Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別記事
最新コメント
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

見てくれてありがとう!
メールはこちらから ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
ふたりのお勧め旅グッズ










ふたりの旅も大詰め。あともうちょっとだけおつきあいお願いします!

 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ふたりでふらり」はブログランキングに参加中!
1日1回のclickが順位に反映されます。
ぜひポチッと応援お願いします ♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

日本人殺害テロ 私たちの愛する国で起きてしまいました

2016.07.07 11:03|グアテマラ☞EDIT
熊本の南阿蘇で久しぶりに青空と真っ白な夏の雲と鮮やかな緑の山並みを見ているイクエです。
地震に続き、大雨でがけ崩れがいたるところで起きました。
やっと晴れるようになりましたが、このまま梅雨が終わればいいなあと願っています。

先日、わたしたちに大きな衝撃を与えた事件が起きました。
凄惨な出来事は、わたしたちが大好きな国で起きてしまいました。
バングラデシュです。

7月1日、バングラデシュの首都ダッカの飲食店を武装グループが襲撃し、日本人7人を含む23人が犠牲になった立てこもり事件です。

まさか、あのバングラデシュで。
わたしたちは信じられない気持ちでした。

この世界一周でイクエとケンゾーは78か国を訪れました。
そのなかでバングラデシュはわたしたちが好きな国のトップに入ります。

なにがそんなにわたしたちを惹き付けたのか。

バングラデシュには素晴らしい観光地もありません。
アジア最貧国と言われていて、不便で、設備も整っておらず、バックパッカーにとって快適な宿もなく、旅行しづらく、けっして居心地のいい国ではありません。
公用語はベンガル語で、文字はアルファベットじゃないので読めません。
国民の多くがイスラム教徒で、わたしたちの好きなお酒を楽しむこともできません。
人口はおよそ1億6000万人で、世界でもっとも人口密度が高い国と言われています。

a_DSC_0095_20160707105110dad.jpg

それなのに、わたしたちはバングラデシュが大好きです。
わたしたちがバングラデシュを大好きになった理由は「人」です。
最貧国でありがながら、人々から悲壮感のようなものを感じません。

a_DSC_0168_20160707105112eb0.jpg

この国ほど、外国人を歓迎してくれるところはありません。
「おもてなし」の精神にあふれています。

ただ、わたしたちが道を歩いているだけでみんなが集まってきます。
そして「友だちになってほしい」「うちに来てほしい」と真剣な瞳で手を引っ張られます。
そこに下心はありません。

わたしたちもこうした出会いから、突然お宅におじゃましたり、そのままずるずると泊めてもらったり、地域を案内してもらったり、親戚一同を集めて食事会を開いてもらったり、毎日毎日が素晴らしい出会いに満ちあふれた、宝物のような日々を過ごしました。

a_DSC_0899_20160707105132821.jpg

この国を去るときは、ほんとうに去りがたく、ビザの期限ぎりぎりまでいました。
結局最後は、列車の中で出会ったノルシャヒンの家にそのままホームステイ。
水道もないほんとうに田舎のお宅でしたが、わたしたちは思い出深いひとときを過ごし、「ずっとこのままここにいて」と言われながらも別れることになりました。
最後は国境まで送ってくれました。
まさに、バングラデシュとインドの国境の上で、ケンゾーとノルシャヒンは、アラフォーの男同士でありながら号泣し抱き合い、わたしたちは別れたのです。

a_P1010805_20160707105048a6c.jpg

バングラデシュを離れてからも、わたしたちはバングラデシュのことを思い続けていました。
もし、わたしたちにもっと時間とお金があったなら、世界一周の最後にバングラデシュに立ち寄り、それから帰国したいね、とも話していました。

初恋や片思いの人の名前を口にするだけで、こころが温かくなり、その人のことがまざまざと思い出され、愛おしい気持ちが涌き上がるように、わたしたちは「バングラデシュ」とか「ポリシャル」「ランガマティ」「シレット」とバングラの街の名前を口にするだけで、とても愛おしく「行きたい」「あの人たちに会いたい」という気持ちになります。

a_DSC_1047_20160707105151641.jpg

あの国はほんとうにわたしたちのなかでキラキラと輝き続けています。
そんなバングラデシュで、よりによってあのバングラデシュで、あんな悲惨な出来事が起きてしまいました。

a_DSC_0051_20160707105108519.jpg

バングラデシュはイスラム教徒の国でありながら、ほかのイスラム教徒の国よりも規律がゆるやかです。
女性は頭や顔をベールで覆わなくてもいいし、ほかのイスラム圏よりもモスクは少ないと思います。
政治や教育の現場では女性が活躍していて、いまの首相も女性です。

a_DSC_0686_20160707105130315.jpg

そんなバングラデシュでイスラム過激派による事件が起きてしまいました。

わたしとケンゾーも、バングラデシュではJICAの隊員たちが活動する現場を見てきました。
隊員たちの家にも泊めてもらいました。
わたしたちの友だち、あっくんはバングラデシュの教育機関での活動を終えたあと帰国しましたが、バングラへの想いが強く、帰国後すぐにバングラデシュに戻り、日系の会社に就職したほどです。

a_DSC_0666_201607071051288c1.jpg

JICAは最貧国バングラデシュへの支援に力を入れていて、たくさんの隊員たちを派遣していました。
そしてバングラデシュの国民たちも、その日本の支援のことを知っていて、こころから感謝しています。
「JICA」という言葉は、日本人よりもバングラデシュ人のほうが多く知っているんじゃないかと思うほどです。

a_DSC_1017_201607071051341e5.jpg

だから、今回の事件について、バングラデシュの人たちもわたしたち日本人と同じように心を痛め、犯人たちに憤っているはずです。

バングラデシュには、キリスト教徒や仏教徒などもいます。
わたしたちも友人ができました。
彼らはいま、大丈夫だろうかと心配しています。
とくに、ランガマティの仏教徒地区で出会ったローズリーたち。
危険にさらされていないか、不安な毎日を送っていないか、気がかりです。

a_DSC_0706_20160707105657162.jpg

そして、犯人たちの笑顔の写真を報道で目にするたびに、わたしはまた心が痛みます。
みんな、いい顔をしているように見えます。
彼らに何が起きたのでしょうか。
どうしてそんな道に進んでしまったんでしょうか。

2001年にアメリカ同時多発テロが起き、もう15年が経ちます。
イラク戦争をはじめ、アメリカが主導する「テロとの戦争」は先が見えないまま続いています。
そして、新たなテロが起きています。

これまで旅をしたわたしたちにとって、印象深い国の多くはイスラムの国です。
人々は気さくで奥ゆかしく、わたしたちを大きな優しさで歓待してくれました。
イラン、パレスチナ、チュニジア、スーダン・・・。
どれもみんなにぜひ行ってほしい国です。
でも、いまは手放しでお勧めすることができなくなりました。
ほんとうに残念です。

a_DSC_0687_20160707105131ae5.jpg

イランやパレスチナ、スーダンでは出会った現地の人の家に突然おじゃましたり、泊めてもらったりすることもありました。
わたしたちは彼らを疑うこともなく信頼し、彼らはわたしたちにとても優しくしてくれました。
別れがたかったです。
忘れられない、大切な友だちです。

a_DSC_0311_20160707105114e31.jpg

そんな出会いも今の旅人は躊躇しなければならない状態になったかと思うと本当に残念で仕方ありません。

怖いことをする人は本当に本当にごくわずかで、ほとんどがとても優しい人たちだから、その人たちの胸に安心して飛び込んで!と言いたいけれど、言えない状況です。

現地の人たちに心を許すことも難しいうえ、「イスラム教徒の多い国には行かない方がいい」とさえ言われています。
そんなことない!と心では反発しているけれど、でも無責任にそんなことは今は言えません。

a_DSC_0185_201607071051135c0.jpg

旅人には、悲惨な事件に巻き込まれないように努力をしてほしいと思います。

外国人が多く集まるような飲食店やショッピングセンターには行かない。
とくにラマダン中やイスラム教の休日である金曜日はテロやデモに要注意です。
今回もラマダンの金曜日に起こりました。
金曜日は、長距離バスなどでの移動も避けた方がいいです。
バスも狙われる対象です。
金曜日は自分たちも安息日とし、宿でゆっくり過ごすのがいいかもしれません。
わたしとケンゾーもテロの多いエジプトにいるときはそのことを気をつけていました。

バングラデシュはイスラム教徒の多い国ではあるものの、過激派によるテロで多くの人たちが一度に命を奪われるようなことが起きる国とは思ってもいませんでした。
いまはもう安全な国なんてほとんどないのかもしれません。

バングラデシュでの今回の凄惨な事件には、心が痛みます。
ご遺族の方は深い悲しみを背負ったまま、この先を生きていかなければなりません。

バングラデシュの人たちのために、と活動してきた志し高い人たちが命を奪われてしまいました。
どうしてそんな人たちが犠牲にならなければならなかったのか、まったく理解できません。
でも、それがテロなのです。

イスラムやアラブの国へ恐怖を向け、敵対視することはテロを抑える何の解決策にもなりません。
でも、どうすればいいのかわかりません。

イスラムの国々が大好きな者として、イスラム教徒の大切な友だちがいる者として、旅人として、世界がこの混迷の状態から脱出できることを願ってやみません。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから! 

グアテマラついに出国 次の国は?

2016.07.04 12:19|グアテマラ☞EDIT
久しぶりに床の雑巾がけをしたら、汗をかいたイクエです。
この前、同年代の友だちと学校の掃除の思い出話をしていたら「うちの学校は掃除の時間がなかった。子どもたちは掃除しなくて大人がしていた。」と聞いてビックリしました。
そんな学校もあるんですね。
その友だちは学校の長い廊下の雑巾がけとか、教室の机を抱えて隅にどけたりとか、そんな思い出がないそうです。

a_DSC_8118.jpg

グアテマラを大移動してようやくフローレスという街に到着したイクエとケンゾー。
厳密に言えばフローレスとは、この街の湖に浮かぶフローレス島のことで、バスターミナルや商店街がある内陸の街の部分はサンタ・エレーナ地区と言うらしい。

フローレス島に泊まった方がリゾート感を感じられそうだけど、わたしたちは明日の朝にはこの街を出ていく。
近場で安く泊まれるのなら、そこでよかった。

「ここは?
 ホテルみたいだけど。」

「高いかなあ。
 一応、値段だけ聞いてみようか。」

いつものような会話をし、中へと入っていく。

ちなみに1階の迷彩模様のシャッターが降りているところは、武器とかアーミーグッズを売っている店。

a_DSC_8120.jpg

HOTEL CASA DE DON FRANCISCO。
中は明るく、リフォームされたばかりのようでピカピカで新しい。

高そうかなと思ったけど、シャワーなしのダブルルームは1室100ケツ(約1600円)。
清潔だし安全そうなので、ここに決めた。

a_DSC_8119.jpg

時間はもう午後3時。
せっかくだから、観光地のフローレス島に足を伸ばしてみよう。

ここからは歩いて1キロほど。
街を通り抜けると、ペテン・イツァ湖が正面に見えてきた。

きょうはあいにくの空模様だけど、晴れていたら心地よい風が吹き付けて気持ち良さそう。
街とフローレス島は、全長およそ500メートルのレジェ橋で結ばれている。

a_DSC_8121.jpg

ペテン・イツァ湖には遊覧船も出ている。

この近くには熱帯雨林の中にひっそりと、でも存在感たっぷりに存在しているティカル遺跡がある。
ティカル遺跡は西暦300年から800年くらいに栄えたマヤの最大の神殿都市。
グアテマラ屈指の観光地となっている。

でも、イクエとケンゾーはそこまで遺跡に心惹かれない。
というのは、この世界旅行で気づいたこと。
以前は世界的に有名な遺跡は「この目で見たい!」と思ってたんだけど、この旅行中そんな遺跡を実際目の前にすると「ふーん、へぇー、昔の人はすごいなあ。」というくらいの感想。
わたしたちはどうやらそこまで遺跡で感動しないようだった。
それよりも雄大な自然を体感する方が、鳥肌が立ちゾクゾクしたり、いつの間にか涙が滲んでいるくらいに感動している。

どのポイントで感動するかは人それぞれ。
遺跡にロマンを感じて身体中の毛穴がすべて開くような、魂が揺さぶられる感動をする人もいると思う。

だからわたしとケンゾーはせっかくここまで来たけれどティカル遺跡に行くことはやめることにした。
遺跡はメキシコでひとつ見ればいいかなあと思っている。

とは言え、有名なティカル遺跡。
観光客は多く、このフローレスがその拠点となっている。
だからフローレス島には、これまでわたしたちがグアテマラで見なかったような高級そうな大型ホテルもある。

a_DSC_8122.jpg

でも一歩島に入ると、のどかな風景が広がっている。
島の人口はおよそ2000人。
島自体はとても小さくて、あっという間に歩いて一周できるくらいの広さ。
少し歩けば、すぐに島の反対側に出てきてしまう。

a_DSC_8125.jpg

たしかにおしゃれなレストランやホテル、ツアー会社やお土産屋さんがこの小さな島にたくさんある。
けれど、島の雰囲気はローカルでグアテマラ人に人気の観光地、といった感じ。

高地で涼しい、グアテマラの山間で暮らす人にとっては、ここは南国の海に浮かぶ島のように異国情緒を感じるのかもしれない。

a_DSC_8134_20160702120813855.jpg

ペテン・イツァ湖には、フローレス島だけでなくほかにも小さな島が浮かんでいる。

ヤシの木が茂るかわいい島。
南国風の建物が立っている。
島にあるのは一軒のレストランだけ。
ここに船で渡って、ご飯を食べてゆっくり2時間ほど過ごすのだろう。

a_DSC_8137.jpg

島の中央は高台になっていて、小さな白い教会とみんなの憩いの公園がある。

そこでは、木琴の演奏が披露されていた。
木琴はグアテマラの音楽に欠かせない楽器のひとつ。

a_DSC_8127.jpg

ベンチに腰かけて、グアテマラミュージックに耳を傾ける観光客たち。
といっても、お客さんたちはほとんどグアテマラ人。

a_DSC_8129.jpg

a_DSC_8130.jpg

音楽にのるでもなく、体を動かすでもなく、ただ座ってじっと聴き入っているのがグアテマラ人らしい。
と思っていたら、一組の夫婦が楽しそうにステップを踏み出した。
夫婦仲良く、フローレス島にバカンスに来たのかな。

a_DSC_8131.jpg

きょうは天気がパッとしないけれど、晴れていたらきっと湖は海のように青く、もっと気持ちがいいんだと思う。

ここから見る夕日もとても美しいんだって。

a_DSC_8150.jpg

湖岸沿いにテントが並んでいる。
屋台で、何か食べ物を売っているみたい。

a_DSC_8148.jpg

お客さんでいっぱいのここは、タコス屋さんだった。
メキシコやベリーズに近いことを実感。
種類も豊富でおいしそう!

a_DSC_8141.jpg

すでに具が包まれて揚げられているものも売っているけど、お客さんがその場でトッピングを決められるものも。
トッピングは10種類くらいあるんじゃないかな。
決めるのも大変。

a_DSC_8142.jpg

a_DSC_8145.jpg

でも、食材を持ち寄ってバーベキューを楽しんでいるグアテマラ人たちもいた。
これはこれで、バカンス気分を満喫できる。

a_DSC_8139.jpg

1時間くらいで島をじゅうぶん見ることができたイクエとケンゾー。
アンティグアからケツァールも見ずに、代わりにたくさんのゴキブリと遭遇し、大移動をしてここまでやってきた。
フローレスに立ち寄ったことで、心がリセットされた。

a_DSC_8167.jpg

翌日、午前中に宿を出発。
目的地はべリーズとの国境。
国境の街はメルチョルという名前。

ワゴンはすぐに見つけられた。
運賃はひとり30ケツ(約480円)。

フロントガラスから見える景色が物々しい。

a_DSC_8168.jpg

およそ2時間でメルチョルに到着。
「ここだよ」と降ろされた終点から、国境に向かってまっすぐ進んでいく。

これまで3年半旅をしてきて、いったい何度こうやって歩いて国境を越えただろうか。
でも、それもあとわずか。

a_DSC_8170.jpg

この国境にも川が流れている。
流れのない、深い緑色の池のような川。
これがグアテマラとベリーズを隔てている。

a_DSC_8172_20160702120908b6c.jpg

何度国境越えを体験しても、やっぱりこのときはいつも新しい国への不安や期待がわいてくる。
そして、立ち去る国への想い。

またグアテマラに来ることはあるだろうか。
バイバイ、グアテマラ。
無事に楽しくグアテマラの魅力を堪能することができました。
ありがとう、グアテマラ。

a_DSC_8173.jpg

グアテマラのイミグレーションオフィスでパスポートを提示。
職員の男の人が笑顔で対応してくれた。

グアテマラ出国のときに出国税を払わないといけないと思っていたけど、全然徴収されなかった。

a_DSC_8175.jpg

スタンプを押されて、無事に出国。
したんだけれど、お腹が空いている。
お昼の時間だし、食べていこう!ということで、その辺の食堂で最後のグアテマラ料理を食べることに。

多くの国では、国境地帯に食堂や雑貨店が並んでいる。
それがどっちの国のお店なのかわからない。
川を渡ってベリーズ側に来たけれど、別に国境の柵があるわけでもない。
この食堂からはベリーズのイミグレーションオフィスよりもグアテマラのオフィスが近い。
だからここはたぶん、グアテマラ人のお店かな。

a_DSC_8174.jpg

お支払いはグアテマラの通貨で。
ひとり20ケツ(約320円)。

およそ4週間のグアテマラの旅。
グアテマラに来る前、「ふたりならグアテマラ4週間は足りないと思う。半年ぐらいあってもいいよ。」なんて旅友から言われていた。
4週間じゃ満喫できないんじゃないか、消化不良になるんじゃないか、と心配していたけれど十分満足できた。

わたしたちのグアテマラの旅のいちばんの目的は、民族の文化に触れることだった。
これに、自然や遺跡観光をプラスするならもうちょっと日にちがあったほうがいいかもしれない。

でも、わたしたちとしてはグアテマラの小さな村にも足を運ぶことができたし、タカハウスで年末年始を迎えることができて、大満喫。

さあ、次の国はベリーズ。
小さな国ベリーズは、足早に駆け抜けるつもり。

ベリーズがどんな国なのか想像もつかない。

ベリーズさん、よろしくおねがいします!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから!