Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別記事
最新コメント
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

見てくれてありがとう!
メールはこちらから ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
ふたりのお勧め旅グッズ










ふたりの旅も大詰め。あともうちょっとだけおつきあいお願いします!

 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ふたりでふらり」はブログランキングに参加中!
1日1回のclickが順位に反映されます。
ぜひポチッと応援お願いします ♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

乙女チックなマダムたちの怪

2016.03.04 10:58|ニカラグア☞EDIT
最近同級生の誕生日が続いていて「35歳おめでとう!!」ってお祝いのメッセージを書くんだけど、自分の誕生日があと2か月ちょっとでやってきて36歳になってしまうことが、なんか損をしてるみたいで悲しいイクエです。
同じ学年で同じ青春を過ごしていたのに。
小さいときは、みんなよりも早く年を取ることに優越感を感じていたんだけど、今はその逆。
「女性の年齢は歳ではなくカラットで数えるのよ。20歳なら20カラット、50歳なら50カラット。カラットが増えるほうが美しいでしょ。」なんて言う人もいますが・・・。
がんばって磨きをかけていきます。

きょうはニカラグアのかわいいマダムたちの話。

a_DSC_5880.jpg

ニカラグアのマダムには、乙女な部分がある。
それはねー。
何かというとねー。

a_DSC_5892.jpg

わかった?
ヒントは身につけているもの。
ほら、フリフリの「もえ~♡」な・・・。

a_DSC_5891_20160302181452117.jpg

エプロン!

前掛けタイプのフリフリエプロンをみんながつけている。
エプロン姿で買物に行ったり、街角で物を売ったり。

上の写真のマダムは、手作りのスイーツを売っている。
客が少なくなったら、場所替え。
頭にひょいっとトレーを載っけて、雑誌を読みながら歩き出す。

なんて器用なマダム♡

a_DSC_5893_20160302181726af7.jpg

フリルのところにはポケットが隠れているらしく、お財布とか携帯とかも入れられるからバッグを持たなくていい。
ハンドバッグを持つくらいなら、このエプロンのほうが楽チンでいいよね。

a_DSC_5886.jpg

そのときはまったく気づかなかったんだけど、いまこうやって写真を見返していて、気づいた。
マダムたち、服の色とエプロンの色をコーディネートしている!

何種類かエプロンをもっていて着る服の色に合わせているのか、たまたまなのか、好きな色を選ぶから必然的にそうなるのか。

a_DSC_5889_2016030218145517a.jpg

できれば若い女の子にもこのエプロンをつけてほしいんだけど、なぜかマダムばかり。
このエプロン文化は、そのうち廃れていってしまうのか。
それとも、いまの若い子たちもマダムの年齢になったらこのエプロンをつけるようになるのだろうか。

a_DSC_5890.jpg

2泊したレオンの街。
ちょっと短かったけど、わたしたちはニカラグアを後にし、次の国ホンジュラスに向かうことにした。
ニカラグアと同様、ホンジュラスについての知識もほとんどない。
とくに有名な観光地もないから、どこにも滞在せずにエルサルバドルに抜けることもできる。
でも、せっかく通るのだし、何もせずにスルーするのはホンジュラスになんだか申し訳ない。

「首都のテグシガルパに立ち寄ろうか。」
「でも、ほんと何もなさそうやね。」
「テグシガルパの近郊の田舎にでも行く?」

わたしたちはいろんなところに立ち寄るし、穴場な場所にも行く。
それでよく旅人からは「ブログのタイトル通りじゃない。全然、ふらりでもゆるりでもないんじゃないの?常に事前に行く場所を決めて計画通りに旅している」と言われることがある。
前々から緻密に旅の予定を立てて行動していると誤解されているようだ。

でもわたしたちは事前に旅の予定なんてほとんど立てない。
前日まで次に行く場所を決めてないこともしょっちゅう。
もし決めていたとしも、当日になって「やっぱり行くのやめよう」ってこともあるし、「違うところにしよう」ってこともよくある。

だけど常にいろんな選択肢を考えているようにはしている。
いくつか旅の予定や行き先の候補を考えていて、直前になって臨機応変に決めることにしている。
といっても、その選択肢もケンゾーと話し合っているわけではない。
わたしが頭の中で勝手に考えているだけ。
直前になってケンゾーに「あしたからのオプションが4つあるんだけど、どれがいい? 1、・・・。2、・・・。」という具合に提案することもある。
選ばずに、ふたりでとりあえず動いて、流れにまかせることもある。

今回は流れにまかせることにした。
とりあえずはローカルバスでホンジュラスとの国境を目指す。
バスターミナルからここまで歩いてきたとき、意外に距離があってきつかったので、今回はサイクルリキシャ(自転車タクシー)に乗って、バスターミナルへ。

a_DSC_5896.jpg

世界のいろんな国にサイクルリキシャはあるけれど、おもに2種類ある。

1、自転車が前についていて、客が乗るカゴが後ろ。
2、客が乗るカゴが前についていて、自転車が後ろ。

わたしは2のほうが好き。

2のほうが遮るものがなく、視界が広い。
1だと座っているときに運転手の背中ばかり見えて、必死に自転車を漕いでいる運転手に対して悪い気がしてくる。

ここはわたしの好きな、タイプ2の自転車だった。
3キロほどの距離でふたりで30コルドバ(約132円)。

a_DSC_5899_201603021817133b3.jpg

ボーダーまではチキンバスを乗り継いでいく。
まず目指すのは、チナンデガという街。
ひとり18コルドバ(約79円)。

車窓からは、またも富士山のような火山がいくつか見えた。

a_DSC_5901_20160302181822aa9.jpg

およそ1時間でチナンデガに到着。
ここから国境まで行くバスを探す。
バスターミナルにはバスがたくさん止まっていて、どれに乗ればいいのか迷うけれど、中米では心配ご無用。
うろうろしていると、車掌や客引きが向こうから寄ってきて「あんたたち、どこ行きたいの?」と聞いてくれて、バスまで案内してくれる。

a_DSC_5908_20160302181841c57.jpg

国境までは2時間。
運賃は32コルドバ(約141円)。

今回はニカラグアの西側にしかいかなかったけど、東側のカリブ海沿いの街や島は雰囲気がガラッと変わって、魅力的な場所らしい。
海もとってもきれいで、人々はフレンドリーで、楽しいんだって。
わたしたちが以前行った、「七色の海」として知られるコロンビア領のサンアンドレス島も、ニカラグア沖にあった。

日程に余裕があったら、そっちにも行きたかったなあ。

a_DSC_5912.jpg

バスを降りると、イミグレーションのオフィスまで連れていってあげるとリキシャやタクシーが声をかけてくるけど、そんなに遠くない。

誘いを振り切って歩いて進む。

国境には日本が作った橋が架けられていた。

a_DSC_5913.jpg

この国境でも出国税と入国税を支払う。
ニカラグアのイミグレーションオフィスで支払った出国税はひとり45コルドバ(約198円)。
ドル払いだと2ドル。

ホンジュラスの入国税はひとり3ドルだった。

a_DSC_5914.jpg

ホンジュラスのイミグレーションオフィスで入国手続きをしたのはいいけれど、さて、ここからどうやってバスに乗ればいいのか。
周りには何もない。

とりあえず国境にたむろしていた両替商に、余ったニカラグアのお金コルドバをホンジュラスのお金レンピラに替えてもらう。

首都のテグシガルパ行きのバスを探したけれど、ローカルバスだと最寄りの町、チョルテカで乗り換える必要があるらしい。

チョルテカ

しばらくそのまま突き進むと、ワゴン乗り場があった。

相乗りワゴンの客引きに「バスはないから、ワゴンに乗ったほうがいいよ」と言われたけれど、そんなことはないはず。
ワゴン乗り場を過ぎて、そのまま数十メートル進むと売店があって、売店のおばさんたちが「バスはちゃんと来るよ。ここで待ってればいいよ」と教えてくれた。

ちょっと不安ではあるけれど、おばちゃんたちを信じよう。

直射日光に当たると暑い。
商店の軒下に逃げて、20分ぐらい待っているとバスがやって来た。
やったー!

a_DSC_5915_20160302182014aa5.jpg

チョルテカまでは、ひとり30レンピラス(約150円)。

車窓から見える風景や人々は、ニカラグアもホンジュラスもそんなに変わらない。
バスに乗り込んできたおばさんも、ほら、フリフリ。

a_DSC_5916_201603021820162b1.jpg

しかもやっぱり、服の色と模様、エプロンのデザインが合っている!

バスが出発したのは午後4時ごろ。
チョルテカまで1時間半くらいかかりそう。
そこからバスを乗り継いで、首都のテグシガルパに行くとなると・・・。
日が暮れてから到着するかもしれない。

でも、暗くなってから、治安が悪い首都をふらつきたくない。
宿だって予約していないし、目星さえつけていない。

「あー、どうしよう。」
「うーーん。」

行き当たりばったりのふたり旅。
はたして、わたしたちの運命は?

この後、旅程を変え、いくつかの選択肢の中から、あそこに行くことをチョイスすることになった。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから! 

ニカラグアでは〇〇が激高!

2016.03.03 11:12|ニカラグア☞EDIT
ようやくFacebookをちょっとずつやり始めたイクエです。
まだ使い方に慣れていないので、返信が変だったり改行がうまくいかないことも多いけど、つながっている方々、温かい目で見守ってください。
でも、まずは自分のプロフィールの写真を変えないとって思ってるんだよね。
だって、2007年の写真だもん・・・。
30歳過ぎて、お見合い写真で成人式の写真使ってるようなもんだよね。

さてさて、きょうもゆる~いブログになるかな?

コスタ・リカにいるときから、ケンゾーはあるものを探していた。
それは、ビーサン!!

ビーチサンダルの底が擦れて薄くなって、小さな石ころを踏んだだけで「痛っ~!!」ってなっちゃう。
でもわたしたち、コスタ・リカでは首都に行かなかったし、自然や動物にふれ合うことをテーマに旅をしていたので、田舎にしか滞在せず、ビーサンを買う機会がなかった。

ケンゾーのビーサンは今にも破れそう。
急に立ち止まって「痛い」と言いながら、ビーサンを脱いでチェックしたりしている。

いいかげんこの街で買わないと!

そこでわたしたちはレオンの商店街を歩き、ビーサンを買うことにした。

驚いたのがビーサンの値段。
ものすごく高い。
どんなに安くても一足1000円くらいするの。
最初はボラれているのかと思って「高すぎるよ!」って言ってたんだけど、どこの店もビーサンだけは高い。
平均して2000円弱くらい。
ブランドものでもないただの普通のビーサンだよ。

履き古した中古のビーサンも売ってあるけど、それだって1000円弱する。

靴のほうがビーサンよりも安いくらい。

アフリカも含めて、どこの国にもビーサンは売ってあって、安い。
手頃なものはだいたい200円ちょっとで買える。

なのに、なぜ!?
ニカラグアの物価で考えるとビーサンはものすごく高すぎる。
ニカラグアって世界でいちばんビーサンが高い国なんじゃない?

ビーサンを履いている現地人を見るたびに「あの人、よくビーサン買ったよねえ。仕事、なんだろうね。」「なんでわざわざビーサンを買おうと思ったんだろう。ビーサンはここではめちゃくちゃ高いイケてるファッションアイテムなんじゃない?」という会話をケンゾーとしていた。

ビーサン探しに苦戦するイクエとケンゾー。
実は、きのうから探しまわっている。
それでも見つからない。
とりあえず腹ごしらえをすることにした。
安そうな食堂を探したけれど見つからなかったので市場へ。
中南米では、食べるところに困ったらとりあえず市場に行ってみるといい。

ほら、いちばん奥にフードコートを発見♪

a_DSC_5877_201603021808471b0.jpg

おばちゃんたちがおかずやスープが入ったお鍋をテーブルに並べている。
「うちで食べて!」「何でもあるわよ。」
呼び込みが激しいけど、どの店もメニューも値段もあまり変わらないのは、どこの国もいっしょ。

好きなメインディッシュを選んで、お皿によそってもらう仕組み。

a_DSC_5878.jpg

ワンプレートで、60コルドバ(約264円)。
イクエとケンゾーで違うメニューを頼んだ。
牛肉とチキン。

でも、メインは目立たずお皿に占める豆の割合が多すぎ!

a_DSC_5875.jpg

a_DSC_5876.jpg

南米の北の国々と中米で、人々が毎日のように食べるこの豆料理。
ただ豆を煮込んだだけで特別まずいわけでもないし、おいしいわけでもない。
でも中南米の人は、この豆料理を一日一度は食べないと気がすまない。

体には良さそうだけれど、ケンゾーはオナラが止まらない。

豆をしこたま食べたあと、ビーサン探し、再開。

どうせビーサンなんてすぐ壊れるし、ちょっとしたときに履くだけだからクオリティーは求めていない。
安ければいい。
でも結局安いのを見つけられずに、妥協して買ったのはこれ。

a_DSC_5895_20160302181729599.jpg

ク◯ックスの偽物。
これで120コルドバ(約528円)。
作りがしっかりしているのを選んだけど、もっとシンプルな作りのものは300円くらいだった。

そして、同じ店で安っぽいビーサンが売られていて、その値段は1000円くらい。

「ねえ、どうしてビーチサンダルが高くて、こっちのサンダルのほうが安いの?」
「それは、ビーチサンダルだから。」

「でも、ほかの国だとビーチサンダルがいちばん安いですよ。
 どうして?」

「ビーチサンダルを作る工場がないから。
 輸入してるからだよ。」


ニカラグアなんて、暑い国だし太平洋とカリブ海に挟まれた国。
中米ではいちばん大きいニカラグア湖だってある。
水辺が多い。
靴下なんてほとんど履かない。

この国にこそビーサンはふさわしい。
ビーサンの需要はかなりあるはず。
ビーサンの工場を作って、一足500円くらいで売れば、独占できる。
大きな工場を作らなくても、ビーサンなんて材料もそんなにいらないし、シンプルだし簡単に製造できる。
家族経営でもできる。

ニカラグアってスラムもあるし、貧しい人たちもたくさんいる。
彼らを支援しているNGOもある。
そこでビーサンを作るのはどうだろう。
これ、すごいいいアイデアだと思うの。
ケニアのスラムを視察したときHIVの子どもたちが通う学校があって、そこで先生や小学生たちがサンダルを手作りして売って、学校の活動資金にあてていた。
ビーサンって、廃タイヤでも作れる。
東南アジアとかアフリカの少数民族とかはタイヤを切って作っている。

ニカラグアで活動している知り合いがいる人、このアイデアを提案してみて♡

でも、そのうちニカラグアにも中国製の安いサンダルが入ってきちゃうのかなあ。

a_DSC_5879.jpg

ニカラグアでは、路上で雑貨や衣類、野菜や果物を売っている女性たちをよく見かける。
手作りした食べ物を売っている人も多い。
路線バスに乗り込んできて、おかずやスイーツを売る人たちも。

その女性たちに共通していることがある。

それはまた次のお話で。

あしたは「ニカラグアマダムに、モエ〜♡♡」。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから!