった!◇

ケンゾー 「テキーラ」
その土地その土地のお酒を飲むことが醍醐味のひとつだったこの旅。
メキシコでの楽しみは、もちろんテキーラ。
テキーラと言うと、味を楽しむというよりはショットグラスで一気飲み、酔うために飲むっていうイメージだったんだけど、本場メキシコで一変。
本物のテキーラは美味い!
テキーラはサボテンからできてると思いきや、実はサボテンじゃなくてアガベという植物。
日本語では竜舌蘭と表記されるけれど蘭の仲間ではないらしい、ややこしいね。

DSC_9610_20170424231826f83.jpg

香り豊かで美味しいテキーラを飲みたかったら『CRT(テキーラ規制委員会)』と『AGAVE100%』と表示されたものを選ぶべし!
ボトルごと冷凍庫でキンキンに冷やすと少しトロ〜っとしてより美味しくなる。
お勧めはストレート。
ほのかに甘みがあって香りも上品。
あまりに美味しくてボトル1本なんてすぐに空いちゃうよ。

自分のお土産用にメキシコ・シティのスーパーで買ったこのテキーラ。
700mlで確か千円しなかったと思う。
ちなみにアルコール度数は35度。
いつ、どんなシチュエーションで飲もうかなあ ♫

DSC_2395.jpg

DSC_2398.jpg

イクエ 「モーレ」
モーレはメキシコ人からも愛されている定番料理。
チョコレートで作ったソースだなんて、ちょっと気持ち悪く感じるし、チキンやライスに合わないと思うけど、これがおいしい!
たくさんのスパイスやナッツ、野菜が隠し味に入っていて、甘すぎず、味に深みがある。
どろっとしたビーフシチューのような、濃厚なハヤシライスのような味。
メキシコ滞在中、メニューにあったらいつも頼んだ。
スーパーで缶詰のモーレソースが売ってるようなのでお土産に買えばよかったと後悔。
あの味を再現したいけど、日本の家庭で一から作るのは大変そう。
日本でもタコスだけじゃなく、メキシコ料理店でモーレも気軽に食べられたらいいのになぁ。

DSC_8763.jpg


◇おすすめ!!一番良かった場所◇

ケンゾー 「セノーテ」
遺跡や民族の村など観光名所を挙げたらきりがないメキシコだけど、メキシコでしか体験できないのがセノーテ・ダイビング。
セノーテとはユカタン半島に存在する地下の泉のこと。
ユカタン半島には7000以上のセノーテがあると言われていて、一般人が潜ることができるセノーテもいくつかある。
音や潮の流れもなく、静寂に包まれた地下の泉は「神秘的」という言葉がぴったり。
クリアに澄みきった幻想的なコバルトブルーの空間を漂っていると宇宙遊泳しているような錯覚も感じられる。
海のダイビングとはひと味もふた味も異なるセノーテ・ダイビングは予想以上に楽しかった。

DSC_8493.jpg

GOPR5658.jpg

GOPR5766.jpg

イクエ 「サン・クリストバル・デ・ラスカサス」
メキシコ北部の街で、多くの先住民族たちが自分たちの誇りを守りながら暮らしているところ。
グアテマラでも、それぞれの民族が独自の伝統衣装を身にまとい暮らしているけれど、メキシコにもそんな場所が残っています。
周辺の村巡りをすると、それぞれ違う文化をもつ先住民たちの暮らしが垣間見られてとても興味深いです。
独特の宗教観も不思議。
ちょうどお祭りシーズンだったので、個性的な衣装や踊りが見られたのも楽しかったです。
本来、メキシコってこんな場所だったんだなあと気づかせてくれます。
先住民たちの暮らしや文化に興味がある人、伝統工芸品を買うのが好きな人、グアテマラには立ち寄らない人には、とくに行ってほしい場所です。

DSC_9057.jpg

DSC_9106.jpg


◇ふらり ゆるり メキシコの感想は?◇

ケンゾー
感想は、たった25日じゃぜんぜん足りない!かな。
旅人に人気のグアダラハラにも行ってないし、愛犬の原産地チワワにも行きたかったし、なんと言っても大自然が広がるバハ・カリフォルニアを旅したかった。
ただ、メキシコを満喫するには時間とお金がかなり必要。
メキシコは位置的に、長期の旅人にとってスタートして間もない時期か旅の終盤に当たることがほとんどだと思う。
このあと中南米へと南下する旅人はメキシコでテンション上げ過ぎないほうがいいかも。
リゾートはカリブ海にもあるし、南下すれば遺跡もどんどん出てくるし、民族も濃くなってくる。
お土産だってグアテマラやボリビアのほうが断然安いので、あんまりメキシコでがんばり過ぎないほうがいいんじゃないかなあ。

DSC_9394.jpg

DSC_8535.jpg

イクエ
カリブ海あり、遺跡あり、コロニアルな世界遺産あり、アートあり、テキーラありの盛りだくさんの国でした。
今回旅行したのは、メキシコのごく限られた場所。
メキシコの国土は広く、行ってみたい場所が山ほどありました。
時間があるのなら、あと二か月くらいは旅したかったなー。
とは言え、国土も広いしバス代もそこそこ高いので、バックパッカーは割り切って行きたいところの候補を絞る必要があるかも。
イクエは二回目のメキシコ旅となりましたが、まだまだ行きたりない!
またいつかメキシコに来て、行ってないところを旅行したいです。
メキシコの自然にもどっぷり浸かりたいです。

IMG_4689.jpg

DSC_8702.jpg
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから! 

旅したグアテマラ・ベリーズ こんな国

2016.07.16 08:33|北中米・カリブ☞EDIT
グアテマラには2015年12/16~2016年1/11まで27日間、ベリーズには1/11~1/13まで3日間滞在しました。
中米最後の旅をふりかえります。

◇旅の費用はいくら?◇

グアテマラ・ベリーズでいくら使ったのか発表します。

グアテマラ
 
交通費  1,263.00ケツァール
外食費  1,244.50ケツァール
食料費  700.95ケツァール
宿泊費  2,085.00ケツァール
観光費  660.00ケツァール
その他  459.85ケツァール

合計  6,413.30ケツァール=約102,677円(1ケツァール=16.01円)
約3,803円/1日2人で



ベリーズ

交通費  38.00ベリーズドル
外食費  35.75ベリーズドル
食料費  17.48ベリーズドル
宿泊費  95.00ベリーズドル
観光費  0ベリーズドル
その他  1.77ベリーズドル

合計  188.00ベリーズドル=約10,953円(1ベリーズドル=58.26円)
約5,476円/1日2人で


グアテマラではお土産もたくさん買ったし、トレッキングツアーにも参加したけど安く旅行ができた。
交通費や食費が安かったからかな。

ベリーズはとくに何もしてないけど、宿代が高かったのでグアテマラよりもお金がかかった。


◇移動手段はこうでした◇

グアテマラの旅のお供はもっぱら “チキンバス”。
チキンバスはアメリカで使われていたスクールバスのお下がりで、中米での庶民の足。
いままでの国はスクールバスの面影をほぼ残していたけれど、グアテマラのチキンバスはデコレーションが盛り盛りでド派手。
車掌や係員は親切だけど、たまにボラれることがあるので要注意。

a_DSC_6282_20160716001142987.jpg

いっぽうのベリーズのバスは、料金表が車内に提示されているのでボラれる心配はない。
グアテマラのように客をぎゅうぎゅう詰めにして発車、ということもない。
でも、平坦でまっすぐな道なのに、ノロい。
余裕をもって、移動を。

a_DSC_8202_20160716074154559.jpg


◇こんなお宿に泊まりました◇

グアテマラの宿は、意外と高かった。
ダブルルームで60ケツから130ケツくらい。
下の写真はウエウエテナンゴの130ケツのホテル。

a_DSC_7059_20160716082144a6e.jpg

キッチンやWi-Fiがないホテルもけっこう利用したので、外国人バックパッカー向けの宿はもう少し高いかもしれない。

グアテマラには日本人宿がちらほらある。
オーナーも日本人だし客もほとんど日本人なので、孤独な旅に疲れた人や日本人の旅仲間を探したい人は泊まるといいよ。
おすすめは、断然シェラのタカハウス。

a_DSC_6764.jpg

ベリーズの宿はクオリティーが低くて宿代が高い。
ベリーズシティでは、ベッド1台ぎりぎり入る広さのダブルルームが25USドルだった。
ベリーズシティは宿もそんなに多くないので、用のない人はほかの街に移動して泊まった方がいいかも。

a_DSC_8207.jpg


◇これが一番うまかった!◇

ケンゾー 「海鮮スープ」
意外と物価が高い中米だけど、物価が安いグアテマラでは気兼ねなく外食ができた。
市場で見つけたら必ず注文していたのは海鮮スープ。
エビ、カニ、貝、白身魚と場所や店によって具材は違うけれど、どれも味が濃厚でボリュームもあって大満足。
一口すするだけで笑顔がこぼれること間違いなし。
値段は240円〜500円くらいで、日本と比べると破格の値段。
もっと食べとけばよかった!

a_DSC_7496_20160716001146ed1.jpg

a_DSC_7744_201607160011581ee.jpg

イクエ 「チョコバナナ」
特別おいしい!ってわけではないんだけど、なぜかハマるんだよね。
初めてチョコバナナさんにお目にかかったのは、エル・サルバドル。
そしてグアテマラでも再会。
冷やしたバナナにチョコをコーティングして、ナッツをまぶしただけというシンプルなスイーツ。
アイスよりも甘過ぎないし、喉も渇かない。
アイスよりもヘルシーな感じがするし。
駄菓子屋や、小さな商店、インターネットカフェなど、けっこうどこででも売ってますよ。
バナナだけじゃなく、パイナップルやイチゴ、マンゴーなどフルーツを選べるお店も。
日本でやっても売れると思います。
バナナも安いし、1本200円くらいで商売しませんか?

a_DSC_6896_20160716082142bea.jpg


◇おすすめ!!一番良かった場所◇

ケンゾー 「グアテマラ・シェラのタカハウス」
グアテマラのハイライトはカラフルな伝統衣装で着飾った民族の村巡り。
それぞれの民族ごとに村が点在しているので、じっくり楽しむならそれなりの時間がかかるんだけど、シェラにある「タカハウス」を拠点にしてみては。
お世辞にも清潔とは言えないけれど、はまったら旅を続ける気力が消滅する危険があるほど居心地がいい。
それも一重に、オーナーとは名ばかりで、自分が雇っているはずの管理人に管理されないと生きていけないタカさんはじめ、個性的で人間味溢れる宿泊客がいい味を醸し出しているから。
キルギスの「南旅館」とともに、ぜひ泊まってほしい日本人宿のツートップ。

a_DSC_7545_20160716001148f79.jpg

a_DSC_7611_20160716001157f68.jpg

イクエ 「グアテマラ・トドスサントスクチュマタンの村とサンフアンアティタンの村」
グアテマラにはそれぞれの村で民族衣装や文化が違う。
いろんな村に行ったけど、よかったのはトドス・サントス・クチュマタンとサン・フアン・アティタン。
なぜなら、男性陣も民族衣装を着ているから!

a_DSC_6924_20160716082659a6f.jpg

グアテマラで女性はまだ民族衣装を普段着として着ているけど、男性の民族衣装の文化は廃れているところが多い。
でも、この2つの村は、男の子からおじいちゃんまでみんないっしょの華やかな服を着ている。
ユニフォームみたい。

a_DSC_7113_20160716082308157.jpg

山の奥にあって、アクセスも少し大変で、トラックの荷台に乗らなきゃいけなかったりするけど、荷台から青空と山を見ながらぐんぐん登っていくとき「天空の村に行ってるのかなあ」とワクワクする。
秘境感が味わえる村。
おすすめです。

a_DSC_6954_20160716082306424.jpg

a_DSC_7157.jpg


◇ふらり ゆるり グアテマラ・ベリーズの感想は?◇

ケンゾー
グアテマラは予想以上に楽しかった!
パッと見は同じように見えるけれど、じっくり見るとそれぞれファッションに違いがある民族の村巡りは飽きがこない。
世界中で急速にグローバル化が広がっているなか、小さな子どもにもしっかり伝統が受け継がれている光景を見ると、なんだか羨ましい気持ちも沸いてくる。

a_DSC_6960_20160716001143037.jpg

a_DSC_7451_201607160011456ff.jpg

物価が安いので観光やグルメ、お酒もしっかり楽しめるのがいい。
グアテマラではよく食べて良く飲んだ!

ベリーズは・・・まあ、無理に行かなくてもいい、かな。
イギリス連邦に属し、英語が公用語で中米では毛色の違う国。
黒人が多く中米の中では異質な国だけど、見どころは少ない。
「世界でいちばんのどかな首都」だと言われているベルモパン。
これがメインストリートだから、たぶんその評価は間違ってないと思う。

a_DSC_8189.jpg

唯一の観光スポットのキー・カーカー島には行ってないので何とも言えないけど、わざわざそこに行かなくてもいいんじゃないかなあ。

イクエ
グアテマラは旅人たちから「いいよ〜。何か月でも滞在できるよ〜。」と聞いていました。
評判通りの魅力あふれる国でした。
この時代なのに、まだそれぞれの民族が文化や伝統を守りながら暮らしていることに驚きました。
宗教も、土着のものとキリスト教が融合していて、ミステリアスで興味深かったです。

a_DSC_6879_20160716082658b59.jpg

火山が多いので温泉も多く、しかも個室の貸切りで裸で入るシステムなので、日本人好みの温泉のスタイルです。
食事もおいしいし、お土産もかわいいのがたくさん。
トレッキングも楽しめるし、イクエとケンゾーは行ってないけど遺跡巡りや川下りもできます。
だれもが楽しめる国だと思いますよ!

a_DSC_6809.jpg

ベリーズは、あんなにのどかな国とは思ってもいませんでした。
カリブ海の陽気なリゾートの国、というイメージしかなかったので。
こんなに小さくて牧歌的な国なのに、国として成り立っていることに感心しました。
だから、行ってよかったかも。
でも、せっかくベリーズに行くならリゾートに行ったほうがいいと思いますよ。
以前は必要だったビサもいらなくなったし、これからベリーズに行く旅人は増えるんじゃないかな。

a_DSC_8293_20160716082930ff9.jpg

a_DSC_8288.jpg
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから!