Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別記事
最新コメント
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

見てくれてありがとう!
メールはこちらから ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
ふたりのお勧め旅グッズ










ふたりの旅も大詰め。あともうちょっとだけおつきあいお願いします!

 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ふたりでふらり」はブログランキングに参加中!
1日1回のclickが順位に反映されます。
ぜひポチッと応援お願いします ♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ここの国境の風景、なんかおもしろくて好き!

2016.03.10 06:02|ホンジュラス☞EDIT
ようやくきのうケンゾーが東北から帰ってきました。
ふたりで今後の人生についてやっと話し合えるようになったイクエです。
ご報告できるほどのことはまだ何も決まっていません。
いまは、コンビニにも車がないといけないような「村」で引きこもり中です。

a_DSC_6005_20160308094852d33.jpg

あきらめながらも、進むしかなく、薮に足を踏み入れ木々をかき分けながらなんとか山から生還したイクエとケンゾー。

当初の予定なら、午前中山登りをし、そのままビーチに行ってビーチ沿いのレストランで海鮮に舌鼓、そして海水浴を楽しむつもりだった。

でも、そんなことをする余裕はとっくになくなっている。

わたしたちは、登山口でもない、よくわからないところから下界に出てきた。
でもそこはわりと宿に近い場所。
とりあえず、宿に戻ろう。

わたしたちの泊まっている宿は、レストランも兼ねていた。
宿のオーナー夫妻にも勧められていたし、せっかくだから一度くらいはこのレストランで食べようかなって思っていたし。

すっかり飲み干したコーラの次に、ケンゾー念願のビールを注文。
ほんと、疲れたぁ〜!!
おつかれさま〜!!

a_DSC_6014.jpg

海を見ながら、こんなところで食べるのは絶対シーフード!

疲れていたし、とにかくおいしいのを食べて癒やされたい。
だから値段をあまり気にせずに注文。

セビッチェ(魚介のマリネ)、150レンピラス(約825円)。

a_DSC_6006.jpg

カニや白身魚など海の幸がたっぷり。
クラッカーに載せてほおばる。

トマトと香草、ライムで、甘酸っぱく味付けされたセビッチェは、疲れた体に嬉しい。
けっこうボリュームがあって、大満足の一品。

そして、ティグレ島で絶対食べたかったのが、これ。
魚介のスープ、250レンピラス(約1375円)。

a_DSC_6013.jpg

貝やカニ、そしてロブスターまで。
注文してから、スープで250レンピラスは高いかなと思ったけど、運ばれてきたのを見て納得。
これだけ贅沢に海の幸が入っているんだから、それなりの値段はする。
スープは甘めで、しっかりと海の香りがしたよ。

a_DSC_6016.jpg

おいしい食事もあるし、山登りもできるし、3か国を眺められるし、治安も抜群にいいし、島時間が流れているし、人々は親切だし・・・。

ティグレ島、いい島だったなあ。
せめてあと1泊したかった。

ティグレ島なんて外国の旅行者はほとんど来ないけれど、バックパッカーにおすすめしたい場所。
アクセスも思ったより悪くないし、ニカラグアからエル・サルバドルに抜ける人は、「ちょっと寄り道」くらいの場所に位置している。
心配していたけど、宿もそれほど高くない。
トゥクトゥク(バイクタクシー)が島にはたくさん走っているので、島内の移動も簡単。

本土に近いので、海が特別きれいなわけではない。
でも、ホンジュラスの人たちのライフスタイル、漁村の雰囲気に浸りたい人にはうってつけの穴場。

のんびりしたい人は、ぜひ♡

ティグレ島最終日、わたしたちは5時半に起きた。
きょうは昼前に国境を越えたい。
エル・サルバドルで待ち合わせしている人がいるから。

宿から船着場は目と鼻の先。
15メートルくらい。
夜明け前の海を見ながら、ボートが出航するのを待つ。

a_DSC_6018_20160308094929418.jpg

宿のお母さんは、「ボートは24時間運行している」と言っていた。
乗りたい人がいれば、ボートは出るらしい。
でも、深夜や未明はお客さんも少ないし、チャーターという形になって運賃が高くなるんだと思う。
といってもすぐ着く距離にあるので馬鹿高くはないはず。

a_DSC_6019.jpg

島の外に出勤する人や通学する人がチラホラ集まり出して、船は6時に出港。
運賃は15レンピラス(約83円)。

およそ5分の船旅。
その間に、太陽が海から昇りはじめた。

歪んだ太陽。
UFOみたい。

a_DSC_6022.jpg

太陽が昇りきらないうちに、あっという間に本土に到着。
アメリカのスクールバスそのままのローカルバスがわたしたちをお待ちかね。
ここ、コヨリトからとりあえず幹線道路にある街サンロレンソに向かう。
運賃は24レンピラス(約132円)。

a_DSC_6023_20160308094945f2f.jpg

バスは山道を登っていく。
車窓からは、さっきまでわたしたちがいたティグレ島が見えた。

ここからなら山の大きさを客観的に感じ、把握できる。

きのうは、あんな山のてっぺんから、鬱蒼とした森の急斜面に突っ込みながら、よく麓までたどり着けたなあ。
自分たちのやったことがあまりにも無謀で浅はかすぎて、呆れて笑ってしまう。

a_DSC_6030.jpg

バスでサンロレンソの終点まで行ったけれど、これは失敗だった。
サンロレンソまで行くと、逆走して南東に行ってしまう。
その手前の分岐点で降りてそこから北西に行く国境方面のバスに乗ればよかった。
(これでちょっとケンゾーの機嫌が悪くなり、夫婦の仲が険悪ムードに。)

a_DSC_6032_201603080949487d9.jpg

国境の街は「El Amatillo(アマティージョ)」。
サンロレンソからアマティージョまではひとり30レンピラス(約165円)。
(無事に乗れたので、ケンゾーの機嫌なおる。)

バスに乗ってると、売り子が車内にやってくる。

箱に入った食べ物を売る男性。
飛ぶように売れている。
乗客の8割以上が買っている。
お土産に大量買いする人も。
わたしたちも買ってみたら、醤油味のシンプルなチャーハンだった。
値段は10か20レンピラス(約55円〜110円)だった。

中南米ではいろんなところに中華料理店があって、比較的安いし人気がある。
だいたいは中国人がやってるんだけど、それをマネして現地人がやってることもある。

中南米の人たちは、中華のあの醤油と油っぽさが好きなのかもしれない。

国境のアマティージョには1時間半もかからないうちに到着。
時刻は9時前。
ここまでスムーズ。
この調子だと、時間通りに約束している人と会えるかな。

a_DSC_6033.jpg

この国境では、出国税も入国税もいらなかった。
ホンジュラスとエル・サルバドルの国境には川が流れ、橋が架かっている。

「ああ〜。
 なんか、おもしろい!」

「おお、いいねえ。」

ぽっこりとした小高い山がいくつもある。
ぽこぽこ、かわいい。

a_DSC_6034.jpg

おとぎ話に出てくるような、日本昔話の挿絵のような、銭湯のレトロな壁画のような。
のどかで素朴。
田舎で大自然なんだけど、どこか違和感があって、どこか奇妙で。
同じような形の山が川を挟んで、ホンジュラス側にもエル・サルバドル側にもある。

a_DSC_6035_20160309144234036.jpg

a_DSC_6036_20160309144236516.jpg

どうして、ポコポコの山がこの辺にだけあるのかわからない。
何か地形的な特徴があるのかもしれない。

a_DSC_6037.jpg

いま見えてる景色が絵みたいで、自分たちが現実世界にいる実感が湧かない。
どこかに迷い込んだような、橋を渡りきれば別世界に行ってしまうような。

ここに国境がなければ、わたしたちはここに来ることもなかっただろう。
この特徴ある景色は、ここで暮らす人が見るだけで、外部の人に知られることもなかっただろう。

世界には、こんなふうにちょっとおもしろい景色が、まだ多くの人に知られることなく眠っているのかもしれない。
と思うと、ワクワクするし、まだまだ旅の広がりを感じる。

a_DSC_6039_20160309144239efc.jpg

橋を渡りきるとエル・サルバドルで、そこはお祭りのように活気があった。
狭い道の両脇には露店がたくさん並んでいる。
店の人が大きな声で呼び込みをしている。
売っているのは主に衣料品。
古着も混ざっている。
バーゲンセールのように山積みになっている。
そして、破格の値段。

たぶんエル・サルバドルの安い品物がここで売られていて、ホンジュラスの人が買い付けにくるんだと思う。

わたしたちもじっくり見たかったけど、バッグパックを抱えたまま山積みの服から好みのものを探し出せる自信がなく、エル・サルバドルのイミグレーションの建物へ直行。

橋からイミグレーションまでがけっこう遠く、しかも上り坂で、両脇に露店がひしめき、人でごった返しているもんだから、歩くのに苦労した。

ここから目指すのはエル・サルバドルの首都、サン・サルバドル。
国名と首都名が「エル」と「サン」しか違わないから、ややこしい。

サン・サルバドル

急いでいるから直行のバスに乗りたかったけど、道に止まっていたバスの車掌にも乗客の人たちにも「まずはサンタ・ロサに行って、そこから乗り換えだよ」って言われた。
サンタ・ロサまでは1ドル。
ちなみに、エルサルバドルの通貨はUSドル。

a_DSC_6040.jpg

30分後、サンタ・ロサの路上でバスを降ろされた。
するとすぐ後ろにバスが止まっている。

「サン・サルバドル行きはあれだよ!」

周りの人に教えられ、よくわからないおじさんにわたしのバックパックを取られ、そのままバスに案内された。
ほかの乗客の人たちも同じように乗り換えるみたいだから、言われるがままについていく。

a_DSC_6041_2016030914425386d.jpg

写真では伝わりにくいんだけど、これ、かなりいい大型バスだった。
もちろんエアコンもテレビもあるし、リクライニングも倒せて座席も広くて快適。
久しぶりの高速バス。
といっても、ノロノロ運転だったけど。

だからか、運賃はお高めでひとり6ドル。

もっと早く着く予定がノロノロ運転のため、4時間あまりかかってサン・サルバドルに到着。

ここからは路線バスに乗り換えて、会いたい人が待つ目的地を目指す。
間に合うかなあ。

a_DSC_6042.jpg

ちなみにサン・サルバドルの路線バスはよく強盗が出るので気をつけて。
ギャングが乗りこんできて、乗客全員から金を巻き上げるらしい。
日中でもよくあることみたい。
よっぽど変な展開にならないかぎり危害を加えられることはないので、強盗団が乗り込んできたらおとなしくお金を出して切り抜けるのが無難。
少額でいい。
だから、もたもたせずにすぐに少額を渡せるようにシミュレーションして用意しておくといいらしい。

a_DSC_6045.jpg

車窓から見るサン・サルバドルの街。
治安が悪いらしく、むやみに歩かないほうがいいらしい。
歩くときは、防犯を心がけて立ち入らないほうがいいエリアを調べた上で、明るい時間に歩きましょう。

a_DSC_6048_20160309144258948.jpg

ちなみに、サン・サルバドル市内を走るこの路線バスは20セントだったよ。

なんとか約束の時間に間に合った!
わたしたちの会いたかった人とご対面。
お会いするのは初めて。

その方とは・・・?

次回は、久しぶりの「海外協力隊」編です。
お楽しみに♪
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから! 

ついまた過ちを・・・ 後悔しても遅い

2016.03.09 05:42|ホンジュラス☞EDIT
購買意欲をセーブしたままのイクエです。
旅をしていて物を買うと荷物が増えるので、全然購買意欲がわかなかった。
それに必要最小限のもので生活できる。
日本にいると誘惑がいっぱい。
かわいいもの、便利グッズ、新製品、お手頃価格のもの・・・。
いろんな商品があふれているけれど、断捨離精神でこれからもやっていこう。

ホンジュラスのティグレ島に滞在しているイクエとケンゾー。
ここでやることといえば、集落を散策する、海鮮を食べる、ビーチで遊ぶ、ティグレ山に登る。

きょうは朝から夕方までこの島を満喫しよう。
とりあえず、最初に山に登って、午後からビーチに行こうかな。

山に登ると言っても、この島全体が山のようなもの。
対岸の本土から見たティグレ島がこれ。

a_DSC_5928_20160308095642b0f.jpg

ティグレ山の標高はおよそ800メートル。
もちろん死火山。

島には、一周する道路がぐるっと通っていてその道沿いに集落ができている。
島の中心が山なので、島にいればどこからでも山が見える。

a_DSC_5947_20160308094805734.jpg

どこからでも登れるのかなと思っていたら、登山口と登山道があるらしい。
宿のお父さんとお母さんが地図を指しながら教えてくれた。
登山口はアマパラ集落のさらに北側。
ここから6キロくらい。

地図にはもうひとつ、この宿から近い場所にも登山口が記されている。
でもそこは木が生い茂っていて急だし、道もないようなものなので、アマパラ集落の先の登山口から登ったほうがいいのだそう。

島の移動はトゥクトゥク(バイクタクシー)。
宿から登山口までは1台50レンピラス(約275円)。
ちなみに、宿から4キロくらい先のアマパラまでは1台30レンピラス(約165円)。

トゥクトゥクのドライバーに「島を周遊しない?案内するよ」と何度か声をかけられたので、トゥクトゥクを半日チャーターして、見晴しのいい場所やビーチに連れていってもらって観光するのもいいと思う。
1000円くらいでやってくれるんじゃないかな。

a_DSC_5979_20160308094806fd1.jpg

島を一周している道路は、意外とアップダウンが激しい。
なので歩くとそれなりに疲れる。
登山口まで6キロくらいだから歩こうかとも考えたけど、トゥクトゥクに乗って正解。
風を受けながら、気持ちよく登山口に到着。

「ここだよ。
 その道を登っていけばいいから。」

「グラシアス(ありがとう)。」

a_DSC_5980_201603080948071e0.jpg

強い日射し。
風が吹くと、砂ぼこりの舞う道。
キラキラと光る木々の葉。
咲き誇る真っ赤な花。
せわしなく走る鶏。
フェンスに干された洗濯物。

この空気、懐かしい。
親しみがわく。
やっぱりここは東南アジアみたい。

a_DSC_5982_20160308094809ee4.jpg

海に近い、低地の舗装された道路沿いの民家はコンクリート造りの大きな家が多かった。
奥に行けば行くほど、トタン屋根の簡素な家が目立つ。
この島にも格差があるのかもしれない。

電気は通っていても、水道がない家庭もあるようだった。

a_DSC_5983_20160308094811ff8.jpg

山に向かって進んでいく。
どんどん坂は急になり、建物が少なくなっていき、木々が鬱蒼としてくる。

道が2つに分かれていた。
道幅が大きい方の道を選び、歩いていったら行き止まり。
フェンスが行く手を阻んでいる。
その奥には建物。
そしてわたしたちに向かって吠える犬。

すると、フェンスの向こうに人影が見えた。

「すみませーん!
 山頂に行きたいんですが、どっちから行けばいいですか?」

「山頂なら、こっちじゃなくて下の道だよ。
 ところで、君たち日本人!?」

「そうです。
 日本から来ました。
 ツーリストです。」

「うわー!
 日本人なんだ!
 またここに来てよ。
 ごはんを作ってあげるから。
 チキンは好き?
 ご馳走するよ。」


嬉しそうに男性が言った。

出会ったばかりの怪しい東洋人ふたり。
会ってふたこと目で食事に招待するなんて、バングラデシュやイランみたい。

わたしたちは帰国日が迫っているし、このあとエル・サルバドルで知り合いと会う約束をしている。
あしたにはこの島を出ないといけない。
もったいないなあ。
この島にあと3日以上滞在したら、お友だちができそうなんだけど。

パナマで出会った日本人の旅人が言っていた。
彼はわたしたちとは逆、アメリカから南米へと南下していた。
「ニカラグアも良かったですよぉ。
 とくにカリブ海側。
 歩いていると現地の人がたくさん集まってきて声をかけてくれるんです。
 旅行者が珍しいみたいで。
 楽しかったなあ。」


その人はビザが切れるギリギリ、3か月間旅したと言っていた。
ほんとうはもっと長く滞在したかったとも。

きっと中米の国々には、素敵な場所がたくさんあって外国人を温かく迎え入れてくれるところがいっぱいあるんだと思う。

a_DSC_5985_20160308094826f3f.jpg

生い茂る木々が途切れるところがあった。
視界がひらけ、太平洋とそこに浮かぶ島々が一望できた。

こちらから見える景色は、わたしたちの宿のちょうど裏側。
時間があれば、一周20キロ弱の島を回りたいと思っていた。
その余裕はなさそうだから、こんな風に島をぐるっと見られてラッキー♪

水をちょっとしか持ってこなかったことを大後悔。
500ミリのペットボトルの水はすでに半分なくなっている。
このトレッキングは思いのほかハード。
急斜面が続く。
木陰で日射しが遮られるところは多いけど、それでも「ふぅふぅ」言いながら歩いていくと汗が噴き出し、喉が渇く。

a_DSC_5990_20160308094829ab2.jpg

「サルぐらいいるかな。」
「ナマケモノは?」
「さすがに、こんな暑い場所にはおらんよ。」
「でも、コスタリカも海の近くにおったやん。」
「まあねえ・・・。
 虎がおるかも!」

「虎!?」
「だって、この島の名前は『イスラ・デル・ティグレ』『虎島』やん。」
「こんな島におるわけないやん。」
「じゃあ、昔はおったのかなあ。」

そんな会話をしていたわたしたちの前に姿を現すのは、鮮やかな蝶と鳥くらいだった。

a_DSC_5987_20160308094827bdc.jpg

見えにくいけど、体は濃い緑でくちばしは黄色く、お腹は真っ赤。
尾っぽがシマシマのかわいい鳥。

a_DSC_5991.jpg

すぐに着くと思っていた山頂は、けっこう遠かった。
しょっちゅう足を止めて休憩したくなる。

溜め息をつき、腰に手を当てて、立ち止まる。
その度にケンゾーから励まされる。
「どうした?
 だいじょうぶ?おばちゃん。
 おばちゃん、がんばって!」

「それはこっちのセリフ。
 おじいちゃん。」

「はあ?
 もう、おばあちゃんバテバテやん。」


立ち止まらず、30歩進もう。
向こうの木の下まで一気に歩こう。
心の中で小刻みに目標を決め、疲れた体にムチ打って歩いていく。

登りはじめて2時間半。
実際には3時間半くらいに感じた。

ようやく頂上らしきところに到着。

a_DSC_5993.jpg

きつかったけど、眺めは最高!

こんなところ誰も来ない。
そう思ってケンゾーが立ちションしていたら、上から鎌を持った男性が降りてきた。

「頂上はもっと上だよ。
 ここを上がったところ。」

なんで鎌を持ってこんなところにいるのか、ちょっと警戒したけれど、男性は山頂にある鉄塔を管理しているらしい。
鉄塔の下に小屋があって男性はそこに住んでいた。
その近くには、大昔の火口と思われるクレーターのような窪地もあった。

木々の間から凪ぎの太平洋が見える。

a_DSC_5997_2016030809484746b.jpg

「あっちがニカラグア、向こうがエル・サルバドルだよ。」

実はこのティグレ島はホンジュラス、ニカラグア、エル・サルバドルと3か国を眺められる貴重な場所でもある。

ティグレ島

世界には3か国以上の国々が見渡せるポイントがいくつかある。
南米では、ロライマ山の山頂でベネズエラ・ブラジル・ガイアナの3か国の国境地点に立ったし、イグアスの滝の近くでは、川を挟んでパラグアイ・ブラジル・アルゼンチンを見渡せた。

真っ青な海と、ニカラグアとエル・サルバドルの大地が見える。

a_DSC_5996.jpg

3か国の景色を見ながら、しばらく木陰で体を休めた。

「行く?」
「どっち行く?」
「・・・うん。」

ここでわたしたちは選ぶべきでない道を取ってしまった。

これはいつものわたしたちの悪い癖。
簡単に言えば歩いているとき、普通のルートから外れて近道っぽいところにあえて入り、結局時間がかかって大変だということ。

わたしたちは今朝、宿で聞いた話を思い出していた。

登山口はふたつある。
宿から6キロほどのところと、宿の近くに。
宿の近くはほとんど使われることがなく、木が生い茂っていて道もあってないようなもの。
だからそのルートは行かないほうがいい。

わたしたちが休憩していたその場所に、そのルートらしきものがあった。
腰の高さほどの草が生い茂っている斜面に、人が通ったような細い筋がジグザグについている。
そして、その方角はわたしたちの宿の近く。

GPSの地図で確認すると、このルートのような気がする。

「もうひとつの登山道ってこれだよね。」
「行ってみる?」
「でも先のほうはどうなっとるのかな。」
「その辺まで、様子見に行ってみてもいいけど。」

登山道と思っていたものはだんだん狭くなり、そして何度も枝分かれしていった。

「どっちだと思う?」
「こっちかなあ・・・。」


「だめだ。
 戻らないかん。」

「でも、こっちも道ないよ。」

もう道なんてなかった。
ここまで来て後戻りはできない。

前を見つめて、ため息が出る。
後ろを振り返り、肩を落とす。
身動きが取れない。

進み方も戻り方もわからない。

「行くしかないよね。」

草や木を払いのけながら進む。

a_DSC_5998.jpg

地面と思って一歩踏み出すと、実は草や枝がかぶさっているだけで1メートルくらい深いところに地面があって、ずぼっとなったりする。
足を痛めそうで怖い。

枝を持ってクモの巣を払いのけながら進む。

喉が渇くけど、水はもうない。
どうしてもっと持ってこなかったんだろう。
後悔ばかり。

登りは2時間半で着いたのに、もうすでにその時間を過ぎている。
登ってきた道をそのまま下山していたら、今ごろ着いていただろうに。

ここでどっちかがケガしたら、どうすればいいだろう。
ヘビにでも噛まれたら。
ケモノに襲われたら。

コツコツコツコツ。
奇妙な音がする。

「なんだろう。」
「どこから?」

幸運にも、ヘビでもケモノでもなかった。
頭の尖ったキツツキだった。

a_DSC_6001.jpg

下山のときの写真は、撮る余裕がなくてこれだけしかない。
だからじゅうぶんに伝えられないんだけど、ほんとうにしんどかった。

どれだけしんどいかというと、ケンゾーがしゃがみこんでしまった。
子どもが駄々をこねるみたいに立ち上がろうとしない。

「ケンゾー、どうしたと?」

あきらめたような顔で、ぼーっとして返事をしない。

「がんばろう。」
「・・・。」
「ほら、もうちょっとだよ。
 ね! がんばろう。」

「・・・うん。」
「だいじょうぶ。
 あと30分がんばってみよう。」


わたしは男の子の母になった気持ちで、ケンゾーを励ましてなんとか立たせた。

あのときのことをケンゾーにあとで聞いたらこう言った。
「もう嫌だと思った。
 もう無理、いいやって。」

「でも、あんなところでしゃがみこんでどうするつもりだったと?」
「イクエが助けを呼びに、下に行ってくれるかなと思って。」

なんちゅう、だんなでしょう!
41歳のくせに。

3時間して、トウモロコシ畑が見えた。
ふたりともホッとした。
なんとか下界に戻れた。

そこからさらに30分くらい歩き、ようやく島の道路に出た。

もうビーチに行く気力も体力もない。

真っ先にビールで喉を潤したかったけど、すぐに手に入るものならもうなんでもよかった。
2リットルのコーラを買い、ごくごく飲み合った。

わたしたちはこんな失敗をもう何度もやっている。
「急がば回れ」と言うのに、つい近そうな方を選び、苦労して後悔する。

学習能力がない。

でも、10回に4回くらいは成功する。
「近道してよかったね」ってなる。
だから、失敗から学ばずに味を占めて、過ちを繰り返すのかもしれない。
10回のうちの6回の失敗よりも、4回の成功のほうが記憶に残るのかも。

そうは言っても、失敗の確率のほうが高い。

今回だって・・・。

ん?

これって失敗したのかな。
時間はかかったけど、結果的には無事に到着したから「成功」と言えば「成功」?

こうやって、わたしたちはまた同じことを繰り返す宿命にあるのだった。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから!