Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別記事
リンク
見てくれてありがとう!
ふたりのお勧め旅グッズ











 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


この旅はじめての◯◯◯ うまくいくか?

2013.06.14 05:35|オマーン☞EDIT
ふとジ〜グザグザグ ジグザグジグザグ とスニーカーブルースを口ずさんだら、イクエに大爆笑されたケンゾーです。
「なんそれー?キャンプファイヤーの曲?」だって。
そっちのほうが分からんわ!

ジャブリン城のエアコンの効いたトイレをあとにしたケンゾーとイクエ。
次の目的地はニズワ。
きょうしか観光できる時間がないから、のんびりしてるヒマはない。

問題は、ここから約40km離れたニズワまでどうやって行くか。
観光客もチラホラいるけれど、みなガイド付きで車をチャーターしているかレンタカーで来ている。
タクシーもぜんぜん通りがからない。

しかたない。
とうとうこれをする時がきたか。
バックパッカーといえばやっぱこれでしょう!
伝家の宝刀ヒッチハイク!

旅を始めて8か月。
はじめてのヒッチハイクだ。
ちょっとドキドキしながら路肩に立つ。
自然な笑顔を心がけ、腕をはりきって伸ばし、親指を青空に向かって突き上げる!

・・・・止まんなーい!
ぜんぜん車止まってくれな〜い
クラクション鳴らしたり笑顔で手を振ってくれたりするけど、車はむなしく素通り。
やっぱりそう簡単にはヒッチハイクなんかできないのか。

ジャブリン城から出てきた車が目の前を通り過ぎる。
「あー、またダメかあ」と目で追っていたら・・・Uターンして戻ってくるやん!
これはひょっとして・・・
はじめてのヒッチハイク成功!

乗せてくれたのは、観光で来ていたオランダ人家族。
UAEのアブダビに泊まっていて今日はレンタカーを借りてオマーンまで来たそうだ。
ありがとうございました!

a_DSC_0436_20130612233629.jpg

オマーン第2の都市ニズワ。
昔はここにオマーンの都もあったそうだ。
でもこれで第2の都市?
ぜんぜん高い建物がなくて、周囲を囲む岩山が丸見えなんですけど。

a_DSC_0438_20130612233629.jpg

街の中心にあるニズワフォート(城塞)へ。
入場料0.5リアル(約136円)。

a_DSC_0439_20130612233622.jpg

a_DSC_0441_20130612233611.jpg

中に入ると中世のアラビアンな世界が広がっている。
案内表示なんかはないのでちょっとした探検気分で見て回る。

a_DSC_0444_20130612233618.jpg

a_DSC_0445_20130612233732.jpg

a_DSC_0447_20130612233733.jpg

a_DSC_0464_20130612233828.jpg

そして最上階へ。
周囲をぐるりと壁が取り囲んでいる。
壁に開けられた穴からは大砲が睨みを利かせている。
映画の世界そのままだ。

a_DSC_0450_20130612233738.jpg

a_DSC_0466_20130612234058.jpg

a_DSC_0448_20130612233735.jpg

ここからどんな景色が見えるかな。
穴から顔を出してのぞいてみる。

おおー、すごーい!
岩山に囲まれたニズワの街が一望できる。

a_DSC_0449_20130612233738.jpg

a_DSC_0452_20130612233823.jpg

ゴツゴツとして荒々しくワイルドな岩山。
青々と生い茂るヤシの木。
砂色の四角い家。

ここだけ時間が止まったまんま、そんな感じだ。
きっと1500年前とあんまり変わらない景色なんじゃないかな。
かろうじて家の屋上についているパラボラアンテナだけが「現代」であることを思い起こさせる。

a_DSC_0456_20130612233822.jpg

a_DSC_0462_20130612234108.jpg

このあたりのヤシの木はナツメヤシという種類。
アラビア半島では紀元前4000年にはすでにナツメヤシの栽培が行われていたそう。
果実はデーツ(Date)といって長期保存ができて、砂漠のような乾燥地帯でも育つので昔からとても大事な食物だったそう。

a_DSC_0474_20130612234110.jpg

a_DSC_0473_2_20130613000325.jpg

観光で訪れたツーリストにとっては映画の世界に迷い込んだような、まさに別世界のニズワの街。
だけどあたり前だけど、ここで暮らす人たちにとっては日々の生活の場。
彼らの目には世界中から訪れる観光客はどんなふうに映ってるんだろう?
「な〜んでこんなとこにわざわざ来るんだろう?」って思ってる人もきっといるだろうなあ。

a_DSC_0480_20130612234136.jpg

a_DSC_0488_20130612234257.jpg

a_DSC_0492_20130612234138.jpg

ニズワからマスカットのルイまではバスで戻る。
バスは朝と夕方の1日たった2本。
これを逃すわけにはいかない。
出発する前にバスターミナルの窓口で最後のバスの時間を確認したし、時刻表までもらった。
バスが来る時間は17時50分。
念には念を入れて、バス停に貼ってある時刻表を確認。
やっぱり17:50。

まだ2時間弱時間があるので、レストランで時間をつぶすことに。
イクエは奮発して0.8リアル(約210円)のアボカドジュースを注文。
生ジュースのなかでも、アボガドジュースが一番人気のようだ。
となりのおっちゃんも1人で飲んでいる。

アボカドだけあってとってもクリーミー。
味は・・・甘みゼロ。
アボカドそのまんまの味。

a_DSC_0476_20130612234057.jpg

まだバスが来るまで時間があるけど、念のため早めにバス停へ。
だけど待てども待てどもバスは来ない。
17時50分も過ぎてしまった。
まあ、でもこういう場所だから遅れることもある。

でも、もう夕日が沈みそう。
不安に襲われてくる。
バス停脇の靴の修理屋のおっちゃんに聞いてみた。
そしたら・・・

「今日はもうバス終わったよ」
(英語が通じないから正確には分からないけど、1時間以上前に行ったっぽい。)

がーん!
んなアホな。
もらった時刻表はなんなんだ。
ここから200km近くあるのにどうやって帰ればいいんだよお。
おっちゃんたちが寄ってきて「タクシーで帰るしかないよ」って言う。

タ、タクシー・・・。
バスで2時間半の距離。
いったいいくらかかるんだよー!!

タクシーのドライバーに聞いてまわるけど、やっぱり高い。

そしたら靴修理のおっちゃんがタクシーを止めて交渉してくれた。
6リアル(約1600円)。

悪くない。
むしろ、バス代が1人2リアルくらいだからそれを考えれば安いのかもしれない。
しかもホテルの近くまで送ってくれることを考えれば、わざわざ終点のバスターミナルから乗合いタクシーに乗らなくてもいい。

a_DSC_0498_20130612234139.jpg

タクシーお得だね〜!って思ってたら、まるでバスみたいに途中でいろんな人を乗せては降ろしながら進んでいった。
結局、乗合いタクシーだったんだ。
(オマーンではバス代に比べてタクシー代は高くないので、いろいろまわりたい人はチャーターするのもいいかも。
ただし、なかなか現地人価格にならないので地元の人に頼んで交渉してもらう必要あり。)

さあ、今日はまだまだ終わんないよ。
夕食を食べたあとはホテル近くのマトラスーク観光。
マトラで会う人みんなが「オマーンでNo.1のスークだ!」と自慢していたスークだ。
オマーンで一番のスークはどんなもんかね。

a_DSC_0518_20130612234138.jpg

a_DSC_0522_20130612234256.jpg

う〜ん、ほかのオマーンのスークは行ったことないけんよー分からんけど、普通やな。
とくに特別なとこはないと思うけどなあ。

ただやたらとキラッキラした物が多い。
キラキラ系の小物が好きな人はとても楽しいんじゃないかな。
まったく買う気のないケンゾーとイクエは見向きもせずスルーしたけど。

a_DSC_0534_20130612234303.jpg

a_DSC_0530_20130612234301.jpg

a_DSC_0525_20130612234259.jpg

これにてオマーン編は終了!
かなり弾丸で駆け足になってしまった。

ほとんど予備知識がなかったオマーン。
ドバイのおまけのつもりで訪れたけれど、1日2日では収まりきれないほどの魅力にあふれている。
旅のハードルは少し高いけど、それは言い替えると観光地化されていないということ。
オマーンを旅するなら今がチャンス!
もうちょっとオマーンに日数をさいてもよかったなあ。
あしたはドバイとオマーンの旅を振り返りま〜す!

Comment

No title

”それは言い替えると観光地化されていないということ”ではありません。
日本人は英語が弱く日本語ガイドブックしか読まず観光するからです。
英語のガイドブックには色々記載されており、欧米人は色々な所に行っています。

ニズワからのバスに関しても、1日2便ではなく、PRIVATEのバス会社路線マスカットーサララ間30分おきにあり、国営バスのバス停でなく少しはなれたところに止まり乗る事が可能。

一番いいのはレンタカーを借りて観光する事です。(ジュネーブ条約非加盟ですが日本の免許で借りれます。)ドクターフィッシュが居るオアシス(数箇所)、海亀の産卵地などお奨め。

オマーン在住さま

なるほど!日本人だけがオマーンの魅力にまだ気づいてないんですね。
バスの情報もありがとうございます。30分おきだとかなり便利ですね。

オマーンにはぜひまた行きたいですね。
次回はレンタカーを借ります!