Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別記事
最新コメント
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

見てくれてありがとう!
メールはこちらから ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
ふたりのお勧め旅グッズ










ふたりの旅も大詰め。あともうちょっとだけおつきあいお願いします!

 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ふたりでふらり」はブログランキングに参加中!
1日1回のclickが順位に反映されます。
ぜひポチッと応援お願いします ♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

旅したベネズエラ こんな国

2016.02.02 02:46|南米☞EDIT
ベネズエラには9/2~9/30、11/2~11/20まで48日間滞在しました。
首都は世界トップクラスの犯罪発生率、経済が破綻し腐敗した軍や警察が虎視眈々とツーリストから金を奪おうと手ぐすねを引いている・・・。
ネガティブな情報には事欠かず、長期の旅人も足を踏み入れることを避けるベネズエラ。
ドキドキのベネズエラだったけれど、蓋を開けてみると予定していた1か月では時間が足りず、キューバの後に舞い戻るほどハマってしまった。
そんな不思議な国ベネズエラの旅を振り返ります。

◇旅の費用はいくら?◇

ベネズエラでいくら使ったのか発表します。

交通費  113,200ボリバール
外食費  87,246ボリバール
食料費  32,152ボリバール
宿泊費  94,530ボリバール
観光費  350,570ボリバール+340ドル
その他  133,289ボリバール

合計  810,987ボリバール+340ドル=約191,340円(1ボリバール=0.185円)
約3,905円/1日2人で

国内の経済が破綻し、自国の通貨ボリバールの信用が雪崩を打ったように下がり続けているベネズエラ。
人々が日に日に貨幣価値が低くなるボリバールよりも米ドルを欲しているため、公定レートよりも高額で米ドルが取引される闇両替が存在している。
最初に訪れた2015年9月の時点では1ドルを闇両替すると約650ボリバールに。
公定レートが1ドル6.3ボリバールだから、その差なんと100倍以上。
2か月後の11月にはさらにドルが値上がりし、1ドル700ボリバール以上になっていた。
ドルを持ち込んだツーリストにとって、ベネズエラはおそらく世界最安の国。
インドの物価が高く感じるほどすべてのものが破格の値段。

しかし、ベネズエラの経済状況が今後どのようになるのかまったく見通しが立たない。
貨幣価値のないボリバールが廃止されるかもしれない。
インフレも激しいので、あと1か月先もベネズエラが旅行者にとって激安の国である保証はなにもない。
闇両替のレートは日々変わっている。
だから、このブログに記載している値段はあてにしないほうがいいよ。

ベネズエラでオイシイ思いをするには米ドルを持ち込む必要があるけれど、警察や軍に米ドルが見つかると没収されるので隠さないといけない。
街中でチェックされることはほとんどなく、移動する時が要注意。
とくに夜行バスで移動すると何度も検問で止められて、その度に荷物検査を受けることも。
ケンゾーとイクエは運が良くて執拗に荷物を荒らされることはなかったけれど、パンツ1枚にされてチェックされた男性も。
1か所にまとめて隠すとリスクが高いので分散して隠したほうがいい。
ケンゾーは電池の充電器の蓋を外して基盤の間に隠したり、三脚の足の中に隠したりしていた。
イクエは折り畳んだドルを小さなジップロックに入れてウェットティッシュの間に挟んだり、サブバッグや洗面用具を入れたポーチの隙間に入れて口を糸で縫って閉じて隠していた。

a_DSC_8581.jpg

a_DSC_8576_2016020202393474b.jpg

闇両替をしてくれる人は街によってばらばら。
ツアー会社やホテルでもしてくれるけど、レートはあまりよくない。
街の服屋や靴屋、土産物屋や宝くじ売場、中華料理屋などがいいレートで替えてくれる。
両替屋を見つける方法は、とにかく聞きまくるしかない。
両替してくれる人を見つけたら、つぎは値段交渉。
必ず「いくら(のレート)で両替したいんだ?」と聞かれるので、その時の相場を知っていないと損するはめに。
スマホを持っている人は前もって「Dolar Today」というアプリをインストールしておくといい。
闇両替のレートがリアルタイムで分かるという便利な、けれどベネズエラ以外では使い道のないアプリ。
このアプリで表示されるレートのマイナス50~100ボリバールくらいが実勢レートなので、それを目安に交渉したらいい。
現地人がATMで引き出せる金額が制限されているベネズエラ。
いざ交渉成立しても、現金を用意できなかったということはよくある。
街によっては両替するのに体力と我慢強さが必要。

闇両替のレートは首都のカラカスがいちばん高く、地方になるほど悪くなっていく。
マラカイボとメリダはけっこういいレートで替えられて、マルガリータ島やエンジェル・フォールの拠点の街シウダー・ボリーバルはあまり良くなかった。
ロライマの拠点となる街サンタ・エレナは最悪。
レートの悪い街に移動する前にいいレートで両替していたほうがベター。
ただし、最高額紙幣でも20円以下の価値しかないのでとんでもない量の札束を持ち運ばないといけなくなるけどね。
ドルと違って現地通過はいくら持っていても没収されることはないので隠す必要はない。

a_DSC_9242_20160202023946beb.jpg

運悪く悪徳警官などに捕まってしまった時のために「日本大使館に抗議する」というスペイン語を言えるようにしていたらいいかも。
まったく役に立たないかもしれないけど・・・。


◇移動手段はこうでした◇

基本はバス。
値段によってランクの違いがあることもあるけれど、バス代も激安なので高いほうを選べばいいと思う。
街によってはバスチケットが早朝発売で、しかもすぐに売り切れる場合もある。
夜行バスにもかかわらず早朝に並んで買わないといけないことも。

a_DSC_9249_20160202023950c63.jpg

ベネズエラの国内移動は飛行機が断然お勧め。
一区間1500円以下だし、検問の心配も無用。
空港の航空会社のカウンターでは現金では購入できないことがほとんどなので、街中にあるツアー会社へ。
航空券にかかわらずベネズエラでクレジットカードを使うのは御法度。
正規レートで計算されてとんでもない金額が請求されるので要注意!

a_DSC_4352_20160202023933bb5.jpg


◇こんなお宿に泊まりました◇

ベネズエラは、街によって宿のクオリティーやコストパフォーマンスが全然違う。
残念ながら、旅行者が行くシウダー・ボリーバル(エンジェル・フォールの拠点の街)やサンタ・エレナ(ロライマの拠点の街)には、おしゃれで居心地のいい安宿はほとんどない。
だからこの2つだけ行くバックパッカーにとってはベネズエラそのものの印象はあまり良くないかも。
シウダー・ボリーバルでは『地球の歩き方』に載っている「ポサダ・ドン・カルロス」に泊まった。
エアコンもついているし雰囲気もよかったけれど、キッチンはないし値段がちょっと高め。

a_DSC_9887_20160202024124c05.jpg

それならコネクションツアーズが無料で提供してくれる宿のほうが居心地がいい。
洗濯できる場所もあるし、エアコンは効いてるし、Wi-Fiも使いやすい。
エンジェル・フォールのツアーに参加しなくてもコネクションツアーズの宿には有料で宿泊できるよ。

a_DSC_9900_20160202024150374.jpg

a_DSC_9901_20160202024140295.jpg

宿のクオリティーやコストパフォーマンスがもっともいい街はメリダ。
メリダにはいい宿がいっぱいあって、沈没必至。
静かな環境を求めるならPOSADA Alemania。

a_DSC_9270.jpg

でも繁華街からちょっと離れているし夜になると周りの店が閉まって出歩くのは危なそう。
わたしたちは途中からツーリストの集まるメインストリートにあるPOSADA GUAMANCHIにお引越し。
ツアー会社が下に併設されているし、夜に出歩いても大丈夫そうだし、立地がいいのでおすすめだよ。

a_DSC_9631_20160202024104ea0.jpg

マルガリータ島は、お好きなリゾートホテルにどうぞ。
Gorden Paradiseは安いけど、食事のレパートリーが少ないし、スタッフにお金を盗まれたのでおすすめしません!
マルガリータ島にはオールインクルーシブホテルも泥棒宿と化すので、貴重品の管理に気をつけてね!

a_DSC_4278.jpg


◇これが一番うまかった!◇

ケンゾー 「ビール」
物価が激安なので、普段は行けないようなおしゃれなレストランにも何度も足を運び、おいしい料理に舌鼓を打ったけれど、いちばん印象に残っているのはビールかなあ。
なんたって1本10円(2015年9月)だからね。
瓶が小さくて量が少ないとは言え、この値段は衝撃的。
軽い味は好みではないけど、財布を気にすることなく飲めるのは嬉しい。
イクエからは1日20本飲んでいいよ!って言われたからね。
ビール好きにとっては夢のような国。

a_DSC_9295_2016020202404510c.jpg

イクエ 「ハンバーガー」
レストランの料理も激安で食べられるベネズエラで、あえてファストフードのハンバーガー?って思うかもしれないけれど、ベネズエラのハンバーガーを侮るなかれ。
ボリュームやこだわりは本場アメリカよりも勝っている。
中に入れるお肉も、牛肉のハンバーグ、豚の薄切り肉、鶏の細切れ肉、ソーセージ、これを全部ミックスして入れちゃうことも。
さらにはフライドポテトまで挟んじゃって大量のマヨネーズとケチャップがかかっている。
路上の出店では鉄板でジュージュー焼いて作ってくれる。

a_DSC_9751_2016020202410814e.jpg

a_DSC_9752.jpg

ハンバーガーひとつで立派なディナーになるし、大満足。
いっしょにロライマに登ったマサくんは「ベネズエラのホットドッグはめちゃくちゃおいしい!」と言っていたのでホットドッグもボリューム満点でおいしいのかも。

ベネズエラに行ったらハンバーガーとホットドッグをお試しあれ。

a_DSC_9759_20160202024109c92.jpg


◇おすすめ!!一番良かった場所◇

ケンゾー 「メリダ」
当初は立ち寄る予定のなかったメリダ。
先に滞在していた旅友の話を聞いて急遽予定を変更して行ってみたところ、居心地がよすぎて沈没してしまった。
年中暑いベネズエラだけど、標高1600mのメリダは涼しくて過ごしやすい。
そしてなんといってもメリダの魅力はアクティビティ。
5000m級の山に囲まれているのでトレッキングはもちろん、パラグライダー、ジップライン、バンジージャンプなど充実のラインナップ。
しかもすべて格安で体験できる。
お勧めはロープワークで川を滑り降りていくキャニオニングと激流をゴムボートで下っていくラフティング。
どちらもスリリングで爽快でめちゃくちゃ楽しい。
キャニオニングは約1700円、ラフティングは1泊2日で約3000円とリーズナブル。
おしゃれなレストランも多いし、ベネズエラでメリダは外せない!

a_GOPR5098_20160202024141516.jpg

a_GOPR5161.jpg

イクエ 「ロライマ山頂 ブラジル領のキャンプ地」
今しか体験できない格安のベネズエラの魅力を体験するなら、メリダやマルガリータ島はおすすめです。
でも、この魅力がいつまで続くのかわかりません。
その点で、ロライマやエンジェル・フォールの魅力は永遠です。
経済破綻し、治安も悪いベネズエラだけど、地球最後の秘境とも言われる雄大な自然がこの国にはあります。
ロライマの8日間のトレッキングは、その大自然に身をゆだね心が満たされた日々でした。
4日目に泊まった大きな洞窟のキャンプ地(ブラジル領)では、わたしたち6人だけしかこの世界にいないような錯覚を覚えました。
そこはこの地球上の唯一の隠れ家のようにも思え、わたしたちだけ異次元に迷い込んだような、タイムスリップしたような、取り残されたような気もしました。

a_DSC_3608_20160202031028a63.jpg

水晶の谷も七色の谷も、冒険心をくすぐられました。
ロライマのトレッキングは「旅の原点」という感じがしました。

a_DSC_3287_201602020310439fd.jpg

a_DSC_3914.jpg

エンジェル・フォールもわたしとケンゾーはロライマに負けないくらいの魅力を感じました。
エンジェル・フォールを見るためにセスナに乗り、ボートで川を渡り、さらには登山。
しかもボートでの移動中、雨や雷に見舞われ、さらには日が暮れてあたりは真っ暗。
ホタルまで出てきて、まさに冒険みたいでした。
ようやくたどりついたエンジェル・フォールは、とても神秘的でした。

a_DSC_0146_20160202031015890.jpg


◇ふらり ゆるり ベネズエラの感想は?◇

ケンゾー
入国する前から心配事が絶えず、いざ入国してからも警察の目を常に警戒しながら旅したベネズエラ。
両替も労力使うし、バスチケットを買うのも大変だったりと面倒なことも多いけれど、振り返るといい思い出ばかり。
これまでに聞いてきたネガティブな情報に反比例するようにベネズエラ人はいい人が多かった。
ここでしか見ることのできないエンジェル・フォールやロライマ山など見どころもたっぷり。
頼りになるどころか危険な警察からドルを隠したり、いいレートで両替してくれる闇両替屋を探して歩き回ったりと面倒くさいことも多いけれど、ひとつくらいそんな国があってもいいと思う。
国ごとの特徴が薄れ、どの国も似たような国になりつつある今、旅人にとって貴重な国だとも言えるんじゃないかな。

a_GOPR5357.jpg

a_DSC_9404_20160202023953389.jpg

イクエ
貨幣価値の暴落、闇両替のレートの高騰、それに伴うインフレ、そして総選挙を控えた激動の時代にベネズエラを旅しました。
毎日毎日「ええ~!?こんなに安いの?そんなことってある?」と驚き、お会計を終えるまでその値段を信用できないほどでした。
これまで旅したどの国よりも物価は安く、高いホテルに泊まることも高いレストランで3食食べることも、国内線の飛行機をバンバン使うこともでき、これまでのバックパッカー旅とはまったく違いました。
けれど、インフレもすさまじく「どうして先日まで安かったのに、こんなに高くなってるの?」と戸惑うことも多かったです。
共産国家でスーパーは品不足、配給制で長蛇の列。

a_DSC_9639_20160202024108bf2.jpg

いびつな社会ではあるけれど、それ以上に驚くのはベネズエラ人のおおらかさや優しさ、知的さでした。
自分たちの国が外国人にとっては激安の国であることを知っていながら、騙したりお金をぼることはほとんどなく、酒屋に行けばビールを奢ってくれるようなこともありました。

a_DSC_9905_201602020241421aa.jpg

共産国家なのに、ほぼ全員が大統領の悪口を堂々と言います。
わたしたち旅行者にとっては、ベネズエラの貨幣価値が下がったままのほうがいいですが、この国のことを思えば早く経済が持ち直してベネズエラ人が暮らしやすい国になればなあと思います。

a_DSC_3585_20160202023927ca2.jpg
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから! 

旅したコロンビア こんな国

2015.12.03 11:46|南米☞EDIT
コロンビアには8/22~9/1、9/30〜10/7、10/28〜11/1まで24日間滞在しました。
入国するまでは安全面で不安を抱いていたコロンビア。
いざ旅すると、オシャレでセンスのいい街や店に癒やされ親切なコロンビア人がすぐに気に入りました。
そんなコロンビアの旅を振り返ります。

◇旅の費用はいくら?◇

コロンビアでいくら使ったのか発表します。

交通費  1,337,360ペソ
外食費  384,300ペソ
食料費  351,650ペソ
宿泊費  794,000ペソ
観光費  274,900ペソ
その他  323,100ペソ

合計  3,465,310ペソ=約139,247円(1ペソ=0.04円)
約5,802円/1日2人で

コロンビアは街によって物価に差がある。
ツーリスティックな場所だと安食堂がないことも多い。
交通費もけっこうバカにならないので、なるべく自炊をして節約。
おしゃれなカフェやレストラン、バーも多いので誘惑を断ち切るのが大変。


◇移動手段はこうでした◇

長距離バスは冷房がよく効くので寒さ対策をしたほうがいい。
夜行バスのときは寝袋を持ち込むようにしていた。
大手のBrasiliaやCopetranなどはWi-Fiも付いていて快適。

a_DSC_8497.jpg

a_DSC_8499_2015120311214899c.jpg

気になるのは荷物の盗難。
「トランクスペースに入れていた荷物が荒らされた」「車内に持ち込んだ貴重品がいつの間にか盗られていた」という話をよく耳にしていたコロンビア。
盗難対策として、ケンゾーのバックパックの中に貴重品は一切入れずトランクスペースへ。
HDDなどの貴重品をイクエのバックパックに入れて車内に持ち込むことに。
イクエの35ℓのバックパックを車内に持ち込もうとすると、かなりの確率でトランクスペースに預けるよう言われたけれど「寒いから服が必要なの!」などと言って半ば強引に車内へ。
網棚は使わないで窮屈にはなるけれど足元や座席の上に荷物を置くようにしていた。
これが功を奏したのかどうかは分からないけど、盗難の被害に遭うことはなかった。


◇こんなお宿に泊まりました◇

コロンビアの宿は、ほかの南米の国に比べると高い。
ドミトリーやダブルルームでひとり20000ペソから。
インターネットの予約サイトに登録しているホステルも多いので、心配なら予約していってもいいかも。
カルタヘナの宿は相場が高かった。
逆にサレントには使いやすいキッチンもあり、スタッフが地元の情報を詳しく教えてくれる居心地のいい安いゲストハウスがたくさんあるので、ゆっくりしたい人にはおすすめ。
サレントで泊まったSOL y LUNA Hostalはドミトリーでひとり20000ペソ。
内装がかわいくてキッチンが広くておしゃれでかなり快適。

a_DSC_8865_201512030938599c9.jpg

ボゴタでは日本人の旅人もよく利用するホテル・アラゴン。
クラシックな内装で落ちつく。
キッチンは広くて鍋などもたくさんあって、食堂の厨房みたいで使いやすい。
コーヒー飲み放題。
ダブルルームで1室44000ペソ。

a_DSC_8964_201512030939060fd.jpg


◇これが一番うまかった!◇

ケンゾー 「BBCの生ビール」
いちばんお手軽で安いのでビールはよく飲むけれど、なかなか生ビールには出会えない南米。
久しぶりにビアホールで飲んだ生ビールがBogotaBeerCompany、略してBBC。
大手企業がほぼ独占状態のビール業界に風穴を開けようと奮闘しているこのブランド。
原材料にこだわったビールは味わい深い本格派。
新鮮な生ビールはやっぱり旨い。
ハッピーアワーもあるのでリーズナブルに飲むことができるのも嬉しい。

a_DSC_9126_201512031122097a2.jpg

a_DSC_9133_20151203112212a0d.jpg

イクエ 「タコのTERIYAKI」
世界遺産の街、カルタヘナで結婚記念日を迎えたイクエとケンゾー。
ちょっと奮発して、ワインボトルがずらりと飾られているシーフードレストランでディナー。
メニューには、刺身やタタキなどの日本料理も。
頼んだタコのTERIYAKIが絶品でした!
こんなに柔らかいタコは初めて。
といってもふにゃふにゃって感じじゃない。
ちょうどいい柔らかさ、そして甘み。
人生で食べたタコ料理のなかでいちばんおいしかったし、この旅でいちばんおいしい料理だったかも。
できることならもう一回食べたい!!

a_DSC_0776_201512030938235e2.jpg

a_DSC_0784_2015120311362185a.jpg

a_DSC_0791_20151203093825941.jpg


◇おすすめ!!一番良かった場所◇

ケンゾー 「サン・アンドレス島」
やっぱり「七色の海」は衝撃的な美しさだった。
透明度の高さがとんでもなくて、もはやプール並み。
絵の具を溶かしたようなエメラルドグリーンの海は100点満点。

a_DSC_0673_2015120311211353a.jpg

a_DSC_0682_2015120311211785b.jpg

透明度があまりにも高いので、海底のコンディションの違いが海の色の違いとなり七色を生み出している。
こんなに変化に富んだ海を見たのは生まれて初めて。
「七色の海」というキャッチコピーに偽りなし。

a_DSC_0685_20151203112119b77.jpg

a_DSC_0733_201512031121205a3.jpg

大興奮だったレックシュノーケルも楽しかった。
沈没船をシュノーケルで探検できるなんて、世界でもここだけなんじゃない?
ひっそりと静まり返った薄暗い船内を、かすかな明かりを頼りに泳ぎ進むドキドキ感はたまらない。
これだけのためにもう一度サン・アンドレス島に行きたい!

11_20151201215250e1a.jpg

a_001.jpg

イクエ 「サレント」
もちろんカリブ海の隠れリゾート「サン・アンドレス島」の海は素晴らしかった。
でも、サン・アンドレス島ってコロンビアでありながらコロンビアではない感じなので、コロンビアのおすすめの場所はサレント!
まず、高地で涼しくて過ごしやすく、居心地のいいゲストハウスが多数。

a_DSC_8911_20151203093905be2.jpg

田舎町でこじんまりしていてぶらぶらしやすい。
そして街がカラフルでかわいい。
おしゃれで安いカフェもある。

a_DSC_8901_20151203093901a83.jpg

コーヒーの産地でコーヒーツアーに参加して本場のコーヒーを楽しめる。

a_DSC_8561_201512030938350cb.jpg

世界一高いヤシの木がニョキニョキ生えているココラ渓谷でハイキングができる。
森林浴できるし、ハチドリにも会えるよ。

a_DSC_8832_20151203093856a8f.jpg

a_DSC_8796_20151203093834756.jpg

絶対長居したくなる、サレント。
ぜひ足を伸ばしてみてください♡


◇ふらり ゆるり コロンビアの感想は?◇

ケンゾー
思ってた以上に見どころが多かったなあ。
首都はあまり好きになれないことが多いんだけど、ボゴタはとても居心地がよかった。
あまり渋滞も激しくないし騒々しくないのがいい。
新旧がうまく融合して暮らしやすそうな街。

a_DSC_9008_20151203112155a09.jpg

a_DSC_9160_20151203112213979.jpg

少数民族、コーヒー、ハチドリ、カリブ海の島とバリエーション豊かで見どころ満載。
コロンビア=麻薬、マフィア、危険っていうイメージがどうしても付きまとうけど、政府は観光にかなり力を入れていて実際に治安もかなり改善しているみたい。
今後観光地として人気がでてくるんじゃないかな。

a_DSC_8558_20151203112155897.jpg

a_DSC_9213_20151203114149217.jpg

イクエ
コロンビアのイメージってほとんどなくて、しっかり観光している人も少ないので、見どころはあまりないと思っていました。
それに物価も高いので、早足で駆け抜ける予定でした。
けれど行ってみると、人は優しいし、けっこう先進国で旅行しやすいし、すごくリラックスして過ごすことができる国だと気づき、行く予定のなかった街や島にも立ち寄ることに。
コロンビア人は美的センスに長けていて、アートな香りが漂っていて、町歩きが楽しかったです。
首都のボゴタは、明るくて開放的な雰囲気もあれば、しっとりした落ち着きのある面もあわせもっていて、こんなところになら住んでもいいかなあって思ったほどでした。

a_DSC_9041.jpg

先進国とも言えるコロンビア。
でもシルビアの村のように、少数民族も独自の文化を守りながら暮らしていました。

南米の中では観光地として人気のない国だけど、掘り起こせば隠れた魅力がいっぱいの国だと思います。

a_DSC_8462_20151203093834038.jpg
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから!